CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年03月18日

\ 中海の豊かさを守ろう!意宇川ゴミ拾い!!/

松徳学院高一生徒、積水ハウス株式会社)有志の方々、自然再生センターの3団体合同で意宇川周辺のゴミ拾いを行いましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


初めに島根大学名誉教授國井副理事長から、意宇川周辺に生えている水系植物やマイクロプラスチックによる影響、SDGsのお話を聞かせていただき、今日の意図や目的を確認していざスタートexclamation新幹線


松徳学院説明.jpg國井先生悦明.jpg

右岸、左岸2ヶ所手(チョキ)に分かれて実施しましたexclamation

清掃中 (2).jpg 積水 作業中.jpgゴミ拾い.jpg

一見さほどゴミをかんじませんでしたが、少し奥へ入ると出てくる出てくるひらめき


ビニール袋やペットボトルなどのプラごみだけでなく、扇風機、タイヤ、テレビTV

自転車などなどたくさん出てきましたexclamation×250袋用意していたゴミ袋があっという間にパンパン御礼ですexclamation×2

 ごみA.jpg

積水ハウス集合成果.jpg
称徳成果.jpg
参加した高校生や社会人の方々は


・色んな物が捨ててあって酷い、身勝手な人が多い。

 自分も全くやってないとは言えないけど、気をつけたい。

・綺麗にするのは大変だったけと、達成感があった
・思ってもみないものが捨てられていてびっくりした

・これが海に流れていくのかと思うと恐ろしい

 などそれぞれ感じるものがある時間でした。


ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)少し肌寒い日でしたが、終わった皆さんの顔は達成感に高揚してましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


今日の体験をぜひ周りの人に話して、身近な自分たちの問題として地域の環境に目を向けていってもらえたら嬉しいです!

NHKの取材も入り、夕方のニュースでしっかり放送して頂きましたるんるんるんるん



posted by 認定NPO法人自然再生センター at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 意宇川

2022年03月08日

100時間のインターンシップを終えて

こんにちは。インターンシップ生のMです。

私は2021年の4月から2022年の3月までインターンシップをさせていただきました。


インターンシップを始めたきっかけ

インターンシップを始めたきっかけは、大学の卒業研究でオゴノリの刈り取りについて調べており、自然再生センターで行われている藻刈りの活動やオゴノリを肥料として利用する活動に興味を持ったからです。研究室の教授からの紹介で自然再生センターのインターンシップを始めることにしました。始めは40時間の短期インターンシップの予定でしたが、卒業までの約1年間、様々な活動に参加したいという想いもあり、100時間のインターンシップにすることを決めました。活動を通してたくさんの方と関わることができ、楽しかったです。やりたかったことだけでなく、活動の説明や進行など今まであまりやったことのない新しいことにも挑戦しました。


インターンシップでの活動

このインターンシップでは特に畑部の活動に参加しました。畑部の活動ではオゴノリや水草を肥料にして枝豆とサツマイモを育てました。畑部での作業は初めて知ることばかりで新鮮でした。また、畑部では幼稚園児や小学生も活動に参加していたので、小さい子にもオゴノリや水草を肥料として使うとどのような効果があるのか理解できるように紙芝居を作りました。特に、子供にも分かるような紙芝居の原稿を考えることが大変でした。何度もセンターの方に確認していただき、無事紙芝居が完成した時は嬉しかったです。

198678107_349943323382651_8561907197967132437_n.jpg

100時間のインターンシップをするにあたって面談を行いました。インターンシップを通してどんな自分になっていたいか目標を立て、その目標を達成するためには何をすればいいのか、具体的な方法を考えました。センターの方からの意見をいただいた時に、今まで出来ていると思っていたことも実際はまだ足りないと気づきました。特に雑談力や傾聴力が足りないと感じ、インターンシップでは意識をしながら活動しました。雑談力や傾聴力はコミュニケーションをとるうえで大切であり、社会人になってからも必要な力です。インターンシップで自分の課題を発見することができてよかったです。今後も伸ばしていけるよう、努力したいです。


このような他己評価をいただく機会はとても貴重でした。面談での他己評価を通じて自分を客観的に見る力がつきました。今の自分を客観的に見て分析することが成長につながる第一歩だと感じました。


最後に

私は今年の4月から社会人になります。自然再生センターでの活動でオゴノリについて詳しく知ることはもちろん、自分を見つめなおすきかっけにもなりました。様々な年代の方との出会いもありました。インターンシップで学んだことを社会人になってからもいかしていこうと思います。自然に興味のある方や新しいことに挑戦してみたい方、自分をもっと成長させたい方はぜひインターンシップに参加してみてください。


1年間、お世話になったセンターの皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

222704316_360907448817125_7795700776386742209_n.jpg

続きを読む・・・
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■インターンシップ