CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ダウンロードできるもの | Main | 「きょうだいの日(シブリングデー)」»
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集

↓人気のおもちゃたち



おはなし迷路絵ハガキ
うまく迷路をたどるとお話が完成。
間違った道を行くと笑っちゃうオチ。
ポスターもありますが(URL)、
はがきサイズお手軽です。




伸縮ボール
伸び縮みボール。不思議おもしろ。




スティッキー
子どもも大人もあそべます。




ラッシュアワー
車脱出パズル。頭使います。




ニコケーキゲーム
つみあげたりオセロにしたり…




アイスクリームタワー
サーティーワンに行きたくなります(笑)




おにぎりトランプ
あそびにくいです(笑)。でもウケます。




壁をぺたんぺたんと落ちていきます
人気者!




水でお絵かきできるシート
他にもいろんな種類が




カラフルまがレール
プラレールの線路。曲がるし可愛い!




バルーンスライム
ひみつにしておきたいおもしろさ!










きょうだい支援ゆるゆる会議、はじめました [2020年07月16日(Thu)]

新型コロナの影響で各地のきょうだい支援も対面プログラムが中止になっていることと思います。きょうだい支援のプログラムを実施中のみなさまと、
「元気?」
「どんな感じ?」
「オンラインきょうだい会って子どもも楽しめそう?」
みたいなゆるい情報交換をできる場があったら嬉しいなと思い、まずはZoomを使って7月25日、「きょうだい支援ゆるゆる会議」1回目開催してみましたきらきら

yurum1-2.jpg

yurum1-1.jpg


短く少ない告知にも関わらず全国から28名の方々がご参加くださり(感謝ゴメン/お願い)、対面プログラムができない寂しさやもどかしさ、足踏みするしかなくて焦る気持ち、オンラインプログラムを試してみての楽しさ難しさ、アイディアなど共有し、最後は新しく立ち上がったきょうだいプログラム&この日がお誕生日の方々のお祝いをしてあっという間の90分でしたにこにこ

次回は7月25日(土)19:30〜です。元気やアイディアを持ち帰られる場になればと思っています。
お申込みはこちらから。
https://www.kokuchpro.com/event/ssym2/


きょうだい支援ゆるゆる会議は令和2年度「キリン・福祉のちから開拓事業」で助成いただいて開催できています。ありがとうございますきらきら今後もテーマを変えたりしながらゆるゆると続けていけたらと思っておりますので、引き続きゆるりとよろしくおねがいします。
Posted by だいひょ at 13:55 | シブリングサポーター | この記事のURL
きょうだいさんのことも相談してくださいねリーフレット [2020年03月15日(Sun)]

シブリングサポーターが集まったら、みんなで使えるツールを作りたいと思っていました。
小児在宅療養に関わっておられるシブリングサポーターさんにご協力いただいて、第一弾の、地域で暮らすきょうだいさんの保護者の方向け「きょうだいさんのことも相談してくださいねリーフレット」ができましたキャラクター(万歳)

在宅きょうだいリーフレット外.jpg

在宅きょうだいリーフレット内.jpg

病気のあるお子さんと退院して在宅生活が始まって少し落ち着いた頃、きょうだいさんにちょっと気になることが起こったりすること、それは親御さんのせいではないこと、安心のためにできることもあるし、一緒に考えたいひとたちがいること、さらりと伝えるきっかけになれば、と思ってつくってきた小さなリーフレットです。(タケダ・ウェルビーイング・プログラムで助成していただき作成できました。ありがとうございます。)

シブリングサポーターのページでPDFデータを公開しています。
http://sibtane.com/ssw#section-14
B4サイズで両面印刷して2つ折りにしていただくと完成します。

在宅きょうだいリーフレット別紙.jpg

支援者の方向けに使い方のイメージを説明した別紙もご参考用に公開しています。
こういうのがほしいなーと思ってくださっていた方々に届きますように。よろしくお願いいたします。
Posted by だいひょ at 23:28 | シブリングサポーター | この記事のURL
第3回シブサポミーティングin東京 [2020年03月08日(Sun)]

今年度が終わる前に…振り返って楽しかったご報告です。
10月14日、3回目になる「シブリングサポーターミーティング」を開催しました(2019年度のシブリングサポーター養成事業はタケダ・ウェルビーイングプログラムに支えていただき実施できています。ありがとうございますきらきら)。このミーティングは年に1回、シブリングサポーターになってくださった方々で集まり、つながりをひろげ、学び合い励まし合い、明日からのエネルギーを充電できる場があったらよいのではないかなと思って開催しています。

今回は初めての東京開催(会場の確保や参加される方々のご案内にご尽力くださったNPO法人こどものちからのみなさま、本当にありがとうございました!)。しぶたねから、前回のミーティングから1年間シブサポ事業としてやってきたこと、サポーターさんが各地で増えましたのご報告と今後の目標についてサポーターのみなさまに共有していただいたあとは、お待ちかねのゲスト講座!

今回は理事長たねこがずっと大好きで大好きで仕方ない「NPO法人ぷるすあるは」さんに講師をお願いして、来ていただきました。

72381457_2471151786474405_5763058573143703552_n.jpg

ちあきさんお手製のつぶたね!そしてJAMMINさん×しぶたねTシャツを着てくださってるのです顔3(かなしいカオ)きらきらありがとうございますきらきら

ぷるすさんには「いろんな色の大事な気持ち」をテーマに、前半はぷるすさんとしぶたねの出会いの話から、絵本の朗読あり、北野さんとちあきさんの掛け合い漫才のようなすてきトークあり、今すぐ使える可愛いツールの紹介あり、しんみりしたり、じーんと沁みたり、笑ったりの、きょうだい支援にもサポさんのセルフケアにもつながるお話をしていただきました。

後半はグループにわかれて「気持ちの箱」作りです。

74378588_2517351558357106_6609081819520303104_o.jpg

ぷるすさんが持ってきてくださった見本の箱はお菓子入れになっていましたが、ふたの裏側のシールが…(笑)。

たくさんのいろんな気持ちシールと箱を用意して、まずは箱のテーマを決め、好きなだけシールやマステを使って自分だけの箱をつくっていきます。

73016919_992833487734170_5097837421110755328_n.jpg

どのテーブルもカラフル&集中!でした^^

72177980_2316769651779817_9009586015312019456_n.jpg

完成した箱を順番にグループで分かち合い、終了です。今日の気持ちの箱をつくってくださる方、職場の机に置いておきたい方、子どもたちとお話をするきっかけに使おうの方、それぞれにすてきな気持ちの箱でした。

72890534_738400813298338_3326217772911820800_n.jpg

72490250_1436430556510419_4564365589178482688_n.jpg

<参加してくださった方のアンケートから>
・精神の親を持つ子どももきょうだいも通づる想いがあり、とても心ふるえました。今後の活動にも参考になることばかりで有難かったです!
・求めていたものに出会えた!という喜びがありました。
・気持ちの箱のワークショップはとても良かったです。たくさんの気持ちがあることに改めて気づき、そのどれもがあるし、あって良いと認めてもらえるところが良く、きょうだいをとりまく人たちにも、改めて知ってもらいたいと思いました。

充実の講座の後はグループに分かれ、いつも通り、きょうだいさんのお話、可愛かったこと、せつなかったこと、悩んだこと、頑張ってること、嬉しいこと、グループごとに共有しました。どのテーブルに入ってもみんながあたたかくて、毎回じーんと感動します。

今回、大きな台風が関東地方を直撃して、前日のシブサポ東京は苦渋の中止でした。そんな中で、翌日のミーティングが開催できるようにがんばろう!と励まし支えてくださった方々のおかげで、みんながこわかったり悲しかったり不安だったりした気持ちをよしよしできるやさしい1日を過ごすことができました。本当に何をやってもいつも感謝しかありません。

72605421_2517351311690464_221887605468299264_o.jpg

悲しいことはみんなで。嬉しいこともみんなで。これからもどうぞご一緒によろしくお願いします。全国のシブリングサポーターさんとの再会を楽しみにしています。
Posted by だいひょ at 20:13 | シブリングサポーター | この記事のURL
[タケダ・ウェルビーイング・プログラム]シンポジウムとポスター発表に参加させていただきました [2019年12月16日(Mon)]

12月12日、武田薬品工業株式会社さまのグローバル本社でタケダ・ウェルビーイング・プログラム「長期療養の子どもたちと家族の支援〜10年の助成を通して」シンポジウムとポスター発表に参加させていただきました。
79109788_2649290975163163_5893678303960629248_n.jpg
タケダさん、市民社会創造ファンドのみなさまと、10年間の助成先団体が一堂に会する大イベントで、なんとシンポジストとして登壇させていただき、10年間支えていただいたことがどんなにきょうだい支援の広がりにつながってきたか、お礼とご報告をできました。

緊張したーーー!でもその100倍嬉しかったです!
しぶたねの歴史はタケダ・ウェルビーイング・プログラムとともにあります。
10年前のしぶたねは、もっと上手に活動を広げる人たちが出てくるまでのつなぎとして、自分たちの活動はできるだけ小さく行うことで、他の活動が増えるのではと思っていました。その頃に市民社会創造ファンドの方が訪ねて来てくださり、このプログラムの応募をすすめてくださいました。他の錚々たる助成先団体のお名前を見て、「こんな大きなプログラム、私たちみたいな小さいところが応募するなんてとんでもないです!」と思った私たちは「ひ、人違いです!」くらいの勢いで一度は辞退したのですが(今思えばこれこそとんでもないあせあせ(飛び散る汗))、「きょうだい支援は大切な活動だから」ともう一度声をかけてくださり、25万円の助成からスタートしました。
ファンドの担当の方は年に何度もご連絡くださり、よちよち歩きのしぶたねに伴走しながら、ともに悲しみともに喜び、すぐぐるぐるになってしまう理事長の頭の中を整理し、活動が続くように、しぶたねがしぶたねらしくいられるように、タケダさんとともにずっと支えてくださいました。「他にやりたいことはないですか?」と丁寧に聞いていただく中で、実は会えないきょうだいたちに届ける冊子をつくりたいんです、から「きょうだいさんのための本」が生まれ、今や7万冊を超えて全国に届けられるようになりました。

第2期ではシブリングサポーター養成事業のスタートから3年間を支えていただき、ここまで広げることができました。25万円からのスタートだった助成は、第2期は3年間で594万円に。たくさんの支えてくださるみなさまのおかげでこの金額の何倍も、きょうだい支援の広がりにつながっている実感があります。信頼して大きなお金を託してくださるタケダさんには伝えきれない感謝の気持ちです。
タケダさんにはこのプログラムのみならず、講演をさせてくださったり、クリスマスカード工場を開いてくださったり、社内で集めたご寄付や、冊子を送るための切手を集めて送ってくださったりと、ずっと支えていただいています。しぶたねにとって、本当に大きな存在です。
嬉しいことが起こったとき、いつも真っ先にファンドの方とタケダさんに伝えたい!と思いますし、このプログラムに採択していただいた信頼に応えたいと思う気持ちがしぶたねを育てました。


79088795_487661331855237_5755430230189670400_n.jpg
シンポジウムのテーマは『生きる力を育むために〜ネットワークをどう作るか〜』
認定NPO法人病気の子ども支援ネット遊びのボランティア理事長の坂上和子さんと、バクバクの会事務局長の折田みどりさんという偉大な先輩に挟まれて登壇させていただき、シブリングサポーター養成事業を中心にご報告させていただきました。
80106239_2649290781829849_2110658705778278400_n.jpg

image001.jpg
集合写真は武田薬品工業株式会社さま提供です。ポスター発表とシンポジウムの写真は認定NPO法人病気の子ども支援ネット遊びのボランティアの坂上さんと 認定特定非営利活動法人日本クリニクラウン協会のきゃしーさんが撮ってくださってましたきらきら←撮ってくれてる人が豪華すぎて(笑)、でもまさにこのネットワークに支えられていることが私達の勇気なんだと思いました。これからもよろしくお願いいたします!
Posted by だいひょ at 22:13 | シブリングサポーター | この記事のURL
シブサポ研修ワークショップ、2019年度も広げます [2019年06月08日(Sat)]

2019年度もシブサポが始まります。シブサポ研修ワークショップを修了してくださった方は、現在、全国に459名。仙台サポで500人を超える予定ですきらきら
どの地域にも、きょうだいのために何か始めたいと思っている方が必ずいて、そんな方々がつながることで、きょうだいのための場が新たに増えています。きょうだいも支援者もひとりじゃないように、まだまだつなぎます。

今年度のシブサポも、タケダ・ウェルビーイング・プログラム2018の助成によって安定開催することができます。ありがとうございますきらきら
「2018助成対象一覧」
http://civilfund.org/grant/tkd-18ichiran.html#riyuu
前年度の成果レポートも掲載していただきました平謝り
http://civilfund.org/grant/tkd-17report.html


---今後の予定---

・[宮城]6月23日(日)シブリングサポーター研修ワークショップ仙台
https://www.kokuchpro.com/event/ssw19sendai/
午後の部は満席キャラクター(万歳)午前の部は、ぱるけさんが大きな部屋を借り直してくださり定員増やしてまだまだ募集中です。

・[滋賀]7月6日(土)湖北タウンホームさまに出前シブサポ
湖北タウンホームさまシブサポ-1.jpg

・[兵庫県]7月30日(火)明石市肢体不自由児者父母の会さまに出前シブサポ
ssw-akashi-1.jpgssw-akashi-2.jpg

・[北海道]7月13日(土)シブリングサポーター研修ワークショップ札幌
https://www.kokuchpro.com/event/ssw19sapporo/

---詳細発表お待ちください---

・[大阪第4期]9月28日(土)予定
・[東京]10月13日(日)予定
・[東京]シブサポミーティングきらきら10月14日(月・祝)予定

みなさまにお会いできるのを楽しみにしております!よろしくお願いいたします。
Posted by だいひょ at 21:52 | シブリングサポーター | この記事のURL
ぐんま2日間ありがとうございました! [2018年12月05日(Wed)]

12月1日、シブサポぐんま、開催できましたきらきら36名の方が、新たに研修を修了してくださり…
\シブリングサポーターさん400人突破ですきらきら

sswgunma416.jpg

ご参加くださったみなさま、たくさんご準備くださったチームぐんまのみなさま、本当にありがとうございました。
さまざまな立場の方が、小さなきょうだいたちのことを思って集まってくださる場、大人にとっても安心の場であってほしいなといつも願っています。今回もおひとりおひとりの優しい気持ちが、あたたかな空気をつくってくださっていました。

上毛新聞さんが記事を掲載してくださいました!
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/96462

めっちゃ楽しそうきらきらありがとうございます!

次の日には、群馬県内のきょうだい支援活動の貴重な実践報告も聞けちゃう公開講座。
朝からたくさんの方がご参加くださいました。昨日に続いて2日目の方もたくさん。ありがとうございます。

ssw-gunma1.jpg

後半は実践報告。

ssw-gunma2.jpg

精神疾患をもつ方のきょうだいのための活動をされているあんなか兄弟姉妹会ケセラセラさん。
来年度からのリカバリーカレッジも興味津々です。
facebookページはこちら https://www.facebook.com/kyoudaisimai/

群馬大で家族みんなで楽しいきょうだい会を運営されている「きょうだいの会ぱずる」さん。ぱずるの学生さんたちは2日間裏方のお手伝いもさわやかにこなしてくださっていました。ありがとうー!

おなじみ「きょうだい会Shirabe」さんは、いつも楽しそうすぎるきょうだい会のあそびも紹介してくださいました。しろみさんが早速ブログで2日間の報告をしてくださっています。
こちらからぜひどうぞ http://shiroayu.hatenadiary.jp/entry/2018/12/05/145641

2日間を通して、新しいご縁がつながったり、新たな取り組みに発展する希望を感じたり…ぐんますばらしいですきらきらみんなで手をつないで、きょうだい支援の波を大きくしていけたら幸せですきらきらこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

ssw-gunma3.jpg
Posted by だいひょ at 14:59 | シブリングサポーター | この記事のURL
シブサポぐんま&シブサポ和歌山のお知らせです [2018年11月28日(Wed)]

シブサポぐんま(12月1日)&きょうだい支援の公開講座(12月2日)です。前日まで申し込み受け付けてくださってます。2日目の公開講座、群馬県内のきょうだい支援の活動をされている方々の貴重なお話うかがえます。私たちも楽しみです。まだ席がありますので、ぜひぜひ。

群馬開催までの奇跡のつながりは↓こうですきらきら
栃木SHAMSさんが開催してくださったシブサポ研修ワークショップから「きょうだい会Shiabe」さんが誕生きらきら

認定NPO法人うりずんさんがしぶたね呼んでくださった栃木県の公開講座にShirabeのしろみさんが来てくださり、同じく群馬から参加してくださっていた方とつながり、「チームぐんまでシブサポを!」と、輪を広げて頑張ってくださり…

そして初の群馬県上陸!北関東制覇ですきらきらみなさまありがとうございます!

sswgunma1.jpg

今年度、関東でのシブサポは群馬県のみになります。
詳細は、「きょうだい会Shirabe」さんのブログからお願いします<(_ _)>
http://shiroayu.hatenadiary.jp/entry/2018/09/28/082135

みかんみかんみかん
年が明けたら和歌山でもシブサポします☆

シブサポ和歌山チラシ.jpg

初の和歌山開催きらきら実行委員会のみなさまありがとうございます!
会場が駅から少し離れているのですが、実行委員の方の車で送迎付きです。手厚いきらきら
お申し込みはこくちーずからお願いいたします。
https://www.kokuchpro.com/event/ssw19waka/

塗れるところ増えましたきらきら

日本地図.jpg
Posted by だいひょ at 11:12 | シブリングサポーター | この記事のURL
大阪シブサポ第3期&シブサポミーティング開催します☆ [2018年08月29日(Wed)]

お待たせいたしました!大阪シブサポ第3期と2回目のシブサポミーティング、今年も9月に開催します。
はじめましての方、1年ぶりの方、お会いできるのを楽しみにしていますきらきら

シブリングサポーター研修ワークショップ(大阪第3期)
詳細、お申し込みはこちらから…↓
https://www.kokuchpro.com/event/ssw18/

シブサポチラシ2018大阪.jpg

■日時:2018年9月22日(土)10:00〜16:00
■会場:ドーンセンターパフォーマンススペース
■第1部 10:00〜12:30
 講義+グループワーク 
 参加費:2000円 定員50名程度
※テキスト、修了バッジ、「この施設にはシブリングサポーターがいます」ステッカーつき。
※第1部修了でシブリングサポーターとして認定されます。
■第2部 13:30〜16:00
 小学生きょうだい向けのワークショップ
「きょうだいの日」を大人同士で体験してみよう
 参加費:第1部と合わせて4000円 定員20名


第2回シブリングサポーターミーティング
詳細、お申し込みはこちらから…↓
https://www.kokuchpro.com/event/ssm18/

シブサポミーティング18.jpg

今年のゲストは、きょうだい支援を広める会の有馬靖子さんですきらきら
「どうしてきょうだい支援をはじめたの?」「どうやってきょうだい支援を成長させてきたの?」「世界各国のきょうだい支援はどんななの?」をテーマに、貴重なお話うかがいます。

■日時:2018年9月23日(日)13:30〜16:30
■会場:ドーンセンター大会議室
■参加費:2000円
※シブリングサポーター研修ワークショップの正式版を修了された方(修了バッジを付与された方)が対象になります。

---
そして嬉しいご報告!
8月18日、きょうだい支援を広める会の有馬さんと、仙台の認定特定非営利活動法人アフタースクールぱるけの谷津さんのサポートのおかげで、福島県いわき市にシブサポの輪つなげていただきましたきらきら

ssw-iwaki2.jpg

昨年の多摩シブサポで200人突破したシブリングサポーターさん。いわきで300人突破ですきらきら

ssw-iwaki1.jpg

今年度のシブサポは、9月大阪、12月群馬、来年1月和歌山の予定が決まりつつあります。きょうだいさんたちを見守る応援団の輪、まだまだつなぎますにこにこよろしくお願いいたします平謝り‍♀️


大丸2シブリングサポーター研修ワークショップの開催はタケダ・ウェルビーイング・プログラムの助成で支えていただいています。ありがとうございます!

大丸2きょうだい支援をもっともっと広げるために、たくさんのアイディアをかたちにするために、サポーターさんになって一緒に活動を育て支えていただけると大変ありがたいです。よろしくお願いします。
しぶたねマンスリー応援会員さん募集ページ https://congrant.com/project/sibtane/257
Posted by だいひょ at 14:22 | シブリングサポーター | この記事のURL
千葉シブサポ、あたたかくて熱くて最高でした! [2018年03月31日(Sat)]

今年度最後のシブサポは、千葉の「とうかつきょうだい支援企画実行委員会」さまに呼んでいただいて、「障害や病気をもつ子どもの「きょうだい」の気持ちを知ろう!」という、きょうだい支援座談会つきのイベントの一部で実施させていただけました。

f126492fb3f90ebe948545c81db1b653.jpg

お世話になったみなさま、ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました!

29572982_572784566421968_6290880080676899569_n.jpg

43名の方が研修WSを修了してくださり、シブリングサポーターさんは合計297名になりました。

29597482_572784509755307_8023852650149075658_n.jpg

300人がもうすぐそこですきらきらアンケートが「もっと講義が長い方がよかった」という理由で満足度が下がっていたのは今回が初めてのこと。とうかつ熱いです〜。心強いです〜。

きょうだい支援とうかつ座談会は、きょうだい児の立場の方、親御さんの立場の方、会場の方、みんなが大切な気持ちを安心して話せて、うんうんと受け止め合う、とてもとてもすてきで大切であたたかな時間でした。
小児慢性特定疾病児童自立支援事業の介護者支援事業として「きょうだい支援」のすばらしい取り組みを行っておられる例も紹介され、いっぱい希望を感じて帰ってきましたきらきら


そしてそして…今年度のシブサポを助成していただいたタケダ・ウェルビーイング・プログラムの継続2年目助成に採択していただきました!
http://www.civilfund.org/grant/tkd-17ichiran.html
2018年度は新たな取り組みも増やしつつ、シブサポの輪、さらにひろげてつながりたいと思っています。これからもよろしくお願いいたします!
Posted by だいひょ at 22:42 | シブリングサポーター | この記事のURL
大阪第2期シブサポ研修WSと第1回シブサポミーティング [2017年10月29日(Sun)]

昨年開催したはじめてのシブサポ研修WSから1周回って、9月23日大阪第2期シブサポ研修WSを無事開催することができました☆来てくださったみなさま、お手伝いに来てくださったみなさま、本当にありがとうございました!
午前中の講義とグループワークを終え、37名の方がシブリングサポーターさんの輪に加わってくださいました。今日で合計160名!

ssw-o2-1.jpg

午前のプログラムはきょうだいさんたちのしんどさにぐっと近づく内容になっていて頭と心をたくさん使っていただきます。午後のワークショップ体験はきょうだいさんたちの「子ども」の部分に焦点を当てて…安心で、楽しくて、思わず笑っちゃう、そんな時間をみんなでつくることを体験していただきます。今回も楽しみ上手な方がたくさんご参加くださり、いっぱいたすけていただきました(感謝)。きょうだいのサポートのひとつのかたちとして、持ち帰っていただけることがひとつでもたくさんあるといいなと願ってプログラムを考えています。
ひとつひとつのゲームの解説メモがほしいというリクエストよくいただきます。実はテキストにほとんど載せていますし、他にもいろんなゲーム載せてますので参考にしていただけたらと思います。

今回のアクティビティはこんなでした。
@じゃんけん列車
Aごあいさつ
Bキャッチ
C最後に残るのは誰?(洗濯バサミ)
D新聞キャッチボール
Eとおせわっかっか(新聞紙3枚でわっかをつくります)
Fすすめわっかっか(1チームにわっかを2つ)
Gさんかくおに
Iステレオゲーム
J風船サッカー
-----

翌日24日は、第1回シブリングサポーターミーティングを開催しました!
シブリングサポーターになってくださった方々で集まり、つながり、学び合い励まし合い、明日から使える技を持って帰られたりもするような場をつくりたいなあという思いでまずは最初の一歩です。

ssm-1.jpg

部屋争奪戦に負けて特別会議室という無駄にかっこいい部屋になってしまいましたが(笑)、この1年シブサポ事業としてやってきたことのご報告と今後の目標について、サポーターのみなさまに共有していただきました。きょうだいに出会う人はみんなきょうだいの支えになれる人。点から面に。もっともっと輪を広げていきたいです。

今回の「明日から使える技」は、きょうだいさんのことで悩んでおられる親御さんからよく聞かれる「きょうだいとちょこっとあそべること教えてほしい」のご質問にサポーターとしておすすめゲームをいくつかお伝えできるようになったらいいなという思いで、保育士でおもちゃコンサルタントのいちご先生に講師をお願いしました。36枚の大作パワポでたくさんたくさん教えていただきました。

ssm-2.jpg
これはよーいドンでごっつんこしたらじゃんけんをして、勝った人がぐりぐり●を描くゲーム。子どもの描いた線を親御さんがおっかけるゲームも同じ材料でできます♪

ssm-4.jpg
てぶくろちゃんも作りました☆軍手を買う時に「グレーもあったら可愛いんじゃないかしら?」と思いついてしまったばっかりにお地蔵ちゃんが大量発生(笑)。

親子で自然にふれ合えて、ほんの少しの時間で笑顔になれる技、いっぱい笑ってたくさん詰め込んだ後は、自己紹介ゲームで全員と仲良くなっちゃいます。
ssm-5.jpg
(用意、スタート。で、誰も来てくれなくてひとりだけぽつん…の理事長。どういうことなのでしょう…。)

みんなでわいわい仲良くなったところでグループに分かれ、これまでに出会ったきょうだいさんのお話、可愛かったこと、せつなかったこと、悩んだこと、頑張ってること、嬉しいこと、グループごとに共有して終了になりました。また来年、この1年に出会ったきょうだいさんたちのことをみんなで想える場、悲しかったことや悩んでいることを相談できる場、嬉しかったこともみんなで共有して何倍にもできる場、つくります。そんな場があることに、なによりしぶたねが支えられていることを最近よく思います。全国に仲間がいる心強さ!

全国のシブリングサポーターさんとの再会を楽しみにしています。これからもご一緒に、きょうだい支援の波を起こしましょうひろげましょう☆しぶたねも頑張ります。よろしくお願いします_(_^_)_

---
2017年度の「病気の子どものきょうだい支援を広げるためのシブリングサポーター養成事業」は、タケダ・ウェルビーイング・プログラム2016の助成により行われています。ありがとうございます!
Posted by だいひょ at 16:05 | シブリングサポーター | この記事のURL
| 次へ