CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Social Port Yokohama スタッフのブログ
横浜市ソーシャルビジネス普及事業2012
横浜ソーシャルビジネスポータルサイト「ソーシャルポートヨコハマ」スタッフのブログです
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
https://blog.canpan.info/socialportyokohama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/socialportyokohama/index2_0.xml
みんなが晴れ男、晴れ女[2013年03月15日(Fri)]
一昨日の夜から降り出した雨は強い風を伴い激しさを増していました。
私が関内の事務所に出社した時刻も本降りだったのです。

ところがどうでしょう!
徐々に小降りになったかと思ったら、やっぱりやんでしまいました。

130314桜.jpg

昨年5月末にスタート、ほぼ1週おきに開催し、昨日ラストの20回目を迎えた「ソーシャルビジネス・フィールドワーク」は、雨ナシで終えることができました。スゴイ!
(厳密に言うと11回目で歩いているとき一瞬パラパラきましたが傘いらず)

ただし、それは私が「晴れ男」だからでもなんでもなく、毎回参加いただいたみなさん自身の“日頃の行い”のおかげなんです。そして「そこへ行ってみたい」「あの人に会ってみたい」「話を聞きたい」「体験してみたい」・・・というみなさんの思いが、雨雲を吹き飛ばしたに違いありません。
本当にありがとうございました!

このフィールドワークで素敵な社会起業家をみなさんに知っていただけたことはもちろん、みなさん自身が起業されたり、起業家を応援されたり、活動に参加されたりするきっかけになったり、また横浜市内のソーシャルビジネスがもっともっと普及して、素敵なまちになっていくことに少しでも貢献できたなら幸いです。

つたない運営や連絡で、みなさまにはご不便もおかけしたかと思います。いただいたご指摘、ご好意、お褒めの言葉の一つ一つが私たちの財産になりました。いくら感謝してもしきれません。ありがとうございました。また、どこかでお会いできる日が来ることを楽しみにしています。
4月移行も同様の企画が実施されますので、ぜひご参加ください。

写真は、昨日解散後に歩いた弘明寺商店街から、地下鉄弘明寺駅方面を見たもの。春はそこまで!
今年度最後の打ち合わせでした![2013年03月12日(Tue)]
花粉症で目が痒くてこすっているうちに、ふだん一重のまぶたが二重、三重、四重になって別人のようだと言われている鈴木です。

経済局さん定例会2.jpg

今朝は横浜市経済局経営・創業支援課のみなさんと今年度最後の定例打ち合わせ。
あっという間の1年間でしたが、本当にいろいろお世話になりました!

ということで、今日は勝手に写真を公開(笑)。
といっても、市職員の方にはいつも「ソーシャルビジネス・フィールドワーク」や「YOKOHAMA SOUP」などに出席してもらっているので、今さら!かもしれませんね。過去のブログを見直してみたら、すでに何度も登場いただいていました。
例えば、こことかここなど。写真の様子から、参加者のみなさんとも普通に交流されていたようですね。もちろんそんなスタンスで私たちともおつきあいいただき本当にありがとうございました。こころより感謝申し上げます。

年度末なのでこんなふうに書いてしまいましたが、実はまだイベントが残っていますよ。あさっての「ソーシャルビジネス・フィールドワーク」第20回です!
上大岡の「めぐみ市場」に三崎恵水産の石橋匡光さんを訪ねます。ぜひご参加ください!もちろん、市の職員も参加予定です。
都筑は愛されている![2013年03月07日(Thu)]
4月中旬の温かさだそうです。いい天気が続きます。花粉で悩んでいる人もいるのではないでしょか? スタッフの田中です。春が一足早くやってきたような昨日、NPO法人I Love つづきのフィールドワークに行ってまいりました。

フィールドワークの会場は『センター南』。タイムリーにも現在販売中の『横浜ウォーカー』の神奈川の人気タウンベスト100で一位に選ばれた街です。人気の理由は駅周辺の商業施設の充実と近郊の自然とのバランスのよさ、そして住みやすさだとか。その住みやすさに貢献してきたのが I Love つづき なのです。

その活動内容は環境、子ども、福祉、テレワーク推進、防災、観光、etc...ととにかく多彩! 今も10くらいのプロジェクトに携わっているそうです。

まず駅で待ち合わせて、すぐ近くにあるモザイク壁画を見学。これはまちの落書きをなくそうという活動の集大成。図案を公募して選んだ10歳の少年の絵を、800人もの人がワークショップでモザイクに仕上げました。

つづき.jpg
2004年の活動です。図案の公募には300人もの応募があったとか。

その後、すぐ近くのレンガ作品群を見に行きます。センター南は駅から1キロ圏内がバリアフリーとなっています。当日はもっと道をスムースにすべく、石畳をアスファルトに変える工事が入っていました。もっと前はレンガ敷きだったのですが、レンガだと引っかかることがあるので取り替えられました。そのレンガを使って自由に市民に創作してもらうというイベントを行って、作品を残しています。

つづき2.jpg
運営した阿部さんのお話。右横に写っているのが作品『亀』。

その後、かけはし都筑に移動して、理事長の岩室晶子さんに I Love つづき に関わるきっかけ、活動内容、運営体制などいろいろと伺いました。音楽家だった岩室さんがどのように活動に没頭していったのか、人を巻き込んでいったのか、プロジェクトを生み出していったのか、面白いエピソード満載で、参加者もスタッフも引き込まれていきました。

つづき4.jpg
I Love つづきが運営する『横濱良品館』のおいしいお菓子とお茶をいただきながらのお話です。

特に事故多発ポイントを探りに警察のレポートをもらいに何度も何度も頼みに行ったその粘り強さ、「面白いと思うことしかやらない」といったこだわりに、周りを引っ張って行く人の資質みたいなものを感じました。参加者からのアンケートでも、岩室さんの魅力的なお人柄について述べたものも多かったです。

つづき3.jpg
地図を説明する岩室さん。地域のフィールドワークをする市民講座が I Love つづき の前身です。

参加者には社会起業家も多く、岩室さんのお話はなんらかのインスピレーションを与えた様子。社会貢献に興味があるという都筑区にある企業の方もいらっしゃっていて、この出会いによって新たなソーシャルビジネスが生まれるかもしれません。希望の春です!

よこはま国際フォーラム2013[2013年02月28日(Thu)]
今日は日差しが暖かいですね。春の気配もしてきました。近々三渓園に梅観覧に出向きたいと考えている田中です。

さて、ソーシャルビジネスにはいろんな分野があり、特に自分の身につまされたり、興味をもつ分野があります。私にとって多文化共存、国際貢献はそういった分野のひとつ。横浜市で外国人人口がいちばん多い中区区民でもあります。そんな個人的興味で、みなとみらい地区にあるJICAで先日開催された『よこはま国際フォーラム』に行ってみました。

これはNGO連合会が国際交流、支援をしている団体を集めて、43団体が52のセミナーを行うという2日間の集中フォーラム。外国人のために医療通訳派遣活動をしているNPO法人MICかながわのセミナーに出てきました。

言葉がよくわからない国で病気になるのは心細いこと。おまけに医療用語は日常生活の語彙とは違うので余計に困ってしまいます。病院に行くのをためらっているうちに病状を悪化させる、2世の子どもを通訳代わりにしたために、自分の予想外に深刻な病状を子どもから伝えさせてしまう…言葉ができないために、外国人が遭遇する医療現場の不幸です。

MICかながわはそんな現状を少しでも助けたいと、国際交流に携わっているひとびと、ソーシャルワーカー、医者などが10年前に団体を立ち上げ、医療通訳の派遣を始めました。セミナーでは「医療通訳とは?」を具体的に紹介する3つの劇が披露され、質疑応答も和気あいあいと進められました。事務局長の森田さんは「とにかく活動を知ってもらいたい」と言います。神奈川県を中心に年間約4000件もの派遣があるのに、一般には医療通訳派遣のシステムはあまり知られていません。

よこはま国際フォーラム mic.jpg
熱演するスタッフのみなさん。

医療通訳は観光通訳などよりも厳密さを要求されます。また外国人患者の心細さを理解することができる人間的な温かさも必要です。現在は英、中、韓、ポルトガル、スペイン、タガログ、ベトナム、カンボジア、ラオス、タイ語の10カ国語、170人の通訳を擁しており、医療通訳講座を開講して通訳養成も行っています。経済的には「ソーシャルビジネスとは言えない状況」とおっしゃっていますが、これからのビジネスモデルやインターン活用の提案もできればいいなと思っています。どなたかアイデアのある方、いらっしゃいませんか?

さて、開催場所となったJICAの3階には港が一望できるレストランがあるのをご存知ですか? ベトナムのフォーやインド風カレーなど、エスニックのメニューも揃っています。世界のお酒も飲めますよ。ここで会期中のスペシャルランチを食べました。「Table for two」というシステムで、800円のうち20円がアフリカの子どものための食費として寄付されます。ランチの中にはなんと6カ国の名物お惣菜が! 盛りだくさんでお腹も心も満たされました。もぐもぐ。

よこはま国際フォーラム 弁当.jpg
名物を食べることはその国を知ること、なんちゃって。

フォーラムで再会予定[2013年02月28日(Thu)]
神奈川コラボレーションフォーラム.tiff

3月16日(土)に、神奈川県県民局NPO協働推進課主催の
神奈川コラボレーションフォーラム2013」が横浜シンポジアで開催されます。

この日、二部の分科会のパネリストの名前を見たら・・・
私たちがお世話になった(なる)方がゾロゾロ!

■ソーシャルビジネス公開トークにお招きした
(株)シェアするココロ 石井正宏さん
https://blog.canpan.info/socialportyokohama/archive/49

グランコーヨー(株)市毛直子さん
(インタビューは大庭公善さん)
http://www.ustream.tv/recorded/24113968

■YOKOHAMA SOUPでご登壇いただいた
(株)えと菜園 小島希世子さん
http://socialport-y.jp/?p=96
http://www.ustream.tv/recorded/26066265

■ソーシャルビジネス・フィールドワークで訪問した(する)
多文化まちづくり工房 早川秀樹さん
https://blog.canpan.info/socialportyokohama/archive/54

NPO法人ワーカーズわくわく 中野しずよさん
https://blog.canpan.info/socialportyokohama/archive/64

(株)三崎恵水産 石橋匡光さん
http://socialport-y.jp/?p=1230

いかに皆さんが神奈川県内でも重要な存在であることがうかがえますね。
当日は、ぜひ会場で再会を!
家デイはとてもイイデェイ[2013年02月25日(Mon)]
花粉症のためマスクが欠かせないのですが、電車の中などでは暑くて汗をかき、こんな寒い時期に必要以上の新陳代謝が行われている鈴木です。

家デイ_お風呂.jpg

先日「ソーシャルビジネス・フィールドワーク」で、旭区の『家デイ』さんを訪問。以前、打ち合わせでおじゃましたときのように、家の前で奥様がお出迎えしてくださいました。このホスピタリティが、ここの大きな特徴なんです。

小規模なデイサービス施設は急増しているそうですが、家族がスタッフとなって接している所はほとんどないとのこと。その違い、メリットも、実際に見て、聞いて初めてわかることばかりでした。ん〜、いつもながら「フィールドワーク」に参加したからこそだよねと実感(自画自賛)。
こうした施設が増えることは、きっと利用者の選択肢もどんどん増えていくことにほかなりません。ぜひ支援に一役買いたいと、心から思うのでした。

家デイ_プレイルーム.jpg

『家デイ』さんのお宅は、元美容室兼自宅という間取り。この部屋は、通りに面した美容室だった場所です。カラオケや遊具なども用意されていますが、いま一番人気はマッサージチェア。お年寄りにも優しい弱めの設定があったり、リクライニング機能も充実しています。気持ちよくて寝てしまう方もいるとか。参加者も体験させていただきました。

家デイ_リビング.jpg

こちらはリビング。普段は、利用者がまるでカフェのように過ごしているそうです。私たちもリラックスして、ここでご夫妻からお話をうかがいました。
小さなお子様連れの参加者がいらしたのですが、ご夫妻のお子さん兄妹が面倒をみてくださり、そちらも大盛り上がりでした(笑)。

こんな素敵なご家族だからこそ実現できた新しいデイサービスのカタチだともしみじみ思うのでした。
滝澤さんのご家族のみなさん、そして参加者のみなさん、ありがとうございました!
『家デイ』のことをもっと知りたい、体験してみたいという方、大歓迎とのことですので、ぜひご連絡ください。
「知り合いの家を訪ねるつもりでお気軽にどうぞ!」
お二人が笑顔でおっしゃっていました。
アイアンウーマンシェフ[2013年02月13日(Wed)]
毎朝ちゃんとヒゲを剃っているのに、写った写真を見るとドロボーのようになっているのが不思議でならない鈴木です。

さて、昨日は金沢区の西芝に行ってきました。昭和30年代後半に開発された分譲地のため高齢化が進み、なんと西芝3丁目と4丁目では65歳以上が40%を占めているとのこと!
そんな住人たちの拠り所を作ろうと3年前にオープンしたのが、メインストリートの空き店舗を活用した『さくら茶屋』です。ここでは日替わりでお母さんたちがランチを出しています。昨日は天ぷらがメインのメニューが並びましたが、我々が選んだのは「穴子天丼」。坂を下った先の小柴漁港であがった穴子を知り合いの漁師さんに分けてもらっているそうです。

穴子天丼.jpg

丼からはみ出している穴子が見事。もちろん、揚げ方も素晴らしくサクサクふわふわを堪能できました。お盆の上にいろいろ載っかって800円!どれも、お母さんたちの力作でおいしかったです。

次から次へとお年寄りがやってきてはランチを楽しみ、一方でお年寄りたちが料理のウデを発揮できる場でもある『さくら茶屋』。すばらしいコミュニティカフェでした!

スモークチーズ.jpg
「さくら茶屋」ブランドのスモークチーズ。これも絶品!なのに安い!

取材中.jpg
取材中の田中。今日も満腹!
がんばるママを応援するすごいママ[2013年02月08日(Fri)]
年を重ねるごとに早起きが苦にならなくなってきて(笑)、勝手に毎日早朝出勤している鈴木です。

アズママ_プレゼン.jpg

ところが、早朝出勤なんてナンてことない、実にすごい方がいるものです。

毎日の睡眠時間が2時〜3時間!

「6時間寝てしまったら、その日は調子が悪かった」
こうおっしゃるのは、株式会社AsMama(アズママ)代表取締役社長の甲田恵子さんです。

昨日はソーシャルビジネス・フィールドワークで、そのAsMamaさん主催の親子教室というイベントを見学させていただきました。場所は、東戸塚駅すぐの西武百貨店にあるオーロラスタジオ。参加した親子は10組で、ワークショップのスペース外では1歳未満から5歳までの子供たちがたくさん遊んでいます(笑)。
そのイベントの前後に甲田さんにお話いただき、参加者からの質問への回答で出てきたのが「2〜3時間の睡眠時間」

それほど頑張って走り続ける原動力は?とうかがうと
「自分たちの力で世の中をもっと豊かにしたい、社会を変えたいという思いと、たくさんのスタッフを担っているという使命感」とキッパリ。

さらに「新しいことを考えるのが好きで、寝ても覚めても考えている」というから驚きです。
「寝ても覚めても」って…
2〜3時間しか寝ていないのに、その寝ている時間も考えているスーパーな甲田さんとたくさんお話しできて、元気と勇気をもらったフィールドワークでした。

アズママ_ママサポ.jpg
小さなお子さんは「ママサポーター」というスタッフが見守っています。

アズママ_甲田さん.jpg
イベントとフィールドワーク、そして子供たちの世話まで動き回る甲田さん。スーパーです。
アンケートにご協力ください![2013年02月05日(Tue)]
昔の横浜を学ぶ講座に出たら、夜だというのにそのままフィールドワークに飛び出したい衝動に駆られている鈴木です。

チラシ3枚.jpg

さて、フィールドワークといえば、私たちのソーシャルビジネス・フィールドワークも回を重ねて16回。170名以上の皆さんにご参加いただいています。
ありがとうございます!

さて、そんな参加者のみなさんに、今日はお願いです。
毎回最後にアンケートをいただいていますが、今回はその後についての質問です。フィールドワークに参加して、いま振り返ってみて改めてよかったなぁと思うことや、これがきっかけで何か変わったことはありませんか?
もし、あったら、ぜひこちらから入力してください。
皆さんの変化や素敵なニュースがあれば、どんどん紹介していこうと思っています。

それから、ご意見ご要望も受付けていますよ。今後のフィールドワークに活かしていきたいと考えていますので、忌憚のないご意見もよろしくお願いします!

えっ?参加したことがないので書けない?

では、こちらをご覧の上、ご参加ください。お待ちしています!
みなさん、頑張りました![2013年01月28日(Mon)]
お寒うございます。インフルエンザが猛威をふるっています。でも〇〇なので風邪はひかない田中です。

さて、秋に始まったチェンジメーカーズキャンプ、3ヶ月の集中プログラムを終えて、先日成果発表会が行われました。このプログラムは横浜の社会起業家を対象に、活動を継続するために事業のビジネス基盤を強固にする目的で開催されています。3つコースがあり、経営者や研究者、行政従事者がメンターとなって徹底的に課題をあぶり出してアドバイスするブラッシュアップミーティングコース、コミュニティ形成に関わる起業者に中小企業診断士がマンツーマンで指導する応援サロンコース、民間と行政のプロボノがチームを組んで起業者を応援していくリサーチコースがあります。

ブラッシュアップミーティングコースは、現実を直視せねばならず、なかなか厳しいと評判のコース。でも冷静に自分の事業を見直すいい機会になったと参加者には好評です。コミュニティカフェで障がい者の就労支援や高齢者と社会とのつながりの創出活動をしているNPO法人五つのパンの代表、岩永敏朗さんは「ミッションの原点に戻った感じ」と言います。メンターの忠告に従って、町のニーズを洗い直しました。2月からは新しく介護事業を始めるそうです。

応援サロンコースには、我々のフィールドワークにもご登場いただいたNPO法人ハッピーマザーミュージックとみんなのキッチンが選ばれています。ふたつとも担当の中小企業診断士の方々からその意欲を讃えられていました。「夢と希望と未来を持ってやっていきたい」と2団体とも力強い決意をあらたにしていました。

最後はリサーチコース。プロボノに応募する行政職員も多く、5倍ほどの倍率だったとか。もちろん持っているノウハウも大切ですが、求められているのは起業者の気持ちに寄り添う応援団。素晴らしいアイデアを持つ4人の起業者たちは励まされて、背中を押されて、仲間のありがたさに感激しながらの熱い3ヶ月だったようです。プロボノ側も「充実していた」「自分のためになった」と高い満足度。発表を聞いている方もリサーチでの結果や検証にうなずくことしきり。加えてみんなのチームワークのよさにほのぼのとしました。

CMC2.jpg
ブ野菜(規格外野菜)チームの発表。

以下、コース別の参加団体一覧です。

●ブラッシュアップミーティングコース
NPO法人五つのパン(前出)
株式会社裏面広告どっとこむ(学校配布のプリント裏面に広告を入れて、学校、企業、家庭への貢献する)
NPO法人☆きらららんど(母子のレッスンを通して、母親の居場所、社会とのつながりを創出)

●応援サロンコース
NPO法人ハッピーマザーミュージック(母子共に楽しめるコンサートを企画し、子育て中の演奏家支援も行う)
みんなのキッチン(食をテーマにしたコミュニティキッチンの運営)

●リサーチコース(カッコ内はリサーチテーマ)
株式会社Kaien(発達障害の大学生向けの支援サービス創出)
株式会社モノ・アーキデザイン(障がい児者とその家族が暮らしやすい家の考察)
株式会社フレスコ(石巻復興支援を通して新しい水産業の流通モデルの発案)
合同会社Jamming(規格外野菜の有効利用)

これから以上の団体がどのように発展していくのか、とても楽しみです! 残念だったのは、インフルエンザで、ブラッシュアップの2団体代表が来られなかったこと…。みなさん、やっぱり気をつけてくださいね。

| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

ポートちゃんさんの画像
ポートちゃん
プロフィール
ブログ
公式サイト