CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 小麦粉なしレシピ | Main | リンパのお仕事»
プロフィール

左満花さんの画像
Duoheraをフォローしましょう
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新コメント
poeword
今日のエンジェルカード (05/02) sato
「豊胸」お持ち帰り♪ (04/24) 左満花
クリスマスマジック? (03/14) かたぎりw
クリスマスマジック? (02/15) Noi that
リンパケアでヒップアップ♪ (12/16) tong hop
気持ちだけ忙しい私の師走 (12/16) 左満花
健康とハッピーを叶えるアロマセラピー講座 (12/06) Kaori
健康とハッピーを叶えるアロマセラピー講座 (12/05) 左満花
Spice you up! (11/09) 平です
Spice you up! (11/06)
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/siblingmarket/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/siblingmarket/index2_0.xml
やっぱり空の旅が好き♪ [2011年05月18日(Wed)]
JALの撤退が進み、セントレアからの出発便がとても少なくなってしまったこの頃。
アジアのハブ空港のお株は韓国インチョンに決定だなぁ〜と日本人としてはちょっとさみしい感じがするけど、名古屋人にとっては、成田や羽田経由をするよりも、インチョン経由で世界に飛び立った方が超便利だと私は思っている。

で今回はアシアナ航空を利用して、韓国、中国へ飛んだ。ビジネスクラスを取っていただけていたので、本当に快適♪

機内食の前菜


メイン
バブル時代のビジネスクラスの料理に比べるとかなりトーンダウンしているけど、それでもなかなかの演出です。



機内では、ユニセフの募金活動もしています。私も少ないですが、このとき海外へ行ったとき換金できずに余っている通貨をそのまま募金したりしています。どの通貨でも受け付けてくれるのですから、便利ですね。


インチョンのアシアナ航空のビジネスラウンジです。セントレアのラウンジとは比べ物にならない広さと、お食事とお飲物バリエーションです。私はだいたいいつもここのおかゆが気に入っていて、必ずここでおかゆを食べます♪


当然乗り換えるから、ラウンジを使っているわけで、この後次の飛行機に乗るわけですから、また機内食が出てくるのは十分わかっていて、ここでついついたらふく食べてしまう私なのです。
だから、たいてい機内食が食べれなくなります汗


海外出張や旅行に出ると、食べ続けるので、当然太り続けます。
帰国後はとにかく体重を戻すことに思いを寄せる私なのです悲しい

それでも、やっぱり空の旅が好き♪いろんな世界を訪れて、たくさんの人に会うのが大好きな私なのです。
LOTTEのガーナ [2011年05月17日(Tue)]
ソウルに行くと、必ず一度はコンビニで購入するのが、こちら





さすが、本場ロッテだけあって、ソウルには日本にはないこんな代物も販売されている。
チョコレートミルク。アイスココアといったところだろうか・・・。

これがなかなかイケるのだ。

同じようなもので、ハーシーズのも販売されているが、断然こちらの方が美味しいのです。
私は日本でチョコレートを買うときも、ロッテのガーナが一番好きなので・・・。

このドリンクもかなり私の中では支持率高いです。
韓国で靴修理 [2011年05月17日(Tue)]
私は韓国へ行くとき、たいてい修理が必要な靴を何足か持っていき、ソウルで修理をします。

韓国にはいたるところに靴修理のブースがあり、いつでもどこでも簡単にそして安く修理をしてくれます。

今回もソウルつくなり、空港でコケて、靴のかかとのパーツが飛んでしまい、いきなり修理屋さんにお世話になることに。

ホテル到着までは我慢して、ホテル目の前にある修理屋さんで早速修理。


私は、昔、靴の修理やさんになりたいと思ったときもあって、彼らの仕事ぶりを眺めているの大好き♪今でも自分でやれるようにしたいなぁ〜って思っています。




ヒールのパーツを取り換えてもらったのと、靴底を張ってもらったのと、ワックスがけもしてもらって、1725円ぐらいです。日本ではありえないですよねぇ〜。名古屋のデパートの修理屋さんでやったら、3倍以上とられると思う。

それにしても、どうしてああも小刻みに靴修理のブースが点在しているか、ちょっと不思議。とにかくワンブロック歩く間にも2〜3件あるんじゃないかしら???
韓国コスメその2 [2011年05月16日(Mon)]
今回のソウルは、なんだか人が少なかったように感じた。いつもならひしめき合っていて、すれ違うのも大変なぐらい人であふれている明洞もこんな感じだった。震災以来、日本人観光客が激減しているからだとか・・・。



明洞・・・。私が初めてソウルを訪れたののが、1990年・・・あの頃の明洞は、お店もまばらで・・・これが一番の繁華街?と驚いたほどだった・・・・あれから21年かぁ〜変わるものですねぇ〜今なんて、お店だらけ、年々家賃が高騰しているらしく・・・息子が大好きだった32cmのソフトクリームやさんが姿を消していた。あれほど人気で行列までできていたソフトクリーム屋さんだったのに、家賃高騰には勝てなかったらしい。今のミョウンドンはとにかく韓国コスメ街。半端じゃない店舗数。この写真一枚だけでも4件のコスメショップが並んでいる。この写真は夜中の11時ぐらいだから人気もまばら・・。


昨日画像アップできなかった「20歳若返る化粧品」がこちらラブ冬になったら使ってみよう♪


そしてこちら、昨日のブログでもお話した、Booster♪
最高です。私はこれはBoosterしか購入していませんが、これが何とも素敵なテクスチャー♪
洗顔後、このBoosterをつけるとす〜っと肌になじみ、この後つける、化粧水などの吸い込みをものすごくよくしてくれるという代物♪


そして、韓国コスメの名物、シートパック。
これも前評評判がよくて、購入して見つかってみたけど、もちろんよかったんだけど、私は個人的には、同じタイプのジェルシートパックでMissaのがより好きかなぁ〜♪


コスメって楽しいですよね。
韓国コスメ [2011年05月15日(Sun)]
私は日本では、あまり時間がなく、買い物はもっぱら韓国など海外にいるときが多い。
中でも韓国は買い物がしやすいのと、価格が安いのがありがたい。

名古屋にいると、東京の往復でも2万円を超えてしまい、ホテルまでとるとかなりの出費になる。でも韓国なら、私の場合マイレージでタダで飛ぶことが多く、ホテルも知人が安くとってくれるため、最低限必要なの経費がかなり少なくて済む。

都内に出るより、飛行機でソウルに向かった方が近いぐらいだ。それに私は新幹線も好きだけど、やっぱり飛行機のほうが好き♪

プラス、ソウルには、イギリス留学時代(1995年←超昔に感じる)からのお気に入りのH&Mや、最近のチープブランドのFoever21、ZARA、などなどがひしめき合っているので、買い物も超楽ちん。

コスメに至っては、明洞内だけでもどれほどのコスメショップが立ち並び、それぞれの会社が「売り」を競い合っていることか・・・

韓国コスメの良いところは、価格がめちゃくちゃ安いにもかかわらず、恐ろしいほどの成分の良さと含有量だ。

どうやら、韓国人は効果がないと納得しないらしく、コスメの効果がないとなれば、瞬く間に人気が落ちてしまうらしいから、どの会社も必死のようだ。

今回の出張で楽しみにしていたのが、韓国コスメ
私は、公私ともに韓国に訪れることが多く、そのたびごとに韓国コスメを購入。したがって、近年の私の美(?)を支えているのは韓国コスメなのだ。

私が覚えている限り、アメリカ留学時代の1984年を皮切りに、私は、どの国にいても、必ず、韓国人に間違えられる。極め付けはソウル市内を歩いていても、韓国人に道を聞かれるほど、どうやら韓国人に見えるらしい。

それだからと言うわけではないけど、韓国コスメが肌に合う。
最近、アラファー美容に目覚めた私。それゆえ今回は、そうとうコスメを購入してきた。全部、同行した女社長さんの受け売りだけど笑い汗えへへ・・・。

いくつかご紹介♪


とにかくゲット!したかった。
It's SkinPRESTIGE Creme d' escargot
カタツムリ成分たっぷりの噂のクリーム。他社のカタツムリクリームに比べると少々お高いらしいけど、日本円で3600円ほどでした。




入手困難で、歩き回った・・・
innisfreeWhite tone up skin
美白ローションではむちゃくちゃの支持率らしく、明洞内にだけでも5〜6店舗あるらしいが、どこもこのローションだけ売り切れ、製造が追いつかないらしい。でもしつこく見つけて3本ゲット♪これも2000円切った価格だったと思う。


そのシリーズでクリーム


同じinnisfreeのナイトパック。これがまた素晴らしくいいらしい♪


それと・・・


ショップの定員さんに勧められて、実際使ってみてかなり気に入っているチーク


他にはNature Republic
ココでは、かなり衝動買いだったんだけど、ショップ定員さんが「私、お姉さんのこと覚えているよ、どこどこにあの時いたでしょ?」なんて言われ、数年前のことだったのに、覚えていたこの定員さんに気をよくして、買い込んでしまった。

一つはThe Jin韓方薬・瓊玉膏とノーベル賞受賞成分のEGF(上皮細胞成長因子)を配合した贅沢なスキンケアライン。53のアミノ酸で構成されたたんぱく質で、肌にハリとツヤを与えます。化粧水をつける前のBoosterなのだけど、これが使ってみるとわかるけどかなりの上物。イケてる♪

で、調子に乗って、買ったのが、「20歳若返る化粧品」アドバンスド・セル・ブースティングEX 植物の成長源であり再生の核となる植物細胞カルス400mgと、不老草と呼ばれる霊芝(レイシ)など5種類の発酵薬用きのこ成分を配合、肌に栄養とハリを与えます。「20歳若返る」というキャッチコピーで大人気のスキンケアライン。

あとは・・・かなり衝動買いだけど、AFRICA Shea Butter Wrinkle Hand Cream桜の香りのハンドクリーム。見た瞬間にきっといいはず。と感じた代物。お気に入りアイテムになっています。

それ以外購入予定に全くなかったのがIOPEWrinkle care。今買うと20%オフしてくれて、おまけがそうとうついてきて、価格が安いし効果があるから是非と定員さんに勧められるがまま、買ってしまった。

最後に免税店で購入したのが、女社長さんに、「絶対、買やぁ〜」と強く勧められた、CHANELのPRECISIONのWHITE ESSENTIEL PRE-LOTION。基礎化粧をつける前の、プレローション。ハタの不要な角質を取り除く、柔軟に整えるプレローションらしい。日本人はなぜこういうプレローションを使わないのだ?と聞かれたけど・・・。さぁ〜。あんまり売ってないですよねぇ〜。

こんなに買って、いつどのタイミングでなにを使うのか、やや思案に暮れるサマンサだけど・・・

とにかく今はホワイトニングのシーズンだから・・・

まずは、シャネルのプレローション、ネイチャーリパブリックのThe Jin、そしてinnisfreeのホワイトニングローション、そして手持ちのアモーレパシフィックのアイクリーム、シスレーのコンパウンド、そしてinnisfreeのクリーム、気が向けば同じくinnisfreeのワインジェリースリーピングパック。

かなりのプロセスだ・・・。

今度生まれ変わるなら、男にさせてもらった方がなんだかよさそうな気がするサマンサなのだ。
サマンサ吠えるの巻 [2011年05月14日(Sat)]
私は、たいてい一回の海外出張または海外旅行で、必ず怒ることに出くわします。

今回も中国のホテルのチェックアウトの時・・・

「ランドリーバッグ(クリーニング用の袋)が1枚足らないのですが・・・もしハウスキーピングがその一枚を探せなかったときは、20元お支払いただきます。」数百円のことだから、大騒ぎする金額ではないけれど・・・

当然、怒びっくり

いきなり、こんな一方的な言われ方をして、私が黙っているわけもなく・・・

だいたい、使いまわしている、布製のランドリーバッグを誰が持ち帰るものか!と言いたいところだが、一番の怒りのポイントは、まず宿泊客を頭から疑っているところに、大変立腹した私。銭金の問題じゃなく、人としてのプライドの問題なのだ!

ホテルマンとして、普通ありえないプロセス。

当然、持っているわけもなく、「とにかく室内をとことん探してから、今のセリフを言いなさい。それにそんな言い方を最初からするべきでない、宿泊客を疑うのが先ではないはず。」
と怒った私。

しかし、そのフロント係は、そんな私に「だって、ないんだもん、なかったらお支払いください」を繰り返した。

怒怒びっくりびっくり

当然私の怒りのボルテージは上昇怒り

そうこうしていると、私たちの部屋を確認していたハウスキーピングからフロントに内線の電話が入る。中国語だからわからないが、そのやり取りを見ていると、雰囲気的にどうやら、見当たらなかった、ランドリーバッグが見つかっ多様子だった。

当然、私は、そのフロント係から、「大変申し訳ありませんでした、ランドリーバッグが見つかりました。疑って本当に申し訳ありませんでした」という言葉を期待して待っていた。

ところが・・・・

そのフロント係、受話器を置くと、何もなかったかのように、平然と私たちのチェックアウトの手続きをし始めた。

怒びっくり

「おい、こらぁ〜、で、なんだったのその電話?あったんでしょ?バッグ???」

「はい。」

「はい・・・ってあんた、何それ?????疑っておいて、謝んなさいよ。」

「私は、聞くべきことをお客さんに尋ねただけですから」

「電話切った後も、何の報告もしないのもどういうこと?疑うだけ疑っておいて、その後見つかったことの報告も私にしないで、それは失礼だわ」

「なにかクレームがあるなら、あっちにいるマネージャーに行ってください」

「あんたが連れてきなさい。」

マネージャーが私のところまで来た。

フロント係は中国語でマネージャーにいきさつを説明していた。
内容はわからないが、当然自分の有利なように説明しているだろうと思って話が終わるのを待ち、マネージャーと英語ではなした。

案の定、フロント係はお客様にランドリーバッグはお持ちですか?と尋ねただけで、本来の彼らの業務を遂行したに過ぎないとの賜った。

怒びっくりちゃうやんびっくり

すべてのいきさつをマネージャーに説明。

マネージャーは、フロント係がまだ若いもので対応がうまく行かなかったのだと思うと、プチ言い訳をしてきたが、それは私には関係ない、それこそ彼を育てるのがあなたの仕事だ。彼の未熟さゆえに、宿泊客である私たちがこんな形で、侮辱される必要は全くないと伝えた。

すると・・・

マネージャーは状況を理解し、ちゃんと謝ってくれた。最後までそのフロント係は謝らなかったけど・・・・

私はだ日本人が訪れる国なら、大概どこの国でも順応して生活できる自負があるけど・・・なかなか中国の滞在だけは、24時間フル活動で余分なエネルギーが必要だなぁ〜と感じることがあります汗

やれやれ・・・汗の中国滞在でした。

腹が立っても、我慢すればいいのかもしれないけど、こういう時黙ってはいられない性分のサマンサなのだ山太陽
韓国から日本へ [2011年05月12日(Thu)]
今回、知人の女社長の通訳として韓国と中国に同行した私。

仕事を終え、ソウル市内の明洞を夜な夜な徘徊していると・・・。








「?」





靴の修理のおじさんのブースの壁に、日本語が・・・








    

     がんばれ 日本  


   がんばれ 東北






・・・と、書いてある。




いったん通り過ぎた私だったけど・・・・
この異国の地で、直接触れた、日本へのエール。
胸が熱くなって、涙がいっぱい出てきちゃって・・・




どうしても、おじさんに「ありがとう」を言いたくて・・・
靴修理のブースに泣きながら戻った私。




壁の張り紙を指さしながら、「カムサハムニダァァァァァァ〜ン汗汗汗汗


泣きながら、お礼を言って、記念に写真を撮った。
自分がなぜ泣いたのかもあんまりわからないけど・・・嬉しくて涙が止められなかった・・・。



夜中の11時・・・雨も降っていて、髪はボサボサ、化粧ははげて・・・大切なつけまつ毛までとれちゃって、号泣した後のとんでもない写真写りに閉口しつつ・・・本当はこの写真アップしたくないけど・・・・


このおじさんの気持ちがとても嬉しいから・・・



今回日本を離れていた、たった6日の間にも、日本全体への風潮被害を感じることを数回味わった、その最後にこのおじさんに出逢ったから・・・


韓国のソウルの明洞の畳2畳分ぐらいの小さな靴の修理屋のおじさんからのエール


日本政府も東電上層部も気合を入れて、とことんやり抜いて欲しい。
絶対、元の日本の姿に戻してほしい。



国旗甦る!日本国旗










本日帰国しました。 [2011年05月11日(Wed)]
6日間の海外出張から帰国しました(−_−#)

出張中は、仕事はもちろんですが、仕事後のアクティビティーが重要で、寝る時間など気にせず、ほぼオールナイトでビッチリエンジョイする私ですが…

つい、床ぎれ時間を費やし、エンジョイしてしまう、
ややハード過ぎる、アフターファイヴの過ごし方に
今回は無理したくない、いや…無理が効かない…
とうとう、そんなお年頃になっちゃったのかなと…

ちょぴりセンチメンタルジャーニー(−_−#)

帰宅すると、息子Kikuのお手製のくす玉に、「まま、おかえり」のメッセージと、私の似顔絵付の垂れ幕に迎えられ、一気に疲れも、ちょセンチになった私の心も癒やされ、パッと明るくなり、散らかってる部屋をみて、アゴ落としながら…

Kikuの優しい「Welcome Home Hug」に包まれ、エナジーがUPする私。

「まっ、言うても、まだまだ、そうとうイケるに」と錯覚しがちなサマンサなのでございます(⌒-⌒; )