CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第7回「障害福祉サービス等報酬改定検討チーム」資料 | Main | 第7回「障害福祉サービス等報酬改定検討チーム」資料»
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
第7回「障害福祉サービス等報酬改定検討チーム」資料 [2020年07月05日(Sun)]
第7回「障害福祉サービス等報酬改定検討チーム」資料(令和2年6月19日)7/5
《議題》令和3年度障害福祉サービス等報酬改定に向けた今後の検討の進め方に ついて
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11973.html
◎資料4 令和3年度障害福祉サービス等報酬改定に向けた検討の進め方について(案)
◯スケジュールがあります。

◎資料5 障害福祉サービス等報酬改定に向けた関係団体ヒアリングの実施について(案)
◯対象団体、実施予定日、3.ヒアリング要領、ヒアリング団体一覧(案)あり。

◎資料6 新型コロナウイルス感染症に関する主な対応について(報告)
【障害福祉サービス等報酬における対応】

◯新型コロナウイルス感染症に係る障害福祉サービス等事業所の人員基準等の臨時的な取扱い→新型コロナウイルス感染症の患者等への対応等により、一時的に人員基準を満たすことができなくなる場合等が想定されるため、この場合 について、障害福祉サービス等報酬、人員、施設・設備及び運営基準などについては、柔軟な取扱いを可能としている。主な取扱いは以下の とおり。
1.基本的な事項→3点あり。
2.訪問系サービスに関する事項→8点あり。
3.通所サービスに関する事項→送迎加算や生活介護について
4.就労系サービスに関する事項→就労継続支援A型・B型・移行支援についての配慮。
5.施設入所支援に関する事項
6.共同生活援助に関する事項
7.相談系サービス等に関する事項
8.障害児サービスに関する事項
9.その他の事項 <福祉・介護職員処遇改善加算、福祉・介護職員等特定処遇改善加算について>処遇改善計画書の期限までの提出が難しい場合→柔軟な取扱いが可能

【第一次補正予算における対応】
◯障害福祉サービス等の衛生管理体制確保支援等事業→小型マスクの卸・販社からの一括購入等、施設等の消毒、感染症予防の広報・啓発に必要な費用を補助
◯障害者支援施設等の多床室の個室化に要する改修 (社会福祉施設等施設整備費補助金)→改修経費について補助
◯社会福祉施設等の介護職員等の確保支援→小学校等の臨時休業や社会福祉施設等で働く介護職員等が新型コ ロナウイルス感染症に感染等することにより、社会福祉施設等で働く介護職員等の出勤が困難となった場合、職 員が不足する社会福祉施設等に他の社会福祉施設等から応援職員を派遣し、社会福祉施設等のサービス提供 を継続する。
◯障害福祉サービス等事業者に対するサービス継続支援事業→かかり増し経費等の支援。
◯医療・福祉事業に対する無利子・無担保等の危機対応融資の拡充
◯特別支援学校等の臨時休業に伴う放課後等デイサービスへの支援等事業
◯遠隔手話サービス等を利用した聴覚障害者の意思疎通支援体制の強化
◯在宅障害者等に対する安否確認等支援事業→相談支援専門員等の専門職の安否確認等
◯就労系障害福祉サービス等の機能強化事業→障害者の就労を維持・確保するため@〜C
◯障害福祉サービスにおけるテレワーク等導入支援事業(テレワーク支援)
◯障害福祉分野のICT導入モデル事業
◯障害福祉分野におけるロボット等導入支援
◯施策名:介護施設等への布製マスクの配布事業

【第二次補正予算における対応】
◯新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(障害福祉サービス等分)
◯医療的ケア児者の人工呼吸器に必要となる衛生用品等の優先配布事業
◯障害福祉分野における効果的な感染防止等の取組支援事業→(目的)継続的なサービス提供が可能となるよう、事業者や障害福祉サービス従事者への各種支援、(内容)、(事業イメージ)(1)〜(3)参照。
◯特別支援学校等の臨時休業に伴う放課後等デイサービスの代替的支援事業
◯就労系障害福祉サービス等の機能強化事業→新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受けている障害者の就労を維持・確保するため、 以下の@A事業を実施し、就労系障害福祉サービス等の機能強化を図る。⇒障害者就業・生活支援センターの生活支援を通じた障害者雇用の維持・促進
◯医療・福祉事業に対する無利子・無担保等の危機対応融資の拡充(福祉医療機構)

次回も続き「参考資料」からです。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント