CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ソーシャル・ベンチャー研究会

社会貢献を目指すベンチャー企業を支援する研究会です。
私自身、3歳の息子を持つ父親ですが、将来の子供達のためにも、少しでもかっこいい企業を作る支援をしていきたいと思います。


社会貢献を目指すベンチャー企業の創業支援を考える研究会です。
私自身、3歳の息子を持つ父親ですが、将来の子供達のためにも、少しでもかっこいい企業を作る支援をしていきたいと思います。
タニサケ塾に参加してきました [2012年10月09日(Tue)]
9月に大垣にあるタニサケ塾に参加してきました。
株式会社タニサケ、ご存知ですか?

http://www.tanisake.co.jp/
ゴキブリキャップで有名で、売上は8億円規模ながら、経常利益が2億円、自己資本比率が95%を超える(ほぼ無借金)の超優良企業です。

鎌倉投信の鎌田社長のご推薦で訪問してきました。既に300回近い開催で、会長の松岡様が中小企業様の経営者向けに宿泊費の実費のみで開催されています。

私が今回、学んだのは、社員一人一人の存在感(考え、個性など)を会社全体で認めよう、作りだそうという仕組みがあること、そして社員一人一人の存在性を認めるために、会長自身が心を清め、観察力を高め続けていることです。

例えば、タニサケには提案制度がありますが、世の中の9割以上の会社で取り入れられている提案制度はうまく、機能していません。最初の月だけは件数があったけど、その後、全く提案が出てこなかったりする・・・。よくある話です。

ただ、タニサケでは30人程度の従業員から、月合計で200件以上の提案があるそうです。
なぜ、この違いが出てしまうのでしょうか?

私は、経営者や現場のマネージャーの方の観察力と心の状態に問題があると感じています。
例えば、「A」という考えが社員から出ても、

「Aなんて、うまくいかない」

と最初から、否定から入ってしまう方も多いでしょう。
これでは、社員から今後、提案が出てきにくくなってしまいます。
観察力があり、心の状態が良ければ、例え、考え方が不十分であったとしても

「Aという考えのここはいいね。ただ、この部分についてはどう思う?」

といった形で返せるのではないでしょうか。

経営者、マネージャーの観察力が高くなければ、社員の考えを認めることはできませんし、
心の状態が落ち着かなければ、社員の成長を想い、言葉を選ぶこともできないのではないでしょうか。

タニサケは、中小企業のマネジメントのあるべき姿かと思います。
これから多くの所で伝えていきたいと思います。
心地よい空間づくりセミナーを開催しました [2012年03月05日(Mon)]
3月5日は株式会社LS(ライフシールド) http://ls1112.com/
の代表取締役の向後良知(こうごよしとも)さんにお越し頂き、個人宅で考えるべき

“幸せや健康”

についてお話をして頂きました。偶然にも

夢を創造する1級建築士の本吉博さん
http://www.facebook.com/profile.php?id=1728801075#!/profile.php?id=100003006253485

出会いと空間づくりの石岡茜さん
http://www.facebook.com/profile.php?id=1728801075

にもお越し頂き、空間づくりのプロフェッショナルが、色々な視点からあるべき幸せに姿について、意見交換を交わす非常に意義の高い時間になりました。皆さんにもシェアさせて下さい。
特に向後さんの

「今の家は家族の幸せに合わせて作られていないんです。本来、それはおかしいですよね。一生の3分の1の時間を過ごす時間をより充実したものにすべきなんです。家族の幸せに合わせて家を創るんです」

「最近の人間社会では人工物が多く、マイナスの電子がプラスになり、血液が汚れてしまう」

このという話はとても納得がいきました。皆さんはどう思いますか?私の家内とも健康について、話をする機会が多いのですが、特に照明やテレビの光で疲れてしまうことあります。

空間づくりに必要な大切なことを向後さんに教えて頂いたと思います。
今後、本質の幸せについて考えていく際の参考になりました。

向後さん、本当にありがとうございました。

グローバル育児セミナーを開催しました [2011年12月07日(Wed)]
11月10日にグローバル育児セミナーを開催しました。
講師はSAYURISENSE代表のSAYURIさんです。
http://ameblo.jp/sayurisense/





@コミュニケーション
A英語
B人間力
C五感

皆さんは、英語が話せますか?私は英語嫌いで話すことはできません(苦笑)。
でも、旅行好きで海外の人と心を通わせられたらいいな・・・。
そんな思いになったことは沢山あります。

それに将来の子どもたちが夢を持って生きていくために、私はどんな状況でも輪に入り、
輪を作っていけるような子どもを育てる教育プログラムがあればいいなと思っていました。
日本の今の教育だと難しそうです。。。

SAYURIさんとの出会いはそういう意味で衝撃でした。
SAYURIさんはもともと、福岡でDJとして活躍する一方、3歳と6歳の子供を育てた経験を持っていらっしゃいますが、福岡でも英語本の読み聞かせを通じて、

英語力だけでなく、子どもの五感や人間力、コミュニケーション力をバランスよく育てる活動をされていた方です。

「9歳までにどんな国籍の人とでも対話できるようになる」
「9歳までに生きることが楽しい。自分は生きていけるという自信を持つ」

9歳までの教育プログラムを体系化していることも素晴らしいですが、
SAYURIさんの言葉には一つ一つ共感させてもらいました。



次回のグローバル育児セミナー(英語の読み聞かせ含む)は1月と2月にも開催します。
次回は家内とも一緒に参加してみようと思います。



鎌倉投信様の受益者総会へ行ってきました [2011年10月02日(Sun)]
昨日、10月1日は鎌倉投信様が主催する受益者総会に知人の大谷更生さん、古川智健さんと行ってきました。

http://www.kamakuraim.jp/

鎌倉投信様は3つのわ(和・輪・話)を経営理念に掲げ、活動している投資信託会社で本当に日本で残したい素晴らしい会社を応援している投資信託会社です。

知人の大谷さんから「日本で一番投資したい会社」の本を勧められて、
興味があって参加しました。



受益者総会に行ってきて感じたことをシェアさせて頂きます。

@投資の基準が利益至上主義でなく、本当に社会のこと考えて、頑張っている企業を応援している。そんな企業と投資家を引き合わせるのが鎌倉投信様の役割

例えば、昨日、鎌倉投信様の投資先のペット保険のアニコムホールディングス様の小森社長から以下のような話がありました。

「誰も保険金を支払われて嬉しい人はいません。だって、家が燃えたり、自動車事故で人が亡くなっているんですよ。保険会社で大切なのは“予防”なんです。自動車事故が多い交差点の情報が分かっているんですから、その情報をキャッチして伝える方が重要だと思います」

「当社は自動車、火災といった分野は参入障壁が大きすぎるので、ペット保険から参入しました。ただ、“予防”を大切にしている点は変わりません」

このお話には私も元保険会社の人間として
“なるほどな。こんな思いでやっている保険会社はない。応援したい”
と心から思いました。

A子供の教育のために企業も役割を担うべき

以前から、企業も社会に育っていく子供たちの教育の一端を担うべきだと感じていました。
今の学校の先生は企業の実務経験もない方が、子供たちに教育をしていることもあると思います。

そんな時、

【社会って、仕事って楽しいよ。だから今、この勉強をしようね】

と心から、自分の言葉で言えるか疑問だったからです。

アニコムホールディングス
http://www.anicom.co.jp/

の小森社長から

「会社に来て、コンセントを抜く役でもいい。親と子供が一緒に来て、子供に役割を与えることが大切なのではないか。まだできていないことだが、将来、より女性にも活躍してもらう会社を目指して、子供たちも来れる会社にしていきたい」

という言葉がありましたが、実現すれば、子供に

【仕事って、大人って、社会ってこんな世界だよ。大人って楽しいよ。○○って面白いでしょ。だから、勉強しようね】

に伝えられると思います。昨日、受益者総会に行って、自分の想いを再確認できて本当に良かったです。

昨日の鎌倉投信様の受益者総会は子供たちも親と一緒に参加しているのも、印象的でした。来年は私も家族と一緒に参加したいと思います。








【夢を絵で描くセミナー】を開催しました [2011年08月03日(Wed)]
7月14日は画家のもとのりゆきさんをお招きして

【夢を絵で描くセミナー】

を開催しました。





もとさんの話で一番参考になったこと

「イメージは言葉の200倍の力がある」
「イメージの力をうまく活用して、前に進むことができる」
「イメージの力を活用するのはスキルである」

ということです。

皆さんは「イメージを活用するスキルがある」ってイメージつきますか?
私は以下のように思いました。

高速道路で車を走らせていて、霧が立ち込めていて前が全く見えなければアクセルが踏めず、なかなか前に進めない。ただ、特殊なゴーグルがあって、霧の中でも、ビジョン(風景=イメージ)がしっかり見えていたら・・・前に思いっきりアクセルを踏んで進むことができる!

どうでしょうか?

もとさんは、このイメージの力を利用して、心が病んでしまった方向けのイメージ画を描くこともしていらっしゃいます。社会絵画家?・・・本当に素敵な素晴らしい仕事だと思いました。

もとさんの絵を描く力、イメージ力を身につける力をうまく、利用してくれる人が増えれば「うつ」「暴力」といった社会的な問題も解決に進むと思います。今後も、もとさんのセミナーを発展させるための応援をしていきたいと思います。

今回も最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。










【起業家のための会社設立はじめの一歩】を開催しました [2011年08月03日(Wed)]
7月7日は画家の行政書士の保坂一成さん(http://www.hosakazu.com/)をお招きして、

【起業家のための会社設立はじめの一歩】

を開催しました。



起業する時、個人事業主のままか、株式会社を作ったり、NPO法人を設立したり・・・
色々な選択肢があると思いますが皆さんはどう考えていますか?

私も、知識が少なかったのもありますが、ベンチャー志向のある起業家の役に立ちたい思いもあって、セミナーを開催しました。

一番の発見は会社の定款を作るときは、事業年度の組み方、事業内容の記載の仕方、役員の任期等、ポイントがかなりあるということでした。

保坂さんより

「事業年度を4月から3月にしてしまうと、5月に決算処理を行わなければならず、税理士の方の繁忙期とぶつかってしまうので、避けられるのであれば、避けましょう」

「電子申請なら印紙代が0円ですよ。行政書士に頼むメリットです」

等のお話を頂きましたが、

「なるほど、知らないことが結構あるな〜」
と受講者と一緒に盛り上がりました。知らないことは結構沢山あるんですね。

保坂さんの分かりやすい説明と温和な人柄で楽しい時間を過ごすことができました。
来年度も保坂さんのセミナーは引き続き、開催していきたいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
家族で楽しめるお掃除セミナーを開催しました [2011年06月21日(Tue)]
本日は6月19日にカーサグラン上野毛で開催した【開運お掃除セミナー】について報告させて下さい。

カーサグラン上野毛は潟Oローバルエージェンツ様(http://social-apartment.com/)が運営管理されるソーシャルアパートメントです。ご協力頂いたグローバルエージェンツの皆様には非常にお世話になりました。また、ご参加頂いた方、本当にありがとうございました。

このセミナーの目的は【掃除を通じて、自分を成長させる】です。
「掃除と自分の成長がつながるの?」と言われてしまいそうですが、掃除をすればゆとりが生まれ、ゆとりがあれば、新しい知識の吸収や気づきもあると私は思っています。

皆さんはどう感じますか?





セミナーは家族も参加できる内容で実施しました。
家族で一緒に幸せについて考える時間は私は重要だと思っています。



家族との会話が少なく、親殺し、子殺しのような事件が起きていますが、そんな悲しいことが起きないよう、家族一緒に幸せについて考える時間があってもいいのではないでしょうか。

講師にはまごころお掃除師の狩野純一さん(http://raw-bliss.net/profile/index.html)
をお招きしました。セミナーを通じて私が感じ、決めたことは以下の2つです。

・家は癒しの場であるべきなのに、多くの家で癒しの場になっていない。
・掃除の中で「掃く、拭く、磨く」の3つの内、自分は【磨く】を実践していない。だから、今後は家の中を妻、息子にとって、快適な空間にする一歩としてまずは今までほとんどしてこなかった靴磨きを週1回する。

いかがでしょうか。

妻も掃除の工夫できる点を知ることができたのと、「掃除をしていない夫への不満(?)」が解消されたようです(笑)。今後も仕事をより良くしたり、家族の関係を良くしていくような社会に少しでも喜ばれるセミナーを開催していきたいと思います。

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。
家族で楽しめるおそうじセミナーを開催します [2011年06月10日(Fri)]
皆さんは仕事をスムーズに進めたり、家族と心地よい時間を過ごすために、そうじが重要だということを知っていますか?

本日は、私が社会環境に負荷のかからない過ごし方を提案されているRawBlissのまごころ掃除師、狩野純一さん(http://raw-bliss.net/)のセミナーを紹介させて下さい。

私はまごころお掃除の狩野純一さんに出会って、掃除の重要性を知ることができました。

・きれいにするために掃除をしたのに、汚水をそのまま流して、逆に環境を汚していること
・掃除をすると心にゆとりが出てきて、自分で主体的に動くきっかけにもなること
・心のゆとりが出てくれば仕事でも集中力も出てくること
・家族との関係も良くなること

などです。

掃除は仕事の生産性を上げたり、家族との関係を良くしたりする重要なツールだと私は思います。最近は私も掃除を自ら行うことで、家族とのコミュニケーションが良くなりました。

皆さんはどう思いますか?

今回は、家族と一緒に楽しめるセミナーを開催します。
私も家族(家内と息子)と一緒に参加しますので、もし宜しければ参加してみて下さい。

6月19日(日)13時30分〜(13時受付開始)
カーサグラン上野毛 ラウンジ(※大井町線上野毛駅から徒歩5分)
http://eventforce.jp/event/17955

アイエスエフネットハーモニー様の会社見学会に参加してきました [2011年04月19日(Tue)]
4月8日は障害者雇用で有名な潟Aイエスエフネットハーモニー様の会社見学に行ってきました。同社は障害者雇用のパイオニアです。
http://www.isfnet-harmony.co.jp/

会社見学を通じて、一番感じたこと
【健常者も障害者も全員が、働く意味を真剣に考え、日々仕事に取り組んでいる】

です。





同社の渡邉社長からは、福祉的な思考で【障害者の方を保護する】と、40年で約1億8000万円/1人の社会保障費がかかるが、【障害者の方を納税者として雇用しよう】と考えれば、時給800円で40年間雇用で、約1200万円の納税者にすることができる話がありました。

皆さんはどうお考えになりますか?

「障害者の方を受け入れるのは大変ではないか?」
「健常者とうまくやっていけるのか?」

そんな声が聞こえてきそうですね。

同社では、障害者も働くことを通じて、社会に貢献したい思いは変わらない。障害者にも【同じ作業をすれば、健常者よりはるかに優れた集中力を発揮する】等の強みがあり、システムを整えれば健常者の集団よりはるかに高い付加価値や利益を作り出すことができるという
思いで事業を展開していました。

また、障害者といっても特段の優遇はせず、社会人として守らなければならないことは厳しく指導する。障害者にも日々、自分の仕事の意味がどう役に立っているのかを考えさせるミーティングを実施していることなど、非常に参考になりました。

現在、障害者(身体障害者、精神障害者、知的障害者)は全国で約700万人、その内、働ける人は300万人、働いている人は35万人です。

私も教育者として、障害者のことをあまり知らないことを恥ずかしく思いましたが、会社見学を通じて、大切な仕事をする意味を考えることができました。

障害者の雇用は大変かもしれませんが、我々が働く上でも大切なことを思い出させてくれます。まずは障害者雇用の実態を知ることから始めるのが重要なのではないでしょうか。

同社の会社見学は毎月1、2回程度開催しています。
ご関心がある方は参加されることをお勧めいたします。

それでは本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。












睦化工蒲lの会社見学に行ってきました [2011年03月09日(Wed)]
3月7日は睦化工株式会社の会社見学に行ってきました。
睦化工様は平成20年度の優工場に選ばれたプラスチック加工をする会社です。
(http://www.pio-ota.jp/award/yukojo/20/post_57.html)

医療品・食品・化粧品容器のキャップ製造をメイン業務とされています。ただ、マヨネーズのようなキャップだけでなく、ワインの転がり防止のボトルクリップ、高年齢者のためのおしゃれなスティック等も作っており、今の世の中に求められるものづくりをされていると感じました。



会社見学で2つの気づきを得ましたので皆さんにもシェアさせて下さい。

1.経営理念がベースとなり、経営者も社員も報連相・あいさつをしていること
2.経営者が【できること(QCD)】【やりたいこと(経営理念)】【求められること(マーケティング)】をバランスよく整理し、自社ブランド策定に向け、行動していること

です。

まず、1ですが、見学に行って驚いたのが、社員の方全員に素晴らしく気持ちのこもったあいさつをして頂きました。通常の会社ではあまり見られない光景です。

品質管理のためのシステム投資もしっかりされていましたが、それ以上にこんなあいさつをして頂ける会社なら報告連絡相談もしっかりしているだろうから、安心だなと私は感じました。

また、社長の古川亮一様自身から経営者としての思いを熱く、語って頂きました。

睦化工蒲lの経営理念には

我社は「真理(本質)を探究し、ものづくりを通じて社会に貢献致します。」
1.素材に付加価値をつけて人々の夢を叶え感動と幸福を与えます
2.日頃から改善意識を高め、PM活動や教育を通じて、不良0を目標と致します。つくる人は誇りを持って、人々に感動を享受し、社会に貢献致します
3.わが社は、理念に基づき社会的責務を果たしてまいります。

とあります。あいさつについては経営理念の2があるから、会社見学に来た我々に対しても、感動を呼ぶようなレベルで実践できるのではないでしょうか。皆さんはどう思われますか?



次に2ですが、古川社長の素晴らしい所は、ものづくり企業にありがちな品質(QCD)だけで、顧客の市場と向き合っていない所です。

具体的には経営理念を自らの思いで策定し、理念に基づいたことを当たり前にこなしていること、そしてデザイナーや色々な人との出会いをマーケティングの場と捉えて、学びの場としている姿に共感しました。

現在、品質については高いのが当たり前な時代になりました。

これからは経営理念(わが社はどうあるべきか、どうしたいか)を考え、市場が何を求めているか(マーケティング志向)がなければ、ものづくり企業は自社ブランドは作れないと私は考えています。

【やりたいことの整理(経営理念の策定)】
【求められることの探究(マーケティング)】

この仕事は経営者の仕事です。古川社長の話でデザイナーとのお付き合いを大切にされている話がありましたが、マーケティング志向を強く感じました。


睦化工様を訪問して得られたこと

・・・ものづくり企業のブランドとは
  1.経営理念の実践
  2.品質(QCD)と自社のできることの整理
  3.マーケティングのための行動        
  から生まれる

このような睦化工様のような企業は今後のものづくり企業のベンチマークとなると思います。
今後も応援していきたいですね。

それでは今回も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

| 次へ
プロフィール

阪本 裕介さんの画像
阪本 裕介
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/social-venture/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/social-venture/index2_0.xml