CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ようこそ信州まちづくり研究会へ
私たちは、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンに行きエコヴィレッジとその要素であるコウハウジング、そして循環形社会のモデルを勉強しました。アメリカ、カナダでは,”サステイナブル・コミュニティ”の理念で創られた町と住宅地とデュレ夫妻が北欧から学び帰った”コウハウジング”を視察しました。そして今里山の資源活用研究と、「田舎暮らしコミュニティ」創りの推進を始めました。
« 素敵な農場で働いて見ませんか? | Main | 地域を活性化し、人口減少に歯止めをかけた集落営農法人 »
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
第1回研究会:東信自給圏構想の現状とビジョン[2018年04月18日(Wed)]

平成30年3月26日(月)佐久平プラザ21にて、盛会に行うことができました。

ここに概要を報告しますが、部分的でしかありません。詳細は、会員専用のグーグルドライブをご覧ください。プログラムの@からGと、意見交換まで、9のパートにして丸ごとアップロードしてあります。これらをしっかり観ていただくと、スマート・テロワール(地域食料自給圏)構想を理解して頂くことができると思います。

特に、スマート・テロワール協会理事中田康雄様のA提言:「スマート・テロワールが目指すもの」と、長野県副知事中島恵理様によるF「長野県とスマート・テロワール」にご注目ください。

1.jpg2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/smk/archive/78
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

信州まちづくり研究会さんの画像
https://blog.canpan.info/smk/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/smk/index2_0.xml