CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ソーシャル・ベンチャー研究会

社会貢献を目指すベンチャー企業を支援する研究会です。
私自身、3歳の息子を持つ父親ですが、将来の子供達のためにも、少しでもかっこいい企業を作る支援をしていきたいと思います。


アイエスエフネットハーモニー様の会社見学会に参加してきました [2011年04月19日(Tue)]
4月8日は障害者雇用で有名な潟Aイエスエフネットハーモニー様の会社見学に行ってきました。同社は障害者雇用のパイオニアです。
http://www.isfnet-harmony.co.jp/

会社見学を通じて、一番感じたこと
【健常者も障害者も全員が、働く意味を真剣に考え、日々仕事に取り組んでいる】

です。





同社の渡邉社長からは、福祉的な思考で【障害者の方を保護する】と、40年で約1億8000万円/1人の社会保障費がかかるが、【障害者の方を納税者として雇用しよう】と考えれば、時給800円で40年間雇用で、約1200万円の納税者にすることができる話がありました。

皆さんはどうお考えになりますか?

「障害者の方を受け入れるのは大変ではないか?」
「健常者とうまくやっていけるのか?」

そんな声が聞こえてきそうですね。

同社では、障害者も働くことを通じて、社会に貢献したい思いは変わらない。障害者にも【同じ作業をすれば、健常者よりはるかに優れた集中力を発揮する】等の強みがあり、システムを整えれば健常者の集団よりはるかに高い付加価値や利益を作り出すことができるという
思いで事業を展開していました。

また、障害者といっても特段の優遇はせず、社会人として守らなければならないことは厳しく指導する。障害者にも日々、自分の仕事の意味がどう役に立っているのかを考えさせるミーティングを実施していることなど、非常に参考になりました。

現在、障害者(身体障害者、精神障害者、知的障害者)は全国で約700万人、その内、働ける人は300万人、働いている人は35万人です。

私も教育者として、障害者のことをあまり知らないことを恥ずかしく思いましたが、会社見学を通じて、大切な仕事をする意味を考えることができました。

障害者の雇用は大変かもしれませんが、我々が働く上でも大切なことを思い出させてくれます。まずは障害者雇用の実態を知ることから始めるのが重要なのではないでしょうか。

同社の会社見学は毎月1、2回程度開催しています。
ご関心がある方は参加されることをお勧めいたします。

それでは本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。












コメント
プロフィール

阪本 裕介さんの画像
阪本 裕介
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/social-venture/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/social-venture/index2_0.xml