CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ソーシャル・ベンチャー研究会

社会貢献を目指すベンチャー企業を支援する研究会です。
私自身、3歳の息子を持つ父親ですが、将来の子供達のためにも、少しでもかっこいい企業を作る支援をしていきたいと思います。


夢の発表会を行いました [2011年01月18日(Tue)]
1月12日は日本理化学工業様の会社見学の後、画家でラッセンのプロデュ−サーのもとのりゆきさんに【夢を絵で描く】という趣旨でお話をして頂きました(@渋谷スプリングノート)。



もとさんの【夢を絵で描きたい】というプレゼン内容の概要は以下です。

・雑念を捨てると人は天才になる(日本理化学工業大山会長)
・雑念を捨て、夢を描くと成功(成幸)する(以下もとさん)
・強みはいらない、イメージをさらっと話すのが大切(友人も周囲も変わる)
・「人のために」と「自分のために」がイコールであることが大切
・モノ溢れの時代が心を荒ませた
・コンピューターやモノ溢れで作られた固定概念が人を支配していないか(自殺や鬱の問題)
・負けない自分を持たなければならない。夢を持つのは簡単。ビジョンを持とう
・夢を絵で描くには、じっくり話し合うプロセスが大切。よって、絵を供給する側の心も大切になる。悪い絵を共有するリスクも考えなければならない
・収入が少なく、生きていけない画家・クリエイターを教育して、供給者になってもらってもいいかもしれない

私はもとさんの話を受け、「今の30歳前後の大人はモノが溢れた時代に育った為、心がすさんでしまった。強い自分を持たなければならない」という点に一番共感しました。
皆さんはどうお感じになりますか。

尚、この日はもとさんの話を受け、6人の他の参加者からメンターカードを書いてもらいました。もとさんの夢を応援する取組みです。

一例ですが、イベントを開いて、「イベント参加者で希望者がいれば絵を描いてあげる」「中学校・高校教育で取り入れる」等のアイデアが出てきました。

私には【未来の子供達が夢を描くことができる時代にする】という夢があります。もとさんの活動は今後も応援していきたいと思います。

尚、もとさんには絵を書いてもらうことにしました。家内と相談し、阪本家の2018年5月14日の夢を絵にして頂く予定です。

また、完成次第、皆さんにはお知らせしますので、お楽しみにして下さい。
それでは今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

【イベント開催しましたの最新記事】
コメント
プロフィール

阪本 裕介さんの画像
阪本 裕介
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/social-venture/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/social-venture/index2_0.xml