CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
しずおか障害者就労支援ネットワーク(静岡県ジョブコーチよりこんにちは)
 浜松NPOネットワークセンター(N-Pocket)が2001年から2002年まで静岡県から委託された「静岡県障害者就労支援ネットワーク体制づくり」において開かれたジョブコーチ養成講座受講生(52名)の中から15名の静岡県ジョブコーチが生まれました。
 翌年には、誕生した静岡県ジョブコーチ自身が、静岡県内に6つの拠点をつくりました。それら6つの拠点が繋がって「しずおか障害者就労支援ネットワーク」が誕生しました。
 現在は、三島、富士、静岡、藤枝、中遠、浜松、湖西の7拠点になっており、所属する静岡県ジョブコーチも50名を超えています。
 ブログでは、静岡県ジョブコーチの日ごろの活動ぶりや、ときには美味しい話題などものせていきます。
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ジョブコーチになって[2020年12月24日(Thu)]
静岡拠点の大木弘之です。

どこからか、とあるランドセルのコマーシャルの歌が聞こえてきます。
「ピカピカの一年生ぴかぴか(新しい)
そうです。今年晴れてジョブコーチになったのです。
とは言っても、この世に生まれてから半世紀が過ぎ、メガネを外して本や資料を読む機会が増え、正真正銘のピカピカの一年生の娘といっしょに全速力で走ると、翌日には筋肉痛が待っているという、少々体がくたびれているピカピカの一年生です。

さて、これまでにいくつかの支援について関わらせていただいていますが、皆さん一生懸命働いています。本当に一生懸命です。
世の中に出て働き始めてうん十年たち、その経験からか手を抜くというズル賢い技を習得している私としては、一生懸命の姿を見てとても新鮮に感じます。その影響からか、どうやったらうまくかかわれるかな、こうやったらどうかと支援の前に思いを巡らせるようになり、いつのまにかこちらも一生懸命になってきました。

話は変わりますが、モチベーションを保つのは誰にとっても大変ですが、当然支援対象者にとっても大変です。モチベーションってなんだろう、ジョブコーチですから仕事に関連することが主になるのですが、なかなかいい答えが見つかりません。
人それぞれと言われてしまえばそれまでですが、あれがしたい、これが欲しい、こう思われたい、そうやっている自分が幸せというようなことを貪欲に考えるタイプの人はきっとモチベーションを高く保てるのではないでしょうか。

障害を抱える方々の中には余暇の過ごし方が苦手な人がいて、家でゴロゴロ過ごす、ゲームにはまるなど、「全か無かの法則」のような感じの場合もあります。
仕事を頑張って疲れたから家でゴロゴロ過ごす方はまだ良いと思いますが、家で何もすることがないから結果的に家でゴロゴロ過ごす方たちはどうでしょうか。
なんとなくモチベーションという概念が、その方から薄れていくような感じになるのではないでしょうか。仕事も休暇も区別が薄くなり、だんだんフラットな時間が流れていくようになるのではと思ってしまいます。
ジョブコーチが、あるいは社員さんがいつもついていれば声がけしてモチベーションが保てるのかもしれませんが、そうでない場合はどうするのでしょうか。
お客さんに「ありがとう」といわれた場合に「うれしい」と思えれば良いとも思います。掃除をしてごみがなくなって「気持ちいい」と思えればモチベーションを保つのに役立ちます。
でも、そうでない場合は・・・・
(あれや、これやという思考が続く)・・・

気がつくと、どこからか『ピッカピッカの、いっちねんせい』と歌が聞こえてきます。
 
そうでした。自分がピカピカの一年生だったのです。これまでの仕事人生で効率よく手を抜く技を習得したと自負していたのですが、「一年生」という言葉には簡単に負けてしまいました。
入社したてで一生懸命だった頃の自分に戻ってしまったようです。体は別にして。
体はともかく、心は若いつもりでジョブコーチ一年生を頑張っていきたいです。

小さな目標[2020年11月19日(Thu)]
富士拠点 保坂です。
秋も一段と深まり、鮮やかな紅葉の季節となりましたね。
気が付けば今年も残すところあと1か月。早いものです。

ところで、私・・・買っちゃいました。
スピンバイク(室内用自転車型トレーニング器具)を買っちゃいましたーexclamation

思えばこれまで、足を左右にパカパカ開く器具とか、腹に巻いてブルブルさせる器具とか、いろいろなものを買ってきましたがどれも長続きせず・・・・それらの器具はいつの間にか家から姿を消していました。
なので、今回こそは!と固く心に誓い、(毎回そう誓っているような気もしますが)熟考の上、購入しました。

どうしてスピンバイクを買おうかと思ったかというと、近年精神障害の方の支援をすることが多くなり、勤務時間が4時間程度だったのでフルで支援にはいってもあまり疲れを感じませんでしたが、最近久しぶりにフルタイムの方の支援を担当したら足腰が痛くなってしまって(笑)
階段の上り下りをするときも息が上がってしまって対象者に置いていかれそうになり、「こりゃ運動不足だわ」と実感したのです。
それに、年齢を重ねるごとに「健康でいられることのありがたさ」も痛感し・・・いつまでも元気でいるために、適度な運動って必要だなと感じたのです。今はコロナ禍ですし、家で運動できた方が安心ですしね。

で、待ちに待ったスピンバイクが到着し、いざ漕いでみると・・・なかなかしんどいexclamation×2 
スピンバイク、なめてました(笑)

今までの私だったら「10キロ痩せる!」とか「毎日1時間運動する!」とか、三日坊主を絵にかいたような私が到底実行できそうにない目標を立てていました。その結果、最初はとっても頑張るんだけど当然続かず・・・いつの間にか健康器具は物干しか観賞用になっていました。なので、今回は「とりあえず1日1回スピンバイクに座る」と目標を立てました(笑)「なんやそれ!」と突っ込みが入りそうですが、つまり「小さな目標」にしてみたわけです。そしたら、あら不思議。座ると「せっかく座ったんだから漕いでみるか」という気持ちになるんです。で、テレビを見ながら漕いでいるといつの間にか30分くらい漕ぐことができるようになったんです。
買ってから今までまだ1か月半しか経っていませんが、私にしては珍しく続いています。

以前、私が支援した精神障害の方(勤続年数10年)に「精神障害の方はなかなか職場定着しないと言われている中、どうして10年も継続して就労できているのだと思いますか?」と質問したところ「1日1日を頑張ろうと心掛けていたら、それが積もり積もっていつの間にか9年になった」と話してくれたことをふと思い出しました。
目標は小さくても、それを達成することを積みかさねていくと、やがては大きい達成に繋がっていくのかもしれないなあと思いました。

私のスピンバイクはいつまで続けられるかわかりませんが、健康を維持できるよう、そして、スピンバイクが物干しにならないよう、コツコツと「小さな目標」を達成し続けていけたらと思います。
しあわせのかたちは、人それぞれ[2020年10月29日(Thu)]
こんにちは。
三島拠点、西島です。
2017年にジョブコーチ養成研修を受講し、昨年の12月より活動をさせていただいております。

日々の活動の中では、対象者の方々が、仕事の中や生活の中でどのようなことを楽しみにして、または困ったりして暮らしているのか、何度か一緒に考えさせてもらうことがありました。
それは本当に様々な内容です。

先日、支援先の現場の方と最近の様子についてお話をさせてもらっているときのことでした。
先輩のジョブコーチから
「しあわせのかたちは、人それぞれです」ということばをききました。
私は、はっとしました。
対象者や事業所の「困っていること」を考える中で、いつの間にか自分の中だけでこうなったら良いのでは・・・やっぱりこうしたほうが・・・と感じてしまっていたのではなかったかなと振り返りました。
それから、今も考え続けています。

こんなことを思い出しました。
数年前に重度の障害をお持ちの女性とお話をさせてもらったときのことでした。
その日は息子の体調が朝からよくなく、女性との約束の時間に遅刻をしてしまいました。
私はお詫びと息子は仕方がないので学校を休ませたことをお伝えしました。

するとその方は、「親はどうしても、自分の通ってきた道を子どもにも最低限させたいと願っていると思います。けれど子どもはそんな風に思うかしら。私は子どものころから車いすの生活だったけれど、結婚をして娘を産みました。親は、そんなことは無理だと言ったけれど私はやってみたかったのよ。それが、私のしあわせだと思ったから。」
そのときのお話は子どもと向き合うときに今も頭に浮かんでくるのです。

自然の猛威や思わぬ社会の現象によりしあわせのかたちは多様化しています。
誰ひとり同じ顔の人がいないように、考え方や価値観、出来ることや出来ないこと、そしてしあわせのかたちもひとそれぞれなのだと思います。

就労の場においては、雇用主も働く側もお互いのしあわせを大切にできる関係のお手伝いを、ジョブコーチの活動のなかでも心掛けていきたいと思うのでしたかわいい
「With コロナ」の暮らし[2020年09月25日(Fri)]
少し気が早いですが、今年も残すところあと3ヶ月です。
「コロナ拡散」に振り回された9ヶ月でした。
季節感を感じる行事はすべて中止です。
ただただ恐怖を感じ、自粛生活でしたよね!

「手洗い・うがい・消毒・検温」を繰り返し、人を見れば一歩いや数歩退きます。
生活様式がすっかり変わりました。
テレビの「コロナ情報」に一喜一憂です。
学校も休校です。スーパーに行けば、レジにはビニールが張られスタッフさんは手袋です。
思い浮かべたくない情景ばかりです。
「これからどうなるの…」と気持ちは滅入るばかりでした。

でも【人】って素晴らしいですねexclamation
与えられた環境の中でいろんな事を考え工夫し楽しむことができますぴかぴか(新しい)
また、新たな「気づき」「楽しみ」もできます。
拡散を防ぐ「マスク」は何時からかファッションとして楽しむようになりました。
何年か振りでミシンを出し「手作りマスク」タイムを楽しみました。

健康管理にも気を配り、運動不足解消にテレビ体操を始めました。
家庭菜園の余剰野菜で保存食作り、ラインで写真を交換し褒めあいました(笑)
お菓子やパンづくりを孫たちと楽しむ?こともできました。
(苦手な整理整頓は未だ手つかずですがあせあせ(飛び散る汗)
前向きな日常を取り戻しつつあります。

JC支援でも今まで想像しなかったことが・・・
会議・研修は【Zoom開催】です。
直接会えない寂しさはもちろんありますが、いつもの顔を見ることはできます。
Zoom会議だなんて話題のテレワーク?・・・なんか時代にのれたような嬉しさをちょっぴり体験!!

対象者支援では、現場支援に入りにくい環境や対象者の自宅待機などアクシデントが発生しました。
しかし、事業所担当者様から相談や現況報告の電話を頂いたり、また対象者さんへ近況確認の電話では「たくましさ」を感じることができました。
「コロナに負けていない!」と私は思わず笑顔です。

外見は「ソーシャルディスタンス」ですが、気持ちは「密」です。
今後も、「小さなことに喜びと感謝」をモットーに、もうしばらく続くだろう「withコロナ」生活を前向きに過ごしたいです。

湖西拠点 二橋

イングリッシュ・ローズに思いを寄せて[2020年08月31日(Mon)]
今年、日本中で一番暑いと(41℃)浜松は有名になりました。
庭の花にも異変があり、夕顔は、夕方涼しくなると香り漂い、見事な白い花が咲き癒されていましたが、今年は夜9時過ぎにならないと開花しません。「涼しくなりますように」と話しかけていますが、自然界には届いていません。

【関心のある一つ:イングリッシュ・ローズ】
イギリス式の庭園なら、1年を通して花を楽しめます。特に現在、私の家の庭には、故ダイアナ元英国皇太子妃ゆかりの美しい薔薇が、2004年から1年に2回クリーム地にピンクの花が咲いて私を楽しませてくれています。

《薔薇の起源》
一説によると今から約7,000万年前〜3,500万年前とも言われています。
チベット周辺、中国の雲南省からミャンマーにかけて野生の原種が多く生息していることからこのあたりで生まれた可能性が高いと言われています。

薔薇の世界に多大な貢献をしたのが、18世紀末から19世紀初めに活躍した皇帝ナポレオンの妻、皇后ジョゼフィーヌ。薔薇を愛し世界中から集めた薔薇をパリ郊外のマルメゾン宮殿の庭に作り、新しい品種を作りました。ジョゼフィーヌは「薔薇のパトロン」と称賛されています。英国では1882年ベネットが新しい薔薇の系統として「ハイブリット・ティ」系と命名。新品種たちは交配され続け、1912年「オフェリア」を発表。花容、芳香に優れるだけでなく実をつけ易いことから、多くの品種の親になりました。

日本では、薔薇が今のように「花の女王」として愛好されるようになったのは、明治以降になります。江戸時代薔薇が栽培されていましたが、「利尿作用」の目的で使われました。

《何故そのトピックを選んだのか》
1997年8月15日から夏季休暇を利用してフランスへ旅行しました。その1週間後、8月31日パリ高速道路でダイアナ元英国皇太子妃が自動車事故でお亡くなりになったニュースを見て大変ショックを受けました。その高速道路は、旅行中通過した場所だったからです。

お亡くなりになる直前、1997年英国のハーネス社が薔薇の品種を彼女に献呈、苗木の売上を英国肺病基金に寄付する条件で「プリンス・オブ・ウエールズ」の品種を下賜されました。また死後1999年にはアメリカ合衆国のJ&P社で作られた薔薇の品種の苗木売上の一部を途上国に支援の為、「ダイアナ・プリンセス・オブ・ウエールズ記念基金」に寄付する条件で命名することが許されました。現在は、契約切れで「エレガント・レディ」という名称で苗木が販売されています。

1997年の悲しい思い出により、2004年薔薇専門店で故ダイアナ元皇太子妃の薔薇を発見、購入して現在に至ります。薔薇の基金について貢献していることを知り、この薔薇をより愛おしく感じています。2020年5月10日母の日、新たに娘から「ダイアナ・プリンセス・オブ・ウエールズ」の薔薇の鉢が送られてきて楽しみが増えました。
ブログ水野さん.jpg

【ジョブコーチ支援の課題】
関係機関との連携をして支援を進めていますが、本人の障害特性と仕事のミスマッチに出会うことがあります。回数を重ねてもどの支援方法が正しいのかという答えは見つかりませんが、多くの経験を共有又は生かして支援をしたいと思っています。              
                             
 浜松拠点:JC水野ふさ子

“Alon Alon” バリ語で「ゆっくり ゆっくり」の意味[2020年08月06日(Thu)]
梅雨空が続き、コロナ禍・豪雨災害…心が沈みがちな中、那部智史という実業家が、知的障害を持つ一人息子達障害者が働く場として、B型事業所“Alon Alonオーキッドガーデン”を設立し、胡蝶蘭の栽培から販売を手掛けている番組を見ました。

その後調べると、自分達亡き後に託せる施設を探したが見つからず、それなら…と“Alon Alonハウス”と名付けた、バリ島のコテージ風入居施設も造ったとのこと。

胡蝶蘭の温室で、花の数をスタッフと数えている方の、真剣で懸命な姿が印象的でした。その彼が、週末には花の咲き乱れる庭を家族と散歩する姿が思い浮かびます。
那部氏が気付いた「息子がNGではなく、障害者を受け入れられない社会がNGなんだ」という言葉。養成研修の坂井教授も同じことをおっしゃっていて、この言葉の重みを受け止めていきたいと改めて思いました。

今こうしている間にも障害者の為に…と、新しい試みに挑戦している人がいて、歩みが着実に進められていることを知り、重苦しい灰色の雲から、一瞬覗いた青空のように爽やかな気持ちになりましたぴかぴか(新しい)

多くの専門用語にあたふたし、障害理解もおぼつかない新米JCですが、代表から「○○の現場支援に行ってくれますか?」と言われて、都合がつく限りは「ハイお願いします」と答えます。「私で大丈夫?」ともう一人の私が、問いかけてきます。
それでも自分なりの支援ができるように頑張ろうと思えるのは…。

30年間心を閉ざしてきた方が、仕事をすることで、社会とのかかわりを取り戻し、満開の桜を愛で、最新の建築物に目を見張り、「浦島太郎状態です」と、明るく話しながら草を刈る姿から、「働くことは、人生を生きることだ」と教えてもらいました。
苦手な清掃作業を克服し、「ベッドの下をモップ掛けすると、埃がいっぱいついてきた時、掃除が楽しいと感じる」と言い、一人暮らしの夢を実現した若い女性の自信に満ちた横顔に勇気をもらいました。

JCとしての資質は?と問われれば「人を信じる力」と思っています。実習から2年の間に出会った、多くの人達から学んだことです。
又、JCの活動が今日に至るまでに、先輩JCの方々の努力があったこと。新しい道を切り開くことは大変な努力と長い道のりであったこと。確実な一歩一歩の歩みの積み重ねの結果、今があることに感謝しながら、未来のJCへとバトンが渡せるように、 “Alon Alon”でやっていきたいと思います。
                  中遠拠点JC 大澤壽子

「寄り添う」ということ[2020年07月06日(Mon)]
藤枝拠点JC長橋充雄です。

広い駐車場で清掃業務についている対象者。
雨の日も風の日もなんの不平不満も言わずに一日に何周も何周も巡回してごみを拾っています。
ゴミは主にお客さんのたばこの吸い殻、飲み物の空缶、車中で食べた後のコンビニの袋などがありますが、たまに家庭から持ち込んだごみを置き去りにしてあることもあります。
また、この時期には車の中への子供の置き去りのチェックや、巡回しているだけで車上荒らしなどの防止にも役立つと言われています。
体力は必要ですが、スタッフともほとんどかかわることがないので、一人で働きたい人には良い職場だと思います。
 
先日、支援に入り一時間くらいして帰ろうとすると「元気がでた」というので「何が?」と聞くと「一人で誰とも話さないでずっと回っていると飽きてきてかったるくなっちゃうけど、ジョブコーチが来てくれて少し話をしたら元気が出た」と言ってくれましたぴかぴか(新しい)
仕事には全く関係ない日報にも書かないような雑談なんですけどね。

ジョブコーチの支援は技術的支援や環境整備などがありますが「寄り添う」だけでも目的の半分くらいは役に立っているのかなと感じました。
このコロナ禍の最中、ソーシャルディスタンスを確保しながらの「寄り添い」しかできませんが、対象者から「来て欲しい」といわれるような支援者になりたいと思います。
続けていて良かった[2020年06月04日(Thu)]
静岡拠点ジョブコーチの紅林博です。

昭和を代表する作曲家の半生を描く連続テレビ小説「エール」を見ていますか。古関裕而と妻・金子をモデルに作曲家とその妻の生涯を描いたものです。
主人公の担任が作曲の才能をいち早く見いだして言った言葉が耳に残りました。
「人よりほんの少し努力するのが辛くなくて、ほんの少し簡単にできること、それがお前の得意なものだ。それが見つかればしがみつけ、そうすれば道は開くぴかぴか(新しい)

私は高校1年の時から同級生とバンドを組んで結成50年になります。今年も3月8日にコンサートを予定していましたが、コロナウイルスで中止になりました。

リーダーAは加山雄三の若大将を映画で見てギターを中学生の時に始めました。高校1年の時から寺内たけしの津軽じょんから節など速弾きで、びっくりするほど上手です。
ベースギター担当のSもレコードを聞いて譜面を書きます。
ドラムのOもレコードを聞いて叩く事ができます。
私の担当はサイドギターです。レコードを何度聞いても譜面には書けません。自分には才能はないなと思いながらもギターは続けてきました。

50才の時に求人誌に「ギター教えます」とあり、電話しました。
私の夢はギターの弾き語りで、親父と一緒に歌いたい、老人ホーム、デイサービスで演奏して聞いて欲しいと思っていました。
先生はレコードを聞いて音を聞きとり教えてくれました。押さえる指を丁寧に教えてくれます。
習った曲は古賀政男、船村徹作曲の懐メロです。なかなか上達しない私でしたが先生はほめてくれました。指の押さえ方を忘れて聞いても丁寧に教えてくれました。

親父とおふくろは亡くなりましたが、同じ老人ホームに入居していた時に両親の前で演奏して一緒に歌いました。おふくろが入居者に私の事を自慢に話していたのを思いだします。

今ジョブコーチの仕事で市内の調剤薬局の白衣をクリーニングするA事業所に支援に入っています。14〜15名の障害者が働いています。指導員は、所長とアイロンがけを教えてくれる元クリーニング業のYさんです。

昨年12月から支援に入ったS君、洗濯業務は好きだがアイロンがけは苦手と言っていたのに4月に訪問して見るとびっくりexclamation とてもアイロンがけが上手になっていました。
所長にその事を話すと「ほめてください」と言われました。
私はOKサインを出してほめましたぴかぴか(新しい)

私はどちらかと言うと今までは出来ない事を指摘して指導してきたようです。ほめる事が少なかったと今思います。
ほめられてうれしくない人間はいません。ほめられれば次も頑張ろうと思います。ほめられると期待に応えたくなります。

私にとって人よりほんの少し努力するのが辛くなくて、ほんの少し簡単にできることって・・・・今でもわかりませんが、きっと続けてきたことが良かったとほめて辛抱強く教えてくれた人に出会えたからと思います。
静岡県ジョブコーチ養成研修2020[2020年05月25日(Mon)]
こんにちは。
事務局から今年度のジョブコーチ養成研修についてお知らせいたします。

〜静岡県ジョブコーチ養成研修2020〜
障がいのある人の就労と雇用を支援するための研修


障がいのある人が地域の企業等で就労するために必要な知識と支援技能を有する人材を育成することを目的とする研修です。

皆さんのご応募をお待ちしていますexclamation

日程
8/18(火)20(木)22(土)24(月)27(木)計5日間

会場
グランシップ(静岡県コンベンションアーツセンター)
静岡市駿河区東静岡2-3-1
https://www.granship.or.jp/parking/
会議室910、8/27のみ会議室1001-1

※コロナ禍によりオンライン開催の場合もあります。

受講料 無料 資料代2,500円

募集開始 6月1日(月)〜
募集人数に達し次第締め切ります。

詳細については下記URLをご覧ください。
https://www.n-pocket.jp/challenged/jobcoach/training/training2020


県、企業専門人材の育成強化[2020年05月19日(Tue)]
こんにちは。事務局ですかわいい

5月14日付静岡新聞に、企業内ジョブコーチ(職場適応援助者)の育成についての記事が掲載されましたのでご紹介します。

静岡県は本年度、企業内ジョブコーチの育成を強化するために、職場で障害者と接する担当者らにジョブコーチ養成講座の受講を積極的に促すとのことです。

「今後企業などで働く障害者がさらに増えることを見据え、職場で日常的に定着を支援する企業内ジョブコーチの育成を強化し、派遣型ジョブコーチとの連携で障害者の定着を後押しする」とのこと。

「企業内人材と派遣型が協力すれば困り事が生じた際に早期に対応でき、より充実した定着支援につながる」とする、N-Pocket井ノ上代表のコメントとともに取り上げられています。

img164.jpg

| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

しずおか障害者就労支援ネットワークさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shizuokakenjobcoach/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shizuokakenjobcoach/index2_0.xml