CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«0415ミーティング議事録 | Main
0420_議事録 [2012年04月20日(Fri)]

4/17-18 田ノ浦ヒアリング                 文責 井上

・集会所が以前あったが津波で流された。その集会所では陶芸、踊り、冠婚葬祭など。
・集会所で年に一回役員総会が開かれる。役員も交代する。
・震災後、田ノ浦の人は3か所の仮設住宅に分散されている。また、他県に土地を買って移住した人もいる。住民はバラバラである。「てんでバラバラになった」
・小学生4人。中学生、高校生もいる。同い年ぐらいは仙台とかに出てる。
・年間行事は、踊りとカラオケがあったが結構前になくなってる。
・28戸高台移転が決まってる。(98戸中55戸が被災)
・集会所は非難所にもなっていた。そこで亡くなった人もいる。
・仮設という形での建物はあまり望まれていないこと。(常設できちんと設計を行う必要がある)
・私達がボランティアとして、誰かの特定の所有物を制作すると不平等があるので、公共のもの  でないといけないこと。
・大規模なものは難しいが、住人の求める建物は100人入る集会所など、大きな建築物を求め  ている。
・漁師さんはセルフビルドで個人が必要な小屋を作ってる。


今年度の方向性
・平成の森とかの人が来るところに作るのもありか。
・他の人があまり来ない田ノ浦で、残ってる人のために何か作りたい。
・主要道路に作る。みんなが通るものを作る。
・田ノ浦の町の魅力を再発見する。
Posted by 加子母木匠塾 at 22:02 | ミーティング | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント