CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

埼玉ローカル・マニフェスト推進ネットワーク

埼玉ローカル・マニフェスト推進ネットワークは、住民がローカル・マニフェストを使いこなすことによって、埼玉における住民自治の確立を目指すネットワークです。


プロフィール

slmさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/slm/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/slm/index2_0.xml
【LM検証大会】久喜市にてLM型検証大会を開催しました [2012年09月19日(Wed)]
2012年9月16日(日)に久喜市総合文化会館 小ホール にて、
「ローカル・マニフェスト検証大会
 〜久喜市長と久喜市の未来を本気で考える〜」

が開催されました。(主催:社団法人久喜青年会議所)

当日は大勢の市民の方にご来場いただき、熱気のある検証大会となりました。
多数のご来場、ありがとうございました。

本検証大会では、田中久喜市長の就任後2年が経過したことを機に、
選挙時の公約(マニフェスト)の実現状況について、
市長による取り組み報告と、久喜青年会議所理事長も交えての
まちづくり・検証内容に関するパネルディスカッションを行い、
この2年間のマニフェストに基づく市長の取り組みを検証いたしました。
なお、当ネットワークからは、原口が外部評価者、パネルディスカッションの
コーディネーターとして参加しております。

検証活動は、2年前の市長選挙に際した公開討論会にて田中市長が掲げられた
マニフェスト(5分野15施策[一部重複あり])を対象に行われました。

【対象政策】
1)すぐに行う重要政策
 (1)地域医療ネットワークの実現
 (2)行財政改革の推進
 (3)教育環境の充実
2)4年間で行う重要施策
 (1)企業誘致の推進
 (2)防災・防犯力の強化
 (3)祭りの充実
3)行財政改革の具体策
 (1)職員数の削減
 (2)市民の声の反映
 (3)予算査定の公表
4)経済活性化の具体策
 (1)企業誘致の推進
 (2)幹線道路の整備
 (3)商店街・地域社会の活性化
5)その他の重要課題
 (1)地域医療
 (2)子育て・高齢者対策
 (3)協働・男女共同

【パネルディスカッションのテーマ】
1)マニフェスト評価の振り返り
2)東京理科大学のキャンパス移転について
3)合併後の都市計画(用途地域・幹線道路等)の今後の見直しについて
4)久喜市の魅力創造、シティプロモーションについて
5)人口減少傾向に対する久喜市の取り組み


想定以上の成果を挙げている政策も、これから巻き返しを図るであろう政策もありましたが、
政策の進捗状況が明らかにされることで、市長にとっては振り返りの機会に、
市民にとっては市政のチェック、評価を行う機会が創出されたものと存じます。
特に、市民の立場からは、今回のようなマニフェストの振り返りの機会は
市政に関する一種のデータベースを得る効果もあります。
マニフェストに掲げられた政策は、自治体の関係部署がそれぞれ保持、
公開していますが、特別の知識を持たない立場から、関係する情報を検索、入手することは、
大変な労力を要することです。
今回のような検証の場において、評価者によって評価の根拠が開示される
ことは市民がマニフェストにアクセスする垣根を低くし、市政に参画するための環境整備として、
大きな意義が認められます、

また、本検証大会の特徴としては、市長選挙に際して開催したマニフェスト型公開討論会
でのマニフェストを対象に検証活動を行っていることが挙げられます。
公開討論会は、市民が政策をもとに支持する候補者を選択する機会を提供しますが、
後日、検証活動が加わることで、選挙の際の「言いっぱなし」が抑制され、
候補者、市民ともにより熱心に政策に向き合う機会が創出されるものと考えられます。

本ネットワークでは、ローカル・マニフェスト検証大会を、
マニフェストを言いっぱなしにさせない
定期的な見直しを通してより効果的な政策の実現を図る
ための
貴重な機会と捉え、今後も普及活動に取り組んでいきたいと考えています。

お近くでイベントが開催される際には、ご来場いただけますと幸いです。



<埼玉ローカル・マニフェスト推進ネットワーク・事務局>

春日部市にてLM型検証大会を開催しました [2012年02月06日(Mon)]
2011年10月8日(土)に 春日部市中央公民館 1階講堂 にて、
未来創造会議 〜愛するまち春日部の未来を考えよう〜 」と題して、
ローカル・マニフェスト検証大会 が
開催されました。 (主催:春日部青年会議所)

当日は、50名を超える大勢の市民の方にご来場いただき、熱気のある検証大会となりました。
多数のご来場、ありがとうございました。

本検証大会では、石井春日部市長の就任後2年が経過したことを機に、
選挙時の公約(マニフェスト)の実現状況について、
市長による取り組み報告と外部評価者とのディスカッション、
春日部青年会議所理事長も交えてのまちづくりに関するパネルディスカッションを行い、
検証致しました。
なお、当ネットワークからは、原口が外部評価者、パネルディスカッションの
コーディネーターとして参加しております。

検証活動は、市長選挙時の公開討論会で石井市長が掲げた9つの政策を対象に
行われました。

【対象政策】
1)春日部市立病院の充実
  (詳細)
   ・市立病院が中核となり小児救急医療体制の整備と、周産期医療を充実させる
   ・市立病院再整備について基本計画を作成し、工事に着工します
2)春日部駅連続立体交差
  (詳細)
   ・事業スケジュールを提示
   ・工事着手
3)南桜井駅周辺整備事業
  (詳細)
   ・駅前広場や道路を整備、副都心のにぎわい創出
4)地域子育て支援拠点の整備充実
  (詳細)
   ・中学校区ごとに地域で子育てを支える拠点を設けます
   ・ボランティアの地域協議会を設け、拠点施設の運営を行います
5)「生き生き生涯学習大学」「いきいきまちづくり協議会」創設・設置・運営支援
  (詳細)
   ・高齢者が自ら運営し、教え学ぶ生涯学習大学を創設します
   ・複合的な施設整備を図り、多世代交流を推進します
6)帰るとホッと「私の駅」づくり
  (詳細)
   ・市内8駅、それぞれが特色のある駅と駅前を想像します
7)行財政改革
  (詳細)
   ・行政事務の思い切った民営化
   ・ゼロ予算事業の推進
   ・寄附によるまちづくり条例の制定
8)春日部市経済活性化
  (詳細)
   ・春日部ブランド発信事業
   ・企業の誘致・育成の教科
   ・東部ふれあい拠点施設
9)庄和事同センター・図書館建設、藤塚米島線整備事業、治水対策事業

予定以上の成果を収めた政策もそうでなかった政策もありましたが、
政策の進捗状況が明らかにされることで、市長にとっては振り返りの機会に、
市民にとっては市政のチェック、評価を行う機会が創出されたものと存じます。

また、本検証大会の特徴としては、市長選挙に際して開催したマニフェスト型公開討論会
でのマニフェストを対象に検証活動を行っていることが挙げられます。

公開討論会は、市民が政策をもとに支持する候補者を選択する機会を提供しますが、
後日、検証活動が加わることで、選挙の際の「言いっぱなし」が抑制され、
候補者、市民ともにより熱心に政策に向き合う機会が創出されるものと考えられます。

本ネットワークでは、ローカル・マニフェスト検証大会を、
マニフェストを言いっぱなしにさせない
定期的な見直しを通してより効果的な政策の実現を図るための
貴重な機会と捉え、今後も普及活動に取り組んでいきたいと考えています。

お近くでイベントが開催される際には、ご来場いただけますと幸いです。


<埼玉ローカル・マニフェスト推進ネットワーク・事務局>
春日部市での検証大会にむけ準備中です [2011年09月13日(Tue)]
春日部青年会議所の皆様にお声掛けをいただき、
ローカル・マニフェスト検証大会の準備会議に出席してきました。

春日部青年会議所様は、2年前の春日部市長選挙に際し、
ローカル・マニフェスト型公開討論会を開催されており、
市長任期の折り返し点を前に、検証大会の準備を進められておられます。

マニフェストは、候補者が当選後に何を行うかを選挙の際に「はっきり示す」ことで、
有権者と候補者の間のコミュニケーションを実現するための道具です。
そして、はっきりと示しているからこそ、
本当に取り組んでいるのかどうか検証することができます。

マニフェストが言いっぱなしの口約束とならないためにも、検証活動は重要視されるものです。
また、検証活動は、関係者以外は情報を得ることが難しい市政に関する
情報公開の機会ともなり、市民にとって市政に参画するためのきっかけともなりえます。

春日部青年会議所様による検証大会は10月上旬の開催を予定しています。
詳細が決まりましたら、当blogでも報告させていただきます。

ご近隣にお住まいの皆様には、ご来場いただけますと幸いです。



○当日の模様


春日部青年会議所の皆様と、鋭意準備を進めています!



<埼玉ローカル・マニフェスト推進ネットワーク 事務局>
越谷市にてLM型検証大会を開催いたしました! [2011年01月02日(Sun)]
11月20日(土)に 越谷市中央市民会館 1階劇場 にて、
「高橋市長と越谷市の未来を考える会」と題して、
ローカル・マニフェスト検証大会 が
開催されました。 (主催:越谷青年会議所)

当日は、100名を超える大勢の市民の方にご来場いただき、
熱気のある検証大会となりました。
多数のご来場、ありがとうございました。

本検証大会は、高橋越谷市長の就任1年間を機に、
選挙時の公約(マニフェスト)の実現状況について、
公募の市民委員によるパネルディスカッションを行いました。

具体的には、市長による活動報告(「市政の現状と今後について」)を行っていただき、
その後、選挙時の公約(マニフェスト)の内、
「すぐに取り組む」「1年以内に取り組む」とした全8項目
( 「福祉なんでも窓口の開設」
  「空き店舗などを利用し、お年寄りの居場所をつくる」
  「助け合いの仕組みをつくる」
  「不足する看護師確保のため、市内医療機関への勤務を促進する独自奨学金制度をつくる」
  「市立病院の救急専門医師を確保する」
  「0歳児からの保育所整備、駅前保育室の推進、家庭保育室の充実を図る」
  「小児医療の充実と中学校卒業までの医療費無料化を実現する」
  「地区センター(公民館)を拠点に徹底して市民の声を活かす」)
 を対象に
市民委員の皆様から実現状況のチェック、提言を行っていただきました。
※なお、越谷市では、公約(マニフェスト)の実現にあたり、
  市長の所信表明にマニフェストを反映することで、その実現を図っており、
  厳密には、市長からの報告は所信表明及びその実現状況の報告となっております。

パネルディスカッションの中では、市民ならではの観点からの提言も
行われ、非常に充実した議論となりました。

例えば、 「福祉なんでも窓口の開設」 では、

▽窓口の開設と運用実績の報告(高橋市長)
▽より効果的な運用に向けて、本当に福祉サービスを必要とする人が利用できるようにするための
 広報活動の充実相談内容の例示の提言(市民委員)

等が行われています。

このような提言は他の政策に対しても行われており、
今後具体化のための検討が行われる政策には方針案が、
具体的な制度運用が予定されてる政策には、より使い勝手のよい政策と
するための提言が、市民の立場から行われました。
なお、公募の市民委員よる検証結果、提言及び来場者の皆様による
コメントは、後日取りまとめ、公開等を予定しているとのことです。

マニフェストは、候補者が当選後に何を行うかを選挙の際にはっきりと示すことで、
有権者と候補者の間のコミュニケーションを実現するための道具であり、
当選後には着実な実行と有権者によるチェックが求められます。

本ネットワークでは、ローカル・マニフェスト検証大会を、
「マニフェストを言いっぱなしにさせない」
「定期的な見直しを通してより効果的な政策の実現を図る」ための
貴重な機会と捉え、今後も普及活動に取り組んでいきたいと考えています。

お近くでイベントが開催される際には、ご来場いただけますと幸いです。


<埼玉ローカル・マニフェスト推進ネットワーク・事務局>
【LM検証大会】桐生市長マニフェスト検証大会が開催されました。 [2008年05月12日(Mon)]
平成20年5月12日(月)19:00〜21:00 に
桐生市市民文化会館 シルクホールにて
桐生市長マニフェスト検証大会が開催されました。

桐生青年会議所の主催で、
埼玉LM推進ネットワークの西尾が
外部評価者及びコーディネータとして参加しました。

当日の流れは以下のとおりです。

 1.開会
 2.理事長挨拶
 3.委員会発表
 4.検証大会
   第一部 検証大会
    亀山市長による自己評価
    西尾による第三者評価
    (会場との質疑応答)
   第二部 パネルディスカッション
    パネリスト:亀山市長、朝倉理事長
    コーディネータ:西尾
 5.閉会

マニフェスト検証大会は、地域の住民・団体による外部評価を
行う方法がありますが、本大会では、市外の第三者に評価を依頼する
ことで、評価の客観性・専門性を担保することが重視されています。

それを聞いて、住民一人ひとりが自分としての評価を考えるきっかけと
してもらうことが趣旨と理解しています。

また、マニフェスト評価は、マニフェストの項目に関する各論に偏る
傾向がありますが、第二部でまちづくりの大きな方向性について議論する
パートを入れたことで、バランスの取れた大会になったのではないかと
思います。


以下、本大会に関する記事や資料です。

 ・評価シート
  →桐生青年会議所「マニフェスト検証大会」ページより

 ・上毛新聞、桐生タイムス等の新聞記事
  →桐生青年会議所「メディアの中の桐生青年会議所」ページより

 ※なお、桐生市ホームページ(市長の部屋)朝倉理事長のブログでも、
  本大会のことが触れられています。


<西尾真治>
【LM検証大会】みどり市長マニフェスト検証大会が開催されました。 [2008年04月11日(Fri)]
平成20年4月11日(金)19:00〜21:00 に
笠懸野文化ホール パルにて
みどり市長マニフェスト検証大会
が開催されました。

桐生青年会議所の主催で、
埼玉LM推進ネットワークの西尾が
外部評価者及びコーディネータとして参加しました。

当日の流れは以下のとおりです。

 1.開会
 2.理事長挨拶
 3.委員会発表
 4.検証大会
   第一部 検証大会
    石原市長による自己評価
    西尾による第三者評価
    (会場との質疑応答)
   第二部 パネルディスカッション
    パネリスト:石原市長、朝倉理事長
    コーディネータ:西尾
 5.閉会

マニフェスト検証大会は、地域の住民・団体による外部評価を
行う方法がありますが、本大会では、市外の第三者に評価を依頼する
ことで、評価の客観性・専門性を担保することが重視されています。

それを聞いて、住民一人ひとりが自分としての評価を考えるきっかけと
してもらうことが趣旨と理解しています。

また、マニフェスト評価は、マニフェストの項目に関する各論に偏る
傾向がありますが、第二部でまちづくりの大きな方向性について議論する
パートを入れたことで、バランスの取れた大会になったのではないかと
思います。


以下、本大会に関する記事や資料です。

 ・評価シート
 ・来場者アンケート結果
 ・来場者アンケート結果を受けての石原市長のコメント
  →桐生青年会議所「マニフェスト検証大会」ページより

 ・上毛新聞、桐生タイムス等の新聞記事
  →桐生青年会議所「メディアの中の桐生青年会議所」ページより

 ・石原市長のマニフェスト及び実施状況
  →石原市長のホームページより

 ※なお、石原市長のブログ朝倉理事長のブログでも、
  本大会のことが触れられています。

<西尾真治>
【LM検証大会】群馬県でLM検証大会が開催されます。 [2008年04月08日(Tue)]
【みどり市長LM検証大会・桐生市長LM検証大会開催】

群馬県の2市で、ローカル・マニフェスト検証大会が開催されます。

「みどり市長ローカル・マニフェスト検証大会」
 (平成20年4月11日(金))

「桐生市長ローカル・マニフェスト検証大会」
 (平成20年5月12日(月))

いずれも、桐生青年会議所が主催です。(ホームページにて情報提供があります。)
埼玉LM推進ネットワークの西尾が評価者及びコーディネータとして参加します。

埼玉では、市民団体主催のLM検証大会の開催実績はまだありませんが、
ぜひ参考にさせていただき、県内での開催につなげていきたいと思います


----------------------------------------------------
 みどり市長ローカル・マニフェスト検証大会

  日時 : 平成20年4月11日(金)19:00〜21:00 (開場18:30)
  場所 : 笠懸野文化ホール パル
  主催 : 社団法人桐生青年会議所
----------------------------------------------------
----------------------------------------------------
 桐生市長ローカル・マニフェスト検証大会

  日時 : 平成20年5月12日(月)19:00〜21:00 (開場18:30)
  場所 : 桐生市市民文化会館 シルクホール
  主催 : 社団法人桐生青年会議所
----------------------------------------------------