CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ようこそ信州まちづくり研究会へ
私たちは、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンに行きエコヴィレッジとその要素であるコウハウジング、そして循環形社会のモデルを勉強しました。アメリカ、カナダでは,”サステイナブル・コミュニティ”の理念で創られた町と住宅地とデュレ夫妻が北欧から学び帰った”コウハウジング”を視察しました。そして今里山の資源活用研究と、「田舎暮らしコミュニティ」創りの推進を始めました。
« 2017年10月 | Main | 2017年12月 »
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
vol.5スマート・テロワールの中核システムは豚肉の加工品づくり[2017年11月19日(Sun)]

豚肉の自給率は5%しかない。
国内の豚肉加工品(ハム、ソーセージ、ベーコンなど)の多くは、輸入豚肉を原料としている。最近では、加工品用に熱処理したり塩分を加えたりという1次加工をした調製品の輸入量も増えてきている。飼養戸数が1991年からの5年間で半減したのは85年のプラザ合意で対ドル円レートが2倍になったこと、つまり豚肉の輸入原価が半減したことによる。そこで、スマート・テロワールでは、畜肉コストの7割を占める飼料を3分の1にする仮説を提案している。その方法は、飼料をタダで調達…続きをよむかたは☞こちら
長野大学の「地産地消論」で講義[2017年11月18日(Sat)]
 去る11月10日、長野大学4号館101教室で「東信自給圏」について、事務局安江が話させて頂きました。1年生から4年生まで学生さんが66名、一般参加が数名でした。
 皆さん、熱心に聞いてくださいました。

 内容は、何故、日本の食料自給率は先進国中最低になってしまったのか、1960年に、農業を良くするための農業基本法ができた途端に自給率が下がり始めたのは何故か、農業生産の国際比較で全ての作物のランキングが非常に悪いのは何故か、食品は加工すれば、10倍〜20倍の付加価値がつくのに、何故原料としてだけ売っているのか、日本人の主食である肉が84%も輸入でいいのか、小麦や大豆を、国際相場の5倍〜10倍ものコストで生産していて良いのだろうか、この状況を打開するために提案しているのが自給圏(スマート・テロワール)構想である。等々。

 アンケートの分析ができました。嬉しかったのは学生さんたちのアンケート結果です。肯定的前向きな回答が多くありました。ご覧ください。
ガストロノミニー(美食革命)で活性化![2017年11月14日(Tue)]

これは、「ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構」が設立されたという「トラベルWatch」にアップされた記事です。私がガストロノミニーという言葉を「スマート・テロワール」の著者である松尾雅彦さん以外から聞いたのは初めてです。この言葉の認知が広がる契機になればと期待が膨らみます。

会長の東京都市大学 教授 涌井史郎氏からの挨拶から抜粋します。
…そして「『美味しいものを食べて、癒されたい』というのは国民共通の願望であり、それに対する答え、ヒントとして欧米では、フランスのアルザス地方を中心としたムーブメントに美食学『ガストロノミー』という言葉にあるように、食や食文化を通じて健康を維持していこうという考えがあります。一方で『カントリーウォーク』といった歩きながら地域の美味しいものを食べ健康を維持していくというムーブメントもあります。

日本でもその土地ならではのものを食べることが人間の健康にとっていいんだという考えもあり、自然と接して、食文化と接して自分のストレスをマネージメントしていくことが、歴史的にも培われてきています。これを国土と人間の健康のために『温泉』という日本の資源を活用しながら、活性化していくことを目的としております」とガストロノミーについて説明。

「温泉」「食」「ウォーキング」で日本を元気に!詳しくはこちら

この一般社団法人は、ガストロノミニーをテコに温泉地を活性化させようという目的ですが、温泉地を東信地域に拡大すれば東信スマート・テロワールになります。スマート・テロワールという言葉はフランス語で、静岡県知事川勝平太さんが「美しく強靭な農村自給圏」という名訳を付けられました。
スマート・テロワール・参考文献[2017年11月04日(Sat)]
2017年11月4日土曜日
■ 「スマート・テロワール」
(松尾雅彦著 学芸出版社)
■ 「里山資本主義」
(藻谷浩介、NHK広島取材班共著)
■ 「和の国富論」
(藻谷浩介著 新潮社)
■ 「シビック・アグリカルチャー」
(トーマス・ライソン著 農林統計出版)
■ 「大転換」
(カール・ポランニー著 野口建彦・栖原 学訳)
■ 「市場社会と人間の自由」
(カール・ポランニー著 若林みどり他訳)
■ 「発展する地域 衰退する地域・地域が自立するための経済学」
(ジェイン・ジェイコブス著 ちくま学芸文庫)
■ 「日本は世界第5位の農業大国」
(浅川芳裕著 講談社新書)
■ 「文明論の概略」
(福沢諭吉著 齋藤孝現代語訳)
■ 「サステイナブル・コミュニティ」
(川村健一・小門裕幸著 学芸出版社)
■ 「中小企業成長論」
(末松玄六著 1961)
■ 「流通革命」
(林周二著 1964)
■ 「消費社会の神話と構造」
(ジャン・ボドリヤール 野口建彦・栖原学訳)
■ 「草地の生態系に基づく放牧と酪農経営」
(エリック川辺 2011)
■ 「なぜイタリアの村は美しく元気なのか」
(宗田好史著 2012)
■ 「ゴローバリゼーション 人類五万年のドラマ」
(ナヤン・チャンダ著 2009)
■ 「一六世紀文化革命」
(山本義隆著 2007)
参考文献:自給圏(スマート・テロワール)[2017年11月04日(Sat)]

スマート・テロワールに関する参考文献を紹介します。

■ 「スマート・テロワール」
(松尾雅彦著 学芸出版社)

■ 「里山資本主義」
(藻谷浩介、NHK広島取材班共著)

■ 「和の国富論」
(藻谷浩介著 新潮社)

■ 「シビック・アグリカルチャー」
(トーマス・ライソン著 農林統計出版)

■ 「大転換」
(カール・ポランニー著 野口建彦・栖原 学訳)

■ 「市場社会と人間の自由」
(カール・ポランニー著 若林みどり他訳)

■ 「発展する地域 衰退する地域・地域が自立するための経済学」
(ジェイン・ジェイコブス著 ちくま学芸文庫)

■ 「日本は世界第5位の農業大国」
(浅川芳裕著 講談社新書)

■ 「文明論の概略」
(福沢諭吉著 齋藤孝現代語訳)

■ 「サステイナブル・コミュニティ」
(川村健一・小門裕幸著 学芸出版社)

■ 「中小企業成長論」
(末松玄六著 1961)

■ 「流通革命」
(林周二著 1964)

■ 「消費社会の神話と構造」
(ジャン・ボドリヤール 野口建彦・栖原学訳)

■ 「草地の生態系に基づく放牧と酪農経営」
(エリック川辺 2011)

■ 「なぜイタリアの村は美しく元気なのか」
(宗田好史著 2012)

■ 「グローバリゼーション 人類五万年のドラマ」
(ナヤン・チャンダ著 2009)

■ 「一六世紀文化革命」
(山本義隆著 2007)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

信州まちづくり研究会さんの画像
https://blog.canpan.info/smk/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/smk/index2_0.xml