CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ソーシャル・ベンチャー研究会

社会貢献を目指すベンチャー企業を支援する研究会です。
私自身、3歳の息子を持つ父親ですが、将来の子供達のためにも、少しでもかっこいい企業を作る支援をしていきたいと思います。


鎌倉投信様の受益者総会へ行ってきました [2011年10月02日(Sun)]
昨日、10月1日は鎌倉投信様が主催する受益者総会に知人の大谷更生さん、古川智健さんと行ってきました。

http://www.kamakuraim.jp/

鎌倉投信様は3つのわ(和・輪・話)を経営理念に掲げ、活動している投資信託会社で本当に日本で残したい素晴らしい会社を応援している投資信託会社です。

知人の大谷さんから「日本で一番投資したい会社」の本を勧められて、
興味があって参加しました。



受益者総会に行ってきて感じたことをシェアさせて頂きます。

@投資の基準が利益至上主義でなく、本当に社会のこと考えて、頑張っている企業を応援している。そんな企業と投資家を引き合わせるのが鎌倉投信様の役割

例えば、昨日、鎌倉投信様の投資先のペット保険のアニコムホールディングス様の小森社長から以下のような話がありました。

「誰も保険金を支払われて嬉しい人はいません。だって、家が燃えたり、自動車事故で人が亡くなっているんですよ。保険会社で大切なのは“予防”なんです。自動車事故が多い交差点の情報が分かっているんですから、その情報をキャッチして伝える方が重要だと思います」

「当社は自動車、火災といった分野は参入障壁が大きすぎるので、ペット保険から参入しました。ただ、“予防”を大切にしている点は変わりません」

このお話には私も元保険会社の人間として
“なるほどな。こんな思いでやっている保険会社はない。応援したい”
と心から思いました。

A子供の教育のために企業も役割を担うべき

以前から、企業も社会に育っていく子供たちの教育の一端を担うべきだと感じていました。
今の学校の先生は企業の実務経験もない方が、子供たちに教育をしていることもあると思います。

そんな時、

【社会って、仕事って楽しいよ。だから今、この勉強をしようね】

と心から、自分の言葉で言えるか疑問だったからです。

アニコムホールディングス
http://www.anicom.co.jp/

の小森社長から

「会社に来て、コンセントを抜く役でもいい。親と子供が一緒に来て、子供に役割を与えることが大切なのではないか。まだできていないことだが、将来、より女性にも活躍してもらう会社を目指して、子供たちも来れる会社にしていきたい」

という言葉がありましたが、実現すれば、子供に

【仕事って、大人って、社会ってこんな世界だよ。大人って楽しいよ。○○って面白いでしょ。だから、勉強しようね】

に伝えられると思います。昨日、受益者総会に行って、自分の想いを再確認できて本当に良かったです。

昨日の鎌倉投信様の受益者総会は子供たちも親と一緒に参加しているのも、印象的でした。来年は私も家族と一緒に参加したいと思います。








コメント
プロフィール

阪本 裕介さんの画像
阪本 裕介
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/social-venture/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/social-venture/index2_0.xml