CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ソーシャル・ベンチャー研究会

社会貢献を目指すベンチャー企業を支援する研究会です。
私自身、3歳の息子を持つ父親ですが、将来の子供達のためにも、少しでもかっこいい企業を作る支援をしていきたいと思います。


家族で楽しめるお掃除セミナーを開催しました [2011年06月21日(Tue)]
本日は6月19日にカーサグラン上野毛で開催した【開運お掃除セミナー】について報告させて下さい。

カーサグラン上野毛は潟Oローバルエージェンツ様(http://social-apartment.com/)が運営管理されるソーシャルアパートメントです。ご協力頂いたグローバルエージェンツの皆様には非常にお世話になりました。また、ご参加頂いた方、本当にありがとうございました。

このセミナーの目的は【掃除を通じて、自分を成長させる】です。
「掃除と自分の成長がつながるの?」と言われてしまいそうですが、掃除をすればゆとりが生まれ、ゆとりがあれば、新しい知識の吸収や気づきもあると私は思っています。

皆さんはどう感じますか?





セミナーは家族も参加できる内容で実施しました。
家族で一緒に幸せについて考える時間は私は重要だと思っています。



家族との会話が少なく、親殺し、子殺しのような事件が起きていますが、そんな悲しいことが起きないよう、家族一緒に幸せについて考える時間があってもいいのではないでしょうか。

講師にはまごころお掃除師の狩野純一さん(http://raw-bliss.net/profile/index.html)
をお招きしました。セミナーを通じて私が感じ、決めたことは以下の2つです。

・家は癒しの場であるべきなのに、多くの家で癒しの場になっていない。
・掃除の中で「掃く、拭く、磨く」の3つの内、自分は【磨く】を実践していない。だから、今後は家の中を妻、息子にとって、快適な空間にする一歩としてまずは今までほとんどしてこなかった靴磨きを週1回する。

いかがでしょうか。

妻も掃除の工夫できる点を知ることができたのと、「掃除をしていない夫への不満(?)」が解消されたようです(笑)。今後も仕事をより良くしたり、家族の関係を良くしていくような社会に少しでも喜ばれるセミナーを開催していきたいと思います。

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。
夢の発表会を行いました [2011年01月18日(Tue)]
1月12日は日本理化学工業様の会社見学の後、画家でラッセンのプロデュ−サーのもとのりゆきさんに【夢を絵で描く】という趣旨でお話をして頂きました(@渋谷スプリングノート)。



もとさんの【夢を絵で描きたい】というプレゼン内容の概要は以下です。

・雑念を捨てると人は天才になる(日本理化学工業大山会長)
・雑念を捨て、夢を描くと成功(成幸)する(以下もとさん)
・強みはいらない、イメージをさらっと話すのが大切(友人も周囲も変わる)
・「人のために」と「自分のために」がイコールであることが大切
・モノ溢れの時代が心を荒ませた
・コンピューターやモノ溢れで作られた固定概念が人を支配していないか(自殺や鬱の問題)
・負けない自分を持たなければならない。夢を持つのは簡単。ビジョンを持とう
・夢を絵で描くには、じっくり話し合うプロセスが大切。よって、絵を供給する側の心も大切になる。悪い絵を共有するリスクも考えなければならない
・収入が少なく、生きていけない画家・クリエイターを教育して、供給者になってもらってもいいかもしれない

私はもとさんの話を受け、「今の30歳前後の大人はモノが溢れた時代に育った為、心がすさんでしまった。強い自分を持たなければならない」という点に一番共感しました。
皆さんはどうお感じになりますか。

尚、この日はもとさんの話を受け、6人の他の参加者からメンターカードを書いてもらいました。もとさんの夢を応援する取組みです。

一例ですが、イベントを開いて、「イベント参加者で希望者がいれば絵を描いてあげる」「中学校・高校教育で取り入れる」等のアイデアが出てきました。

私には【未来の子供達が夢を描くことができる時代にする】という夢があります。もとさんの活動は今後も応援していきたいと思います。

尚、もとさんには絵を書いてもらうことにしました。家内と相談し、阪本家の2018年5月14日の夢を絵にして頂く予定です。

また、完成次第、皆さんにはお知らせしますので、お楽しみにして下さい。
それでは今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

プロフィール

阪本 裕介さんの画像
阪本 裕介
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/social-venture/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/social-venture/index2_0.xml