CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「第27回「福祉QC」全国大会」から | Main | 平成28年度財政制度分科会 IV.改革方針»
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「幸樹園(児童養護施設)まつり」 [2016年11月26日(Sat)]
「幸樹園(児童養護施設)まつり」(平成28年11月23日)

福祉サービス第三者評価事業を平成25年度・28年度の実施している中で、毎年「幸樹園まつり」が話題となり、是非一度は見学させてもらいものと思っていたことが、実現したもの。大勢の地域の人たち、保護者の方々であふれかえっていた。評価調査者が参加したもの。


◎恒例の「まつり」(毎年の勤労感謝の日9:30〜13:00)に参加して

○午前9時半からのセレモニー
・大勢の地域ボランティアに支えられて体育館で挙行される
・来賓として鶴田町長さん他、議会議長さん、青森県の7つの児童相談所長さん、小・中学校長さん、俳句指導の先生など、保護者さんの前で子どもたちの「出し物」が始まる。添付の写真参照。
・町長さんの励ましのごあいさつに続き、児童代表のあいさつがあった。地域の方々に見守られていることへの感謝のお礼。とても立派でした。
・続いて小学部の子どもたちによる振付を伴った歌唱があり。そのあとで幼児ちゃんの音楽に合わせた踊りもあった。かわいらしい姿に拍手が送られる。写真参照。

・続いて大抽選会(番号にあたりあり)
・会場を巻き込んだジャンケンポン
(上記いずれも子どもたちがセレモニー後主導する。)

○午前11:00より飲食コーナー、遊びのコーナー、販売コーナー等あり。

◎半日の感想から
津軽地方の当日は雪(5センチ)が積もり始めており、風もあった。それにもかかわらず地域の婦人会であろうか、ボランティアの数がかなり多かった。体育館が人と人とでぶつかり合うほど、大勢であった。
子どもたちの出し物もあり、昼には食券売り場など長い行列で、それぞれが思い思いに楽しむ姿が伝わってきている。
りんご畑にぐるりと囲まれている施設設置状況とは考えられない人の込みようを感じてくる。
将来とも、地域住民に見守られ、すくすくと、育っていくよう願うのみである。



◆体育館正面、児童代表挨拶、左側に来賓席
001.JPG

◆小学生による出し物
003.JPG

◆幼児ちゃんによる出し物
004.JPG

◆2つ折りのパンフレット表側
002.JPG

◆2つ折りのパンフレット裏側
001.JPG

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント