CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年02月 | Main | 2012年04月»
<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
児童虐待から子どもを守るために、民法の「親権制限制度」が見直されました [2012年03月08日(Thu)]
120310sinken.jpg

近年、その親権を濫用し、

子どもに暴力を振るったり、

子どもを放置したりするといった児童虐待が増えています。


そのような中で、児童虐待から子どもを守るため、

民法の「親権制限制度」、「未成年後見制度」が改正され、

平成24年4月1日から施行されるそうです。


120310sinken2.jpg

新たな親権制限制度では、従来の親権を奪う「親権喪失」に加え、

最長2年間、一時的に親権の行使を制限する「親権停止」が

創設されたそうです。


「親権喪失」「親権停止」の原因として、

「子どもの利益を害するとき」が明記されたそうです。


親族や検察官に加え、

子ども本人や未成年後見人も、「親権喪失」「親権停止」を

請求できるそうです。


社会福祉法人などの法人や複数の個人でも、

未成年後見人になることができるようになるそうです。


↓ 今日も応援のクリックありがとうございます。


にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
| 次へ