CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
しずおか障害者就労支援ネットワーク(静岡県ジョブコーチよりこんにちは)
 浜松NPOネットワークセンター(N-Pocket)が2001年から2002年まで静岡県から委託された「静岡県障害者就労支援ネットワーク体制づくり」において開かれたジョブコーチ養成講座受講生(52名)の中から15名の静岡県ジョブコーチが生まれました。
 翌年には、誕生した静岡県ジョブコーチ自身が、静岡県内に6つの拠点をつくりました。それら6つの拠点が繋がって「しずおか障害者就労支援ネットワーク」が誕生しました。
 現在は、三島、富士、静岡、藤枝、中遠、浜松、湖西の7拠点になっており、所属する静岡県ジョブコーチも50名を超えています。
 ブログでは、静岡県ジョブコーチの日ごろの活動ぶりや、ときには美味しい話題などものせていきます。
« 2021年02月 | Main | 2021年04月 »
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
おいしくご飯を食べ、ぐっすり寝よう![2021年03月02日(Tue)]
「心で見なければものごとはよく見えないってこと。大切なことは目に見えないんだよ。」
これは【星の王子様】に出てくる有名な言葉です。
私がこの本に出合ったのは小学高学年の頃でしょうか。
「そりゃそうだ。」と簡単に思い、わかったような気になっていました。

次に読んだのは高校生の時。「ん?お! 奥が深いぞ」と感じました。
何度も引っ越しをしましたが、毎回「必要な物ダンボール」に入って現在も手元にあります。漠然と抽象的な表現の中、読む時期、自分のおかれた状況下に応じ様々な解釈ができる不思議な物語です。

今年度から拠点代表をやらせて頂き、わからないことだらけ。
解らない事を誰かに聞けば良いってこともわからない状況。
ひとつの事が片付かないうちに次々と、、、正直「ひゃぁ〜」と思う事ばかり。
そんな時、現実逃避!!と本を読んでみましたが、小説や細かい字が頭に入ってきません。
絵本や児童書を引っ張り出し「時間が無いのに、私ったらぁ」と自己嫌悪に陥りながらも読んでいました。
2歳児の絵本に癒されながら、自分に余裕が無かったことがはっきり自覚できました。

心に余裕が無い時は人の何気ない言葉が引っ掛かってしまいます。自分の気持ちの持ち方ひとつなんだとわかっていたようで解っていなかったようです。言葉かけの「言葉」の大切さもわかっているようで解っていなかった。
【自分はわかっていない。知らない事が多い】を自覚する事は実はとても大切だったんだと身をもって知ることにより、気持ちが楽になってきました。

心が軽くなるとクリアに色々な事が見えてくると思います。
目に見えない大切なものを見つける楽しみが出来ました。ワクワクしてきますぴかぴか(新しい)
その為にご飯をしっかり食べて「う〜ん美味しい!し・あ・わ・せexclamation」朝起きて「う〜ん良く寝た!し・あ・わ・せexclamation」と言える毎日を積み重ねていきたいと思っています。
こんな私ですが、まだ伸びしろがあるはず!と自分に言い聞かせてジョブコーチをやっていくつもりでいます。
(中遠拠点 大塲)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

しずおか障害者就労支援ネットワークさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shizuokakenjobcoach/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shizuokakenjobcoach/index2_0.xml