• もっと見る

埼玉ローカル・マニフェスト推進ネットワーク

埼玉ローカル・マニフェスト推進ネットワークは、住民がローカル・マニフェストを使いこなすことによって、埼玉における住民自治の確立を目指すネットワークです。


プロフィール

slmさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/slm/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/slm/index2_0.xml
埼玉県知事選挙を題材に実践者とともに若者の政治参加を考える勉強会のご案内 [2023年09月27日(Wed)]
8月に行われた埼玉県知事選挙は、歴代の知事選挙の中でワーストの投票率を
記録しました。

選挙管理委員会による調査では、各年齢の投票率は、
18歳:21.69%、19歳:14.01%、20歳〜24歳:13.55%でした。
(いずれも抽出調査)

低投票率の話題になると、どうしても若い世代の投票率がほかの世代よりも低いことが
取り上げられることが多くなります。
なかなかよい改善策が見つからないテーマですが、実践者の方々と一歩でも前に進んで
行くことができればと思い、勉強会を開催することにしました。

オンライン開催になりますので、ご都合のつかれる方がいらっしゃいましたら
ぜひ様々な場所からご参加いただけますと幸いです。
(教員WSと銘打っていますが、教員以外の方の参加も歓迎しています。
 ぜひ、日ごろお気づきのことなどを教えてください)

=====以下、勉強会の概要及び申し込み先です。

【教員向けWS】地方選挙の模擬選挙授業をつくろう!!
◇第17回主権者教育の教員向けワークショップ◇

お申込みはこちら
#「こちら」の個所をクリックすると、申し込み用サイトに遷移します。
日時:2023年10月4日(水)18:00〜
内容:@体験授業・情報提供(高校・大学における埼玉県知事選挙の模擬選挙授業の実践者より)、Aディスカッション(地方選挙においてどのような実践ができるのか、学校教育は地方政治とどのように向き合えばよいのか、埼玉県知事選が歴代最低投票率になったのはなぜかなど、意見交換を予定しています)
講師:高橋律夫先生(埼玉県立浦和高校 教諭)、原口和徳(埼玉ローカル・マニフェスト推進ネットワーク、けんみん会議)
テーマ: 「地方自治は民主主義の学校」と言われますが、「地方選挙の模擬選挙」をどのように実践するのか、身近な地方政治とどう向き合うのか、考えてみませんか? 高校と大学での実践例を踏まえた体験授業・話題提供ののち、参加いただく皆さんと考えていきたいと思います。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました