CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
食育暮楽部
暮らしを楽しみながら食育推進団体
« 磯沼ミルクファーム体験 生産者と交流しよう | Main | 幼児のステップアップ講座〜咀嚼と味覚〜 »
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
大堀聡子
食育暮楽部10周年記念講演 (05/31)
「生産者とのふれあい」〜都心で繰り広げる牧畜の試み〜[2012年09月02日(Sun)]
ジェシー.JPG都心で民家と隣り合わせながらも、
牧畜を経営している磯沼さんから、
その知識やモッツァレラチーズ作り、乳搾りなど
様々なことを体験させて頂き教わりました。

牧場には磯沼さんが石を積み上げて作った窯があります。
牛舎の牛は、牛の年齢ごとに分けられ、その階級社会を学べるようになっています。
牛舎の中は自由放牧になっていて、牛は自分たちの意志で、
自由に寝て自由にえさを食べることが出来ます。
このおかげで牛にはほとんどストレスがなく、鳴くことがありません。
また臭い消しのために、堆肥などにコーヒーやカカオマスを混ぜます。
牛の鳴き声がなく臭いもないので、近隣には全くと言って良いほど迷惑がかかっていません。
これが都心の真ん中で牧畜が出来る理由です。

milk.JPG牛乳、飲むヨーグルト、キャラメルシロップの試飲をさせていただきました。
昼には、モッツァレラチーズと野菜をはさんだパニーニ、
あらかじめ磯沼さんが煮込んでくださっていた牛すね肉のスープ、
そしてサラダを頂きました。
牛の乳からはチーズやヨーグルトが作られ、
牛自身からは肉がとれ、捨てる所がないことを肌で学びました。

P1200048.JPGモッァレラチーズ作り体験では、牛乳にヨーグルトを入れ
少し固まってきた状態のチーズをナイフでカットしたり、
最後にチーズの成形をするお手伝いをさせて頂きました。
工程の途中に出てくるホエーは昼食の時に試飲しましたが、
酸味がなくとても飲みやすいものでした。

DSCF8256.JPG今回の体験では、臭いが気にならない、牛の鳴き声が目立たないなど、
牧場に対する印象が変わったと思います。
ほとんどの牧場は自然のある田舎で経営していますが、
努力次第では住宅街が周りにある都心であったとしても成り立つものなのだと肌で感じました。
<担当 K>
この記事のURL
https://blog.canpan.info/shokuiku/archive/98
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

食育暮楽部さんの画像
食育暮楽部
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/shokuiku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shokuiku/index2_0.xml