CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
目黒川で泳ごう! 活動報告 [2013年08月12日(Mon)]
■目黒川で泳ごう! 活動の報告


 目黒川で「子どもたちの遊べるふるさとの川を取り戻そう」とはじめられた「目黒川で泳ごう!」も4年目を迎えます。初めての方に目黒川に入って川を流れるという説明をするといまでも「エッ?!」と驚かれます。

 目黒川は東京の真ん中を流れる川です。国内でも早い時期に作られた下水道のシステムは、合流式と言われるもので、現在採用されている主流の分流式と違い、大量の雨が降ると家庭排水や屋根や道路に降った雨が一緒になって直接河川に流れ込んでしまいます。 7月後半の集中豪雨では目黒川もあわや氾濫というところまで水位が上昇しましたのでその水が流れ込んでしまいました。このため、見た目はそれなりに澄んで見える川の水も、水質調査を行うと、リンや窒素、CODの数値が高く、汚水がかなり混ざった状態である可能性が高い事が見て取れました。

 当日川に入る方全員に事情を説明した上で最終的に実施を決定致しました。その他の注意事項、流れ方の説明を行いました。


01.jpg
02.jpg
03.jpg
04.jpg
05.jpg

当日は朝から快晴。暑い1日となりました。東品川海上公園のボードウォーク。 13時、集まった子どもたちと川流れ参加者、地域の皆さんを前にイベントの趣旨を改めて説明し、今日の川の状態などもお話しました。

早速清掃活動の開始です。トング、ゴミ袋、軍手などを配布し、目黒川を上流に向け清掃しました。今回はかなりゴミは少なめでした。植え込みの草刈なども行われており、地域の方が日頃から手入れをしてくれているのかもしれません。

参加する子どもたちは何度も目黒川の清掃を経験している子が多く、どこにゴミが多いのかを知っている感があります。まずはここの柵の周り、次はあちらの植え込み、と途中に落ちた紙切れや吸殻などを手早くゴミ袋に放り込みながら、ゴミの多い植え込みなどでは時間をかけて奥までゴミを拾っていました。


06.jpg
07.jpg
08.jpg
09.jpg

清掃と平行し、Eボートも上流の防災船着場まで上ります。満潮に乗るため、新品川橋付近から入る事になりました。新品川橋で川に入って上流の品川橋で旧東海道を歩く人たちにアピールを行いました。川で泳ぐ人が居ることにびっくりした人たちが集まってきました。中には、「ここで泳いだらダメだよ。水が汚いから危ないよ!」といってくれるおばあさんなども居ましたが、危険性については充分承知している事、許可を受けてイベントとして行っている事、少しでも多くの人に川について知ってもらい、子どもたちが遊べるような川にしていきたいと思っている事などをお話しすると納得してくれ、「がんばってね」と言ってもらいました。


10.jpg
11.jpg
12.jpg

ここから海上公園まで水の中の散歩を楽しみました。海上公園で、清掃グループと合流し、スローローブのデモンストレーションの後、伴走していたEボートにゴミ拾いに参加してくれた子どもたちを乗せて目黒川の河口付近で楽しみました。集まったゴミを分別し、東品川海上公園のご協力で処分していただきました。ありがとうございました。


13.jpg
14.jpg
15.jpg
16.jpg
Posted by 水と緑の環境ネット at 22:07 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
コメント