CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
揚げ浜式塩田 視察能登半島の報告 [2013年05月22日(Wed)]
5月11日〜12日、当会が神奈川県大磯町で
毎年秋に行なっている揚げ浜式塩づくりイベントについて、
これをより良いものとするために日本で唯一、昔からの
揚げ浜式塩田の残る能登半島に行ってまいりました。

以下、塩づくり視察の報告をしたいと思います。

5月12日(日)朝、宿舎を出発し、塩田の視察へ

10時過ぎ、珠洲市「奥能登塩田村」へ到着。
塩の資料館の見学と説明を受けました。

奥能登塩田村は、平成7年、珠洲市が国土交通省の補助を得て建設し、株式会社能登塩田村が管理運営しており、有料施設の利用者だけで年間2万人を集客しているとの事。

資料館では、珠洲で行われている「揚げ浜」式の塩づくりに関する資料のほか、日本各地や世界の塩に関する情報がわかりやすくまとめられていました。


■塩の試食コーナーでは一般の塩との比較ができました。
001.JPG002.JPG

■貴重な映像資料や、塩に関するトリビアクイズなどが分かり易く展示されていました。
003.JPG

■日本各地の塩作りがミニチュアを使って紹介されていました。
004.JPG005.JPG

■揚げ浜式で用いられる道具が展示されていました。
006.JPG007.JPG

■揚げ浜式の塩田と釜茹でを行う「釜屋」の様子。
008.JPG009.JPG

■資料館前で記念撮影
010.JPG


奥能登塩田村館内には、わかりやすい資料と貴重な道具が展示されていて、今後の体験イベントを実施するにあたり、大変勉強になりました。


■奥能登塩田村
http://www.okunoto-endenmura.jp/


                                《つづく》
Posted by 水と緑の環境ネット at 14:58 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
コメント