CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年12月27日

インターンシップを終えて

こんにちは。私たちは松江農林高校の三年生です。今回、初の試みという高校生の自然再生センターさんでのインターンシップをやらさせていただきました。私たちは三年生の夏休みから、課題研究の延長線ということでこのインターンシップに参加しました。

 
 こんにちは、インターンシップ生のTですexclamation
 今回私がこのインターンを通して学んだことは、他者とのコミュニケーション能力ハートたち(複数ハート)自主性です手(グー)
 私はもともとコミュニケーションをとることが苦手で、初対面の方とのコミュニケーションは全くできずいわゆるコミュ障と呼ばれる部類でした。しかし、このインターンを通して、センターで活動されている方々や、自然再生センターに関わりのある方々とたくさん話をしました。初対面の方とのコミュニケーションを取り方や距離の縮め方など、人と出会って話すことでしかできない体験をたくさんすることができましたパンチコロナ禍の中で初対面の人と会ったり、リアルで人と話したりすることが少なくなる中で、畑や池での活動を通して知らない島根県の魅力や、課題などたくさん知ることができました。また、皆さんとてもやさしく、たくさんの発見だったり、他愛もない話だったり、一度しか会わないような方とも和気あいあいとお話することが出来、一期一会という言葉がぴったりなインターンだったなと思いました。
このインターンは、自分から進んで行動を起こすことが多く、とても充実したインターンでした。これから、私は自分の夢を追いかけて大学進学をします。私の進学する大学では、地域とのかかわりが多く、地域の方とコミュニケーションをとることが大事になってきます。また、自分から動かなくては学びを深めることができないため、積極的に行動を起こすことが重要です。今回のインターンシップを活かし、周りとコミュニケーションをとり、連携して学習を行っていきたいです。

241812968_1679223648947595_9202854211389600263_n.jpg



 インターンシップ生のIです手(チョキ)私がこのインターシップに参加しようと思ったきっかけは学校での課題研究という授業の際にセンターへ訪問をしたことです。課題研究ではオゴノリの活用方法を考えるという研究を行っています。そのため、センターでは畑にオゴノリを肥料として活用されているという話を聞き、何かヒントになることが得られるかもしれないと思い、インターシップに参加することを決めましたexclamation私たちが主に活動してきた内容は大豆やサツマイモの草取りや収穫の企画運営です。私がこのインターシップを通して一番身についたと思う力は考える力です。学校の授業ではするべきことが明確に提示され、自分で考えて計画を立て、実行をするということはあまりしません。しかし、このインターンシップでは自分がしたいと思う企画を考え、計画を立て、他者に発信する方法を考えて実行をするといった活動をします。また、大豆やサツマイモの草取りや収穫の活動では小学生から高齢者の方までが自由に参加をされるため、普段は関わることのできない世代の方と楽しく雑談をすることができます。このような経験から、考え、実行に移す大切さを学ぶことができ、またその力も身につけることができました。ぴかぴか(新しい)私は松江農林高校を卒業後、県内の短期大学に進学する予定です。進学後は主に地域の方々と連携して活動をする取り組みを中心に学んでいきたいと考えています。インターンシップを通して身についた考える力や雑談力は今後の日常生活や進学先でも生かすことが出来ると思うのでこの活動はとても貴重な経験をすることができる活動だと思います。これから受験を控える高校3年生はぜひセンターのインターンシップに参加して自分を成長させる機会を作って欲しいですわーい(嬉しい顔)かわいい


IMG_3220.JPG
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■インターンシップ

2021年12月10日

松江高専 オゴノリ刈り&畑見学

松江高専の3年生は実践工学英語という授業の一環で、
SDGsに関するフィールドワークを行っています。
2019年よりともに行っていますが、今年も弊法人の取り組む「オゴノリング大作戦」のオゴノリ刈りと畑への散布を体験。
そして後日、その体験を英語でプレゼンテーションすることになっていますグッド(上向き矢印)

今年は12月3日、10日の2週にわたり、9名の学生と一緒に学習していきましたexclamation

3日は弊センターでレクチャー耳

263331548_5441709559189540_950011654743154575_n.jpg



今年はオゴノリの生育が悪く思うような体験ができないかもしれませんが、そのかわりに湖底から淡水が湧き出ている場所に連れて行って頂きます。
汽水湖の中から、淡水が沸いて出てくる?!
このイメージが中々理解してもらえないようでしたので、動画を見せませました。
しかしまだ腑に落ちていないようです。
やはり体験に勝る学習なし
「知ることは、感じることの半分も重要ではない」そうですexclamation



12日は実際に中海でオゴノリ刈りへ船
最初に弊法人のオゴノリング大作戦の紙芝居を、
先生が英語で読んでくれますexclamation

264725507_1052240425353841_5176714520917652809_n.jpg


ライフジャケットをつけて

264784384_2479832542150420_272246676352145372_n.jpg


いざ中海へexclamation

まず、船の上から汽水湖から淡水が湧き出る場所へダッシュ(走り出すさま)
あいにくの波で分かりづらかったのですが、
「水が少しボコボコした!」「湖の中から?」と実物を見て驚きの声を上げていました。




264072831_3234680313441660_8259729705619264341_n.jpg

264871267_601726457701030_2177364306976831034_n.jpg
続いて、オゴノリ刈りを体験exclamation
オゴガキという道具でかいても、手応えがありませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

264976332_1010413726203806_683266766269803846_n.jpg

265312271_648876096293105_4033068536913673896_n.jpg


何と取れたのはこれだけもうやだ〜(悲しい顔)



ogonori_burgeon.jpg


「少ないとは聞いていたけど、もう少しあるかと思っていた。」
「海の底のザラザラとした感触はあったけど、オゴノリはなかった。」
「ごみの方がたくさん採れた・・・」
と話していました。

「オゴノリが多くても、少なすぎても自然界では良くないんじゃないか。」と考えている学生さんもひらめき



オゴノリ刈りの後は大豆畑へ。

「オゴノリ入りの場所とそうでない場所、見てわかりますかー?」

263498629_1017478835467155_2507601354847660544_n.jpg



見た目ではよくわからないけれど・・・


263707922_970989486827084_2051920972122860916_n.jpg

263772880_1055132018603446_9100735506333533612_n.jpg


「なんだかオゴノリ入りの方が実入りがいい気がする」
「周りの雑草も元気」
実際に足を運ぶからわかることがたくさんー(長音記号2)




オゴノリが無いことや大豆の不作は、
夏の長雨による水温の上昇や塩分濃度の低下などが原因かと思われます。
自然が相手なのでこちらの思うようにはいきませんよね。

体験する、表現して伝える、自分自身も考えて行動する。
オゴノリングを体験してそんな循環が生まれたら、
それはとても嬉しいことですハートたち(複数ハート)
学生たちはこの経験を踏まえてどんな未来を目指してくれるかなるんるんわーい(嬉しい顔)

ogonoring_members2021.jpg

一緒に体験してくれてだんだん~黒ハート

posted by 認定NPO法人自然再生センター at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■松江高専・SDGs

2021年12月09日

自然再生協議会 動画

オゴノリ環境省の委託で
株式会社 総合環境計画さんが作成した動画「自然再生協議会(中海)」には、高専の先輩がオゴノリ刈りをしている様子が映っています。
自然再生協議会のことがとてもよくわかる動画です。
ぜひ一度ご覧くださいわーい(嬉しい顔)
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■中海自然再生協議会

2021年12月02日

\大田第一中学校2年生 「きら☆びと訪問」/


大田市立第一中学では、総合的な学習の時間のふるさと学習の一環として、大田市の「もの・こと」を知り、
その課題を解決するプランを作成し発表するという探求学習に取り組んでおられます。


そのうちの「海岸の保全活動」分野の生徒さんが弊センターに来られましたわーい(嬉しい顔)


262097856_1543939802629868_1552782635894426284_n.jpg



学習の中で、各方面で地域の活性といとい貢献されている方「きら☆びと(きらきら輝いている人という意味を込めて)」の話を聞きながら問題解決のプランを進めていくという学習のなかで
修学旅行先松江市での「きら☆びと」に選んでいただいた弊センター
ぴかぴか(新しい)

自己紹介のあと、弊センターの活動や想いなどを紹介して、

260699569_4641025082671131_8859451117183862900_n.jpg

生徒さんたちの考えてきた課題解決プランの提案発表。

259130047_637085204329802_2684681804581628348_n.jpg

その後、外へ行き天神川の水草刈り体験、

260525127_449684903200066_2580694473552692970_n.jpg

天神さんへのお参りの後に質疑応答exclamation

262142079_1210650106126499_1040838708687761547_n.jpg

261820029_872301740146115_5572406807950120418_n.jpg

260480356_310549444252624_7489642724020314607_n.jpg

率直な疑問をに答え、対話していく中でけてくれる中で新たな視点が見えた生徒さんもひらめき

寒さがしみる日でしたが、帰ってきた生徒さんたちの笑顔に、
事務局はほっこりあたたかい気持ちになりましたわーい(嬉しい顔)


体験を終えた生徒さんたちからは
「楽しかった!」
「SDGsの視点からもう一度考えてみます!」
などと嬉しい感想!

後日送られてきたお礼状には
新たな視点を手に入れたことや、
プラン発表への具体的なアドバスへのお礼が書かれており、
短い時間ながら充実した時間を過ごすことができたようですグッド(上向き矢印)

今回の学習が中学生という次世代の心に残り
たくさんの人に伝えたり、ひとり一人の行動が変化していってくれたら
とってもうれしいなーハートたち(複数ハート)
となかうみちゃんは思ったのでした手(チョキ)

はるばる来所いただき、だんだん~るんるん

261169547_580500256582721_2258493510711906886_n.jpg
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小中学校