• もっと見る
«令和5年度 社会・援護局関係主管課長会議資料 | Main | 令和5年度 社会・援護局関係主管課長会議資料»
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
令和5年度 社会・援護局関係主管課長会議資料 [2024年04月27日(Sat)]
令和5年度 社会・援護局関係主管課長会議資料(令和6年3月18日)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_38614.html
◎資料5 保護課自立推進・指導監査室
【重点事項】
第1 令和6年度における生活保護法施行事務監査等について
1 都道府県・政令指定都市が実施する監査について
→「令和6年度国の監査の重点事 項」も踏まえ、次のとおり組織的かつ継続的に実施するようお願いする。 @ 監査実施前、生活保護主管課長の参画の下、事前検討を実施し、「福祉事務所指 導台帳」等を活用して組織として各実施機関における課題や問題点を具体的に把握 する。 A 組織運営ヒアリング、事項別検討及びケース検討においては、適否を調査するだ けでなく、関係資料等の確認を的確に実施し、当該実施機関が抱える課題や問題点 とその要因を明らかにする。 B 監査終了後、生活保護主管課長の参画の下、事後検討を実施し、監査結果を取り まとめた事後検討資料を組織として総合的に検討・分析した上で、具体的改善方策 を整理・検討し、速やかに監査結果通知を発出する。 C 実施機関から提出された是正改善報告については、問題解決に向けた具体的な取 組を内容とする改善計画及び改善結果を提出させ、内容が不十分又は不適切である と認められる場合にあっては、再提出や追加報告を求めるなど、管内実施機関にお いて実効性のある是正改善が講じられるよう指導する。 D 同一の指摘が継続している実施機関に対しては、是正改善報告において未改善と なった問題点のうち、早急に改善すべきものについて、当該実施機関の実施方針及 び事業計画(以下「実施方針等」という。)に盛り込ませるよう指導するとともに、 課題や問題点の改善に向けた実効性のある内容となるよう指導する。

2 国が実施する監査について
(1)監査方針等について
(2) 令和6年度国の監査の重点事項について

ア 効果的な指導監査の実施について
(ア)適正な是正改善報告に係る指導について
(イ)適切な実施方針及び事業計画の策定について
イ 査察指導機能の充実強化及び組織的運営管理の徹底について
ウ 保護の相談及び申請の適切な取扱いについて
(ア)面接時の適切な対応の徹底について
(イ)適切な保護申請の取扱いについて
エ 適切な援助方針の策定及び的確な訪問調査活動の実施について
オ 適切な収入の把握等について
(ア)適切な収入の把握について
(イ)課税調査の徹底について
(3)重点事項に加え、特に留意すべき事項について
ア 実施体制の整備について
イ 適正な経理事務の取扱いについて
ウ 保護の申請取下げ、廃止について
(ア)保護の申請取下げについて
(イ)「辞退届」の提出による廃止について
(ウ)指導指示違反による廃止について
エ 適時適切な保護の変更決定に係る進行管理について
オ 扶養能力調査の徹底について

3 不正受給事案や不正等事案に係る報告の徹底について→ 被保護者による不正受給事案や現業員等による不正等事案が発生した場合

第2 保護施設に対する指導監査について
1 入所者の自立支援に重点をおいた指導監査の実施について
→@ 入所者の意向を尊重した上で適切な処遇計画が策定されているか A 居宅生活への移行や他法の専門的施設での受け入れについて検討されているか B 実施機関や家族との連携が図られているか C 処遇計画について適宜必要な見直しが行われているか D 入所者への虐待の防止について適切に対応が行われているか
2 保護施設の運営に係る適正実施の確保について
(1)保護施設の適正な運営の確保について
(2)防災対策の充実強化について
(3)感染症の予防対策について
3 事件・事故に係る報告の徹底について→ 保護施設において、職員による入所者への虐待等の問題が確認された場合や職員によ る不正が確認された場合など事件・事故が発生した場合には、速やかにこれを都道府県 等に報告するよう管内保護施設に対して指導をお願いする。

第3 令和6年度生活保護指導監査委託費について→ついては、令和6年度には5人の定員合理化を予定しているので、格段の御理解と 御協力をお願いする。

【連 絡 事 項】
1 令和6年度に国が実施する監査について

(1)監査計画について
(2)監査対象実施機関の選定について→・直近又は過去の監査等において課題が多い実施機関 ・複数年にわたり同一の課題や問題点が改善されない実施機関 ・管内の保護動向に及ぼす影響が大きい実施機関
2 当室主催の会議について
(1)生活保護法施行事務監査に係る生活保護指導職員会議

対 象 者:都道府県・政令指定都市本庁における監査班長及び 監査担当職員等、監査の中核を担っている職員
開催時期:令和6年4月25日(木)〜26日(金)(予定) 場 所:東京都内

(2)査察指導機能の充実強化を目的とした研修会等の開催について
@ 新任査察指導員研修会 対 象 者:現業事務経験のない査察指導員等 開催時期:令和6年5月29日(水)〜31日(金)(予定) 場 所:東京都内
A 全国生活保護査察指導に関する研究協議会
対 象 者:一定の経験を有する査察指導員等
開催時期:令和6年8月26日(月)〜28日(水)(予定) 場 所:東京都

次回も続き「資料6 地 域 福 祉 課」からです。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント