CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
岡山県自然保護センターのブログです!
センターの最新情報を発信中♪

ワクワク!ドキドキ!生き物情報や施設見学、イベント情報、タンチョウの話題などもどんどんアップしていきます!

お楽しみに〜♪♪

« 参加者募集♪「秋の鳴き虫観察会」♪ | Main | 団体利用_二宮連合町内会さま♪ »

<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
オオルリ若、ヤブサメ、ホトトギス、赤とんぼ等[2017年09月29日(Fri)]
今年のタカの渡り観察会はしっかり見れたみたいです。
私自身は全く機会に恵まれずです。
期間中に見られた、それ以外の渡り要素?の種を含め、季節の生きものをざっと紹介します。

1P9A2195_ホトトギスの仲間(s)_2017-09-01.jpg
ホトトギスの仲間(2017/09/01、センター棟近く、坪井撮影)
ど逆光の悪条件で撮っていただきました。
センターでは、秋の渡りのシーズン中は、だいたい9月中旬から10月上旬まで確認実績があります。ただ、毎年は見れるほどの密度はないようで、難しい。

IMG_7669_ゴイシシジミ(s)_2017-09-10.jpg
ゴイシシジミ(2017/09/10、虫の原っぱ)
観察ポイントがあずまや近くに絞られていたようで、一枚の葉に多数が群れて止まっている状況など、なかなか見られない情景を捉えられたお客さんもおられたようです。
私はそのような出合いもなく…、渾身の一匹です。
夜露がススキの葉を滑り落ちる瞬間だったのですが、表現できませんでした。
なんとなくイメージしていただけるとありがたいです。

IMG_8113_ツマグロキチョウ(s)_2017-09-21.jpg
ツマグロキチョウ(2017/09/21、虫の原っぱ)
9月中旬ごろからちょいちょい見かけていたのですが、はっきり分かる写真が撮れず。下旬になってやっと撮れたという感じです。
お客さんもそうだったと思うのですが、同時にシルビアシジミも目を皿のようにして探してみたものの、今季は出合えずでした…。

IMG_8174_ヤブサメ(s)_2017-09-22.jpg
ヤブサメ(2017/09/22、タンチョウ棟から湿原への途中)
ヤブサメは普通の夏鳥だと思います。…が、なかなか見れない、撮れない種ではないでしょうか。
普通というのは、夏、囀り声は各所で普通に聞けるから。センターでも聞かれない年は無い。
ところが、私はセンターでは目撃はしたことないのです。
県内の別の場所では目の前の小枝でクルクル回ってくれる様子をじっくり見たことはありますが、カメラを持っていなかったからサービスしてくれたのでしょうか。
今回は、聞きなれない地鳴きに気をひかれ、撮影したところヤブサメでした。
この春、エゾムシクイの声だけ確認があったので、そういう思い込みがあったのですが、ヤブサメでした。
初撮りです!が、天気が悪く、しかも場所的にも暗く、結局真っ暗だったのが残念。5mの距離だったのに悔やまれます。
そういえば、今回もクルクル回っていました…
その後、同じ場所では見られず、昨日、野鳥観察小屋付近からタンチョウケージにかけての薄暗い観察路沿いで、一声囀り聞きました。まだ、どこかにいるのか、次々移動しているのか。

IMG_8303_アオモンイトトンボ(s)_2017-09-25.jpg
アオモンイトトンボ(2017/09/25、昆虫の森デッキ)
お客さん(てぃさん)だよりのアオモンイトトンボでしたが、やっと自分でも見れた…
いろいろ情報ありがとうございました。
昆虫の森デッキ付近では、水生植物園で繁殖していたヒクイナが、今、こちらでゆっくりしているらしいです。

IMG_7996_ミズアオイ(s)_2017-09-15.jpg
ミズアオイ(2017/09/15、水生植物園)
昨年の暮にカサスゲの除去を行った場所で、たくさんのミズアオイが発生しました。台風の影響で土砂が大量に入ってきたりして、場が少し荒れてしまい残念ですが、現在多くの株で開花が最盛期を迎えています。なんと、オニバスも発生していますので探してみてください。

IMG_7831_マユタテアカネ(s)_2017-09-13.jpg
マユタテアカネ(2017/09/13、水生植物園)
天気の良い昼下がり、マユタテアカネが尻上げをしていました!
現在、この♂は随分くたびれてしまっていますが、マユタテアカネは他の観察フィールドでも見られるようになってきました。

IMG_8433_オオルリ(s)_2017-09-29.jpg
オオルリ若♂(2017/09/29、ヤマセミ橋近くの観察路沿い)
数日前から、気になる地鳴きが聞かれ、気にしていたのですが、やっと見れました。
滞在中なのか、次々入れちがいなのか不明。
この観察の後、この個体はイベント広場の方まで飛んで行ってしまいました…。

IMG_8510_ナツアカネ(s)_2017-09-29.jpg
IMG_8492_ナツアカネ♀(s)_2017-09-29.jpg
ナツアカネ(2017/09/29、虫の原っぱ)
数日天気が悪く、赤とんぼ散策の雰囲気ではなかったですが、良かった。ちゃんと出てたナツアカネ。♂♀ともにしっかり見れました。

IMG_8549_タカネトンボ♂(s)_2017-09-29.jpg
タカネトンボ(2017/09/29、湿生植物園)
昨年、多くみられたヒメアカネを求めて湿原へ。
残念ながら見られずです。
平成池近くで採餌飛翔するエゾトンボの仲間を、とりあえず撮る!
全体的にはピンボケですが、尾部先端がはっきりしたのでタカネトンボ♂で間違いなしです。
コウホネ池付近でオオアオイトトンボも見れました。

追伸.
10/1(日)は初心者のための自然観察会「赤とんぼを探そう!」が開催されます。ここのところ、発生状況が微妙で当日が心配されていましたが、今日見た限りでは一通り観察できそうな雰囲気でした。赤とんぼだけでなく、平成池が定番のオオルリボシヤンマが大池周囲に降りてきているとも聞きますし、まだまだオニヤンマやオオヤマトンボも見られます。じっくり見るとイトトンボの仲間もまだ見られますのでお楽しみに!

文/写真:記載のあるもの以外は難波

Posted by 山田 at 23:00 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/archive/584

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山田さんの画像
https://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index2_0.xml