CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

埼玉ローカル・マニフェスト推進ネットワーク

埼玉ローカル・マニフェスト推進ネットワークは、住民がローカル・マニフェストを使いこなすことによって、埼玉における住民自治の確立を目指すネットワークです。


プロフィール

slmさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/slm/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/slm/index2_0.xml
読売新聞に掲載されました。低投票率返上だ [2007年03月28日(Wed)]
【07/03/28読売新聞に掲載。低投票率返上だ】

3/28付の読売新聞に、
「低投票率返上だ ネット広告、学生啓発」
という記事が掲載されました。

前回の統一地方選挙における埼玉県議選の投票率が42.83%で、
全国ワースト2であったこと、特に「25〜29歳」の層の
投票率(23.91%)が落ち込んでいることが紹介されています。

この低投票率を返上するため、県選管では、6,110万円の予算を計上し、
初めてインターネットにバナー広告を出すなどの啓発活動を行っているとのこと。
また、さいたま市選管は、埼玉大学と連携して入学式でキャンペーン活動を展開、
川口市選管は、期日前投票所の立会人を市内の20歳代の若い男女に限定、
などの工夫がなされているとのこと。

公開討論会の開催も、投票率向上につながる活動の一つとして取り上げられ、
埼玉ローカル・マニフェスト推進ネットワークのコメントとして、

「埼玉でも政策を重視した地方選挙の波を起こし、
投票率アップにつなげたい」


と掲載されています。
<西尾真治>

東京新聞に掲載されました。自民不参加で“独演” [2007年03月26日(Mon)]
【07/03/26東京新聞に掲載。自民不参加で“独演”】

3/26付の東京新聞に、
「自民不参加で“独演” 県議で数値目標は無理」
という記事が掲載されました。

3/25に狭山市で開催された県政公開討論会の内容が取り上げられています。
立候補予定者の参加が得られないことがある背景の一つには、
「ローカル・マニフェスト型公開討論会」に対する誤解もあるようです。

記事では、以下のような県選管の見解が紹介されています。

「マニフェストを討論会の参考資料として使用することについては、
 選挙運動性のないものであれば、通常の政治活動として可能」



また、地方議員におけるマニフェストについては、議会には執行権が
ないため具体的数値目標を掲げることは無理
、という認識もあるようです。

しかし、議会においても政策機能に対する期待が高まっており
議員同士が政策について具体的に述べ合うためにも、マニフェストの
重要性・必要性があるのではないかと思われます。


※なお、ローカル・マニフェスト型公開討論会について、及び地方議員に
  おけるローカル・マニフェストや公開討論会の捉え方については、
  以下の記事をご参照ください。

「公職選挙法改正のポイントと ローカル・マニフェスト型公開討論会について」(H19.3.9)

<西尾真治>
読売新聞に掲載されました。公開討論会中止相次ぐ [2007年03月25日(Sun)]
【07/03/25読売新聞に掲載。公開討論会中止相次ぐ】

3/25付の読売新聞に、
「公開討論会中止相次ぐ 候補予定者揃わず」
という記事が掲載されました。

川口の公開討論会においては、7人の立候補予定者のうち
3人の出席者で討論が行われました。

県内では、立候補予定者の出席が確保できないために、
公開討論会が中止となったケースが出ていることが
紹介されています。

「討論会は政策の違いを際立たせ、有権者にどのくらい候補者との
 考えが近いか材料を提供する場として定着してきている。」


との廣瀬代表幹事のコメントも掲載されています。

みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。
<西尾真治>

東京新聞に掲載されました。首長選はマニフェスト [2007年03月21日(Wed)]
【07/03/21東京新聞に掲載。首長選はマニフェスト】

3/21付の東京新聞に、
「'07統一地方選 首長選はマニフェスト」
という記事が掲載されました。

埼玉県では、4月の統一地方選挙で、行田市、北本市、杉戸町、毛呂山町の
4地域で首長選挙が行われます。それらの首長選挙に出馬表明している10氏
全員がマニフェストを作成する意向を示しているとのことです。

今回の公選法改正で認められるようになったA4判のビラだけではもの足りない
面はありますが、埼玉県においても今回の選挙を機に政策重視の地方選挙
大きくシフトすることは間違いなさそうです。


※なお、公職選挙法改正については、次のポイント解説をご参照ください。

「公職選挙法改正のポイントと ローカル・マニフェスト型公開討論会について」(H19.3.9)

<西尾真治>


毎日新聞に掲載されました。可視化進むか県議会 [2007年03月20日(Tue)]
【07/03/20毎日新聞に掲載。可視化進むか県議会】

3/20付の毎日新聞に、
「せんきょのキモ:’07埼玉・統一選/上 東国原知事が問うもの」
という記事が掲載されました。

先の宮崎県知事選の「東国原現象」をもとに、
埼玉県における統一地方選挙の状況が分析・展望されています。

キーワードは「可視化」。宮崎県では、県議会の2月定例会議に注目が集まり、
インターネット中継はサーバがパンクするほどのアクセスが殺到しました。
これは、東国原氏がマニフェストを掲げて選挙を戦ったことで、
当選後それがどのように実現されるか、議会での審議に対する
県民の関心を一層高める効果があったと考えられます。

こうしてマニフェスト選挙を通じて議会に対する注目が集まり、
議会の活動が誰の目にも明らかになったとき、果たして
埼玉の地方政治にどのような変化がもたらされるのでしょうか。


記事では、統一選における埼玉県議選の投票率の全国順位が、

 「ワースト1」(42.29%、95年)
    ↓ 
 「ワースト1」(42.65%、99年)
    ↓
 「ワースト2」(42.83%、03年)

と続いてきていることも紹介されています。

<西尾真治>
朝日新聞に掲載されました。公開討論会に壁 [2007年03月08日(Thu)]
【07/03/08朝日新聞に掲載。公開討論会に壁】

3/8付の朝日新聞に、
「公開討論会に自民の壁」という記事が掲載されました。

日本青年会議所埼玉ブロック協議会が、県内でローカル・マニフェスト型の
公開討論会の企画を進めていることが紹介され、それに対する埼玉県議会の
各党のコメントが掲載されています。

ローカル・マニフェストや公開討論会の取り組みについて、まだ十分な理解が
広がっていないのが現状ではないかと思われます。今回、きわめて短期間で
公職選挙法が改正され、それによる混乱が生じている面もあるようです。

埼玉ローカル・マニフェスト推進ネットワークでは、

「公職選挙法改正のポイントと
 ローカル・マニフェスト型公開討論会について」


というポイント解説を作成しましたので、ぜひご一読ください。


「ローカル・マニフェスト型公開討論会」は、
市民が地域の政治・行政を「身近なもの」と感じ、
「自分たちのまちは自分たちでつくる」という気持ちで
まちづくりの「主役」になるきっかけとなるものです。


JCとの連携により、県内の1か所でも多くの地で、
「ローカル・マニフェスト型公開討論会」を開催することを
目指していきたいと思います。ご理解とご協力を賜れれば幸いです。
<西尾真治>







朝日新聞に掲載されました。JCフォーラム&シティズンシップ教育 [2007年03月02日(Fri)]
【07/03/02朝日新聞に掲載。JCフォーラム&シティズンシップ教育】

3/2付の朝日新聞に、
「マニフェスト 「政治身近に」やっと動き」として
紹介記事が掲載されました。

「挑む地方選 07選択の年に」という連載記事の第4回(最終回)で、
記事全体が埼玉LM推進ネットの活動をご紹介いただく内容になっています。

前半は、JCとの連携により県内全域でLM型公開討論会の開催を
検討していることをご紹介いただきました。全国に比べて投票率が低い
埼玉県の現状を捉え、

 マニフェストによって政治をより身近に感じてもらうこと
 市民がマニフェストを検証する機会を設けること


を目標としていることを取り上げていただきました。


後半は、桶川市立加納中学校でのマニフェストを活用した
まちづくり授業の様子が紹介されています。

地元商工会関係者の

 「予想以上の出来だ」

という評価の声の他、

参加した中学生の

 「中学生でも街について考えることはできる。もし選挙に行けたら、
  どの候補者がいちばん具体的でよりよい提案か見極めます」


というコメントが、授業の成果を物語っているように思います。

<西尾真治>
日本経済新聞に掲載されました。行田市LM型公開討論会 [2007年02月28日(Wed)]
【07/02/28日本経済新聞に掲載。4/13行田市LM型公開討論会】

2/28付の日本経済新聞に、
「首長マニフェスト元年 政策本位へ脱皮手探り」として
紹介記事が掲載されました。

「変わるか 地方選の風景」という連載記事の第2回です。
地方面の記事ですが、全国の地方面に共通して掲載されたようです。

記事の冒頭から行田市LM型公開討論会のことが取り上げられ、
立候補予定者が

 「政策の中身を自分の言葉で具体的に述べ合う場になる」

と紹介されています。いよいよ全国に向けた発信です。

その他には、千葉県流山市議会「新世会」や高知県議会「新21県政会」の
地方議員によるマニフェストの取り組みの事例が紹介されています。

<西尾真治>
埼玉新聞に掲載されました。行田市LM型公開討論会 [2007年02月25日(Sun)]
【07/02/24埼玉新聞に掲載。4/13行田市LM型公開討論会】

2/24付の埼玉新聞に、
「市長選で公開討論会 告示前の4月13日 行田JC」として
紹介記事が掲載されました。

県内で初のローカル・マニフェスト型公開討論会であることが紹介され、

 「選挙公約を理解して街の未来のために一票を投じてほしい」
 「マニフェストを市民が検証することで民・官一体の街づくりをしたい」


という行田青年会議所の力強いコメントも掲載されています。


<西尾真治>
朝日新聞に掲載されました。LM型公開討論会の推進 [2007年02月24日(Sat)]
【07/02/21朝日新聞に掲載。JCとの連携でLM型公開討論会を推進】

2/21付の朝日新聞に、
「統一選に向けて マニフェスト型討論会開催」として
紹介記事が掲載されました。

リード文は、「JCが企画 NPO連携 マニフェストで選ぼう」
JCと埼玉LM推進ネットが連携し、県内の統一地方選挙における
首長選や県議選の選挙区で、ローカル・マニフェスト型公開討論会の
開催を推進していくことが大きく取り上げられています。

先陣をきって、4/13に開催が予定されている
行田市のローカル・マニフェスト型公開討論会
についての紹介もありました。有権者向けに市政の課題を聞く
アンケートを2万8千部全戸配布して当日の討論に生かすことも
触れられています。

<西尾真治>



| 次へ