CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年12月 | Main | 2012年02月»
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
色のめがね (iPhoneアプリ)・その3 [2012年01月21日(Sat)]


ユニバーサル・デザインを考えるテレビ番組

石井ちゃんと ゆく!」の過去の放送でも、

iPhoneアプリ「色のめがね」は

取り上げられていたんですね。





↓ 今日も応援のクリックありがとうございます。


にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
Posted by shibano at 07:23 | この記事のURL | コメント(0)
色のめがね (iPhoneアプリ)・その2 [2012年01月20日(Fri)]


iPhoneのアプリ「色のめがね」を

実際に、使ってみました。


このアプリ「色のめがね」は、

色弱の人にとって見分けにくい色を

見分けられるよう作られた
無料のアプリです。


素敵なアプリですねー。


↓ 今日も応援のクリックありがとうございます。


にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
Posted by shibano at 21:12 | この記事のURL | コメント(0)
色のめがね (iPhoneアプリ) [2012年01月19日(Thu)]


札幌在住の浅田さんが開発した

iPhoneのアプリ「色のめがね」。


以下、「色のめがね」の説明です。


見えにくい色を見る、見分けにくい色を見分ける!

「色のめがね」は、色の認識や弁別をサポートする

色覚サポートツールです。

ユーザの色覚タイプに合わせて、すべての色を領域分割します。

そして、注目する色領域に属する色の明度や色度を

リアルタイムに変化させ、 混同しやすい色がなるべく重ならないように

することによって色弁別をしやすくします。



素敵なアプリですねー。


↓ 今日も応援のクリックありがとうございます。


にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
Posted by shibano at 21:39 | この記事のURL | コメント(0)
色のシミュレータ (iPhoneアプリ)・その3 [2012年01月18日(Wed)]


ユニバーサル・デザインを考えるテレビ番組

石井ちゃんと ゆく!」の過去の放送でも、

iPhoneアプリ「色のシミュレータ」は

取り上げられていたんですね。





この「石井ちゃんと ゆく!」のホームページには、

次のような文章が載っていました。


ここで、「このアプリを使ってみよう!」という皆様にお願いです。

これを決して「体験」だけに終わらせないで下さい。

単にシミュレートしてみるのみならず、

巷に溢れている広告の色使いに見づらい色はないか?

きちんと書かれている情報が色弱の人にも読めるのか…について

チェックし改善するのに役立てて頂きたいのです。

そして、知らない人にこうしたソフトの存在を

どんどん教えてあげて下さい。

多くの人が理解・意識するようになり、いずれはそうしたソフトがなくても

誰もが見やすい色使いが当たり前になることが、

こうしたソフトの一番の目的なんですから。



素敵なメッセージですね。


↓ 今日も応援のクリックありがとうございます。


にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
Posted by shibano at 17:38 | この記事のURL | コメント(0)
色のシミュレータ (iPhoneアプリ)・その2 [2012年01月17日(Tue)]


iPhoneのアプリ「色のシミュレータ」を

実際に、使ってみました。


家の中の「観葉植物」を写してみました。

いつもとは、ちょっと違う色に見えました。


興味深いです…。


↓ 今日も応援のクリックありがとうございます。


にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
Posted by shibano at 19:51 | この記事のURL | コメント(0)
色のシミュレータ (iPhoneアプリ) [2012年01月16日(Mon)]


札幌在住の浅田さんが開発した

iPhoneのアプリ「色のシミュレータ」。


色弱の人がどう見えているかシミュレーションできるソフトです。


iPhoneについているカメラを見たいものに向け、

「P型」「D型」「T型」の色弱のそれぞれのタイプを選んで

ボタンを押すだけという簡単操作です。




しかも、フリーソフトです。すごい!


↓ 今日も応援のクリックありがとうございます。


にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
Posted by shibano at 23:26 | この記事のURL | コメント(0)
カラーメイトテスト(CMT) [2012年01月16日(Mon)]


色覚異常の子どもたちが、

実際はどんな色が見にくいかを知るための簡便なテスト

カラーメイトテスト(CMT)」が

教育関係者から注目されているそうです。


1958年から2002年まで、

日本の小・中・高校の学校健診では色覚検査があり、

淡い色の点で描かれた数字などを読み取る「石原表」が

使われていました。


「石原表」は、男子の4.5%が誤読するそうですが、

「カラーメイトテスト」は、2%で、

半分以上が実際には問題なかったそうです。


また、どんな色の組み合わせが見えにくいかがわかるため、

黒板のチョークの色、教科書の図版の色などへの

具体的な配慮が可能になるそうです。


↓ 今日も応援のクリックありがとうございます。


にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
「学ぶ作業所」 フォレスクール [2012年01月15日(Sun)]


「フォレスクール」の昨年2月のレポートのに書かれていた

紀南養護専攻科を考える会」の出口会長さんの

お話を読ませていただきました。



「フォレ方式」「和歌山方式」と言われ、

福祉施策で行う専攻科、いわゆる「学ぶ作業所」は、

(昨年のこのレポートが書かれた時点で)

開所予定を含めて、以下のような町にできているそうです。


和歌山県内では、フォレスクール(田辺市)、結い(和歌山市)、

 シャイン(岩出市)、ラポルテ(有田市)、ステップ(新宮市)。

岡山県では、ジョイスクール(倉敷市)。

兵庫県では、エコール神戸(神戸市 )。

京都府では、ろむ(京丹後市)。

北海道では、チャレンジキャンパスさっぽろ(札幌市)。



和歌山の「フォレスクール」が開設されて

たった3年でここまで広がり、

そして、今後まだまだ広がりそうな勢いのようです。


↓ 今日も応援のクリックありがとうございます。


にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
フォレスクール [2012年01月15日(Sun)]


社会福祉法人ふたば福祉会が運営している

和歌山県田辺市芳養町の福祉作業所「たなかの杜」の施設内に、

特別支援学校の卒業生らが生活訓練を受ける場

フォレスクール」があるそうです。


経緯としましては、

2006年に、「はまゆう支援学校」の育友会の方たちが

障害者の大学に当たる「養護専攻科」(2年間)の設置を目指して

「紀南養護専攻科を考える会」を発足させたそうです。


考える会の出口会長さんは、

会の一番の目標は「はまゆう支援学校高等部の上に専攻科をつくる」。

それができない場合は、

「福祉施策を使った専攻科のようなものをつくる」と考え、

働き掛けが実った結果、

ふたば福祉会が新設した多機能型施設内に

「フォレスクール」が開設されることになったそうです。


↓ 今日も応援のクリックありがとうございます。


にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
エコールKOBE [2012年01月15日(Sun)]


福祉事業型「専攻科」の、「エコールKOBE」さん。


障害者自立訓練(生活訓練)事業を使った事業で、

養護学校の高等部以降の「学びの場」となるんですね。


養護学校の高等部を卒業した後の進学先は、

あまりありませんので、とてもいいことですねー。


↓ 今日も応援のクリックありがとうございます。


にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ