CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
食育暮楽部
暮らしを楽しみながら食育推進団体
« 夏休み 親子ではじめてクッキング | Main | 磯沼ミルクファーム体験 生産者と交流しよう »
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
大堀聡子
食育暮楽部10周年記念講演 (05/31)
夏休み!幼稚園親子で初めてクッキング[2012年07月31日(Tue)]
DSCF8098.JPG毎年夏休みの前半に、子どもの手でちぎるだけでもできるお手伝いを紹介しながら、
メインははじめて包丁を持つ子ども、親へ
どういう注意をうながしていけば怪我がなくこなせるか?
ということを重点に開催しています。

3.JPG自分で切ったきゅうりは格別なのか、
「今まで食べたことのなかったきゅうりを食べることができました」
などのコメントをいただきました。
ちょっとした体験でも自分もしっかり準備に関わっているんだ。
自分も参加して立派に1品作成できた。
という達成感が子ども達からみなぎっていて、
おぼつかない手付きでドキドキした前半から15分くらいたつと、
みんな立派にこなしている姿が見られました。子どもの秘めた可能性に惚れ惚れします。

これからまだまだたくさんできることがあり、発見があり、
楽しく感じてもっと知りたい、もっとやりたい、聞きたい、
この気持ちにさせることが勉強教育のベースだなと感じます。

DSCF8162.JPGあわせて後半の徳永講師からのお話もお母さんたちにとっては貴重な時間になったようです。
「わかりやすくためになることばかりで、私も少しでも頑張れることを
大事な子供の幼少期にやってあげたい」
「やることに追われて過ごしがちなので、少し考えることができてよかった」
「もう少しゆとりを持って子育てしたいと考えさられました」

などなどほぼ全員の方からコメントをいただきました。
子どもたちの保育も飽きてしまうのでほんの15分〜20分の講話なのですが、
毎回この親だけのちょっとした時間が大切なのではと主催者からも感じる時間です。

さて、親が徳永講師の話に頷いていた頃、子ども達はというと、
「野菜のパーティーおおさわぎ」という復習にはちょうどよい
絵本の読み聞かせをしてもらったり、食べ物パズルで遊んだりしていた時・・・

DSCF8191.JPG黒いマントに黒い顔、見たことあるイヤな角がでたバイキンマンが
どこからか、やってきてしまいました!!
大人がみればアイメイクをちょっと黒くハデにしたくらいなのですが、
小さな子どもにとっては本物がきたと思うようで、
さっと顔色が変わり母親のもとへ逃げる3歳。
涙が出てきてしまった女の子・・・・
でも5・6歳になるとバイキンマンとおしゃべりもできるようで、
トマトを食べた。きょうりを切った。
などと野菜を次々と言えて、バイキンマンからのクイズにも見事制覇、
野菜パワーで逃げるバイキンマン。
その頃には逃げた3歳児は戻ってきて、「えいっ」とやっつける。
見事な子どもたちのチームワークと野菜パワーでバイキンマンをやっつけた。
と大変盛り上がりました。

この夏の体験が来年、再来年、10年後の何かのきっかけになればうれしいです。
食育の成果は明日にでないかもしれない。
でも信じて続けていれば必ず子どもには伝わります。
子どものこれからの可能性を信じて、豊かな食文化を育んでいただきたいと切に願います。            
森野
この記事のURL
https://blog.canpan.info/shokuiku/archive/99
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

食育暮楽部さんの画像
食育暮楽部
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/shokuiku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shokuiku/index2_0.xml