CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
食育暮楽部
暮らしを楽しみながら食育推進団体
« 大盛況!味噌スイーツ講座 | Main | 第6回春の明治神宮ウォ−キング&一汁三菜ランチ »
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
大堀聡子
食育暮楽部10周年記念講演 (05/31)
乳幼児食育サポーター講座〜入門編〜[2010年02月22日(Mon)]
乳幼児食育サポーター講座〜入門編〜

1月に引き続き第2回目が開催されました。
今月は保育園看護師、森住先生より
「子どもの生活習慣、早寝早起き朝ごはん、
子どもの食べ物アレルギー」などについて講義いただきました。

参加されたお母さんから、「理想の早寝と早起きの時間は何時ですか?」の
質問に「8時寝る6時起床」という時間に、
改めて現在の時間配分を改めるきっかけ提案に
なったことと思います。
実際に、共働きで帰宅前に保育園にお迎え、買い物、
それから夕食の支度などしていたら、
夜ご飯が8時なんて家庭は多いと思います。
理想と現実は違うけれど、めざす理想を把握しているかいないかは大きく、
大人の勝手に子どもの生活が振り回されているのは
子どもの成長や発育に関わる問題ですね。

また保育園で実際に提供されている給食、
おやつの献立を事例に献立作成のポイントなどご説明いただきました。
現代ではアレルギー疾患の子どもも多く、その対応等ご興味のあるお話でした。

後半はファシリテーター竹迫さんを囲み、
先月の自己紹介と悩みトークでどんな感じの方々が
ご参加されたのかよくわかったところで、
今回は先月でてきた食の問題点、悩み

食卓環境の改善
食の安心安全
偏食をなくしたい

この3つの課題をグループにわかれて、
問題解決に向けて自分たちで意見を出し合い
解決策の具体案をだしてもらいました。
実際に子育て中のお母さんからの意見なので、
無理しすぎることなく、うちの子は今こうしているなどの実例とともに
たくさんのアイデアがでてきました。

まとめた模造紙はなんだか立派な意見がまとまり、
何から取り組んでみようかしら?
なんて思わずにいられないものとなったことと思います。
このような作業から自信もわき、
自らの行動変容につながる食育だと思います。
この講座をきっかけに乳幼児サポーターへの
ご登録が3名新規に増えました。
現在の食育サポーターのママたちとまた新たに、
4月以降の食育講座を一緒に作り上げながら、
それぞれの個々の家庭に還元してもらえればと思います。

4月以降の親子の食育予定です。

食育ママ講座 (対象0〜3才親子) 4・5・6・12月
幼稚園親子のクッキング (対象4〜6歳親子) 7・11月
乳幼児食育サポーター講座 (対象子どもが4才以上の母親、保育なし、渋谷区近隣優先)
             9・10・12・1月
小学生のための食育クッキング (対象 小学1・2年生)3月
この記事のURL
https://blog.canpan.info/shokuiku/archive/45
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

食育暮楽部さんの画像
食育暮楽部
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/shokuiku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shokuiku/index2_0.xml