CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年09月16日

短期インターンシップを終えて

どうも、インターンシップ生のYです!
僕は9月の前半を使って40時間の短期インターンシップをさせていただきました。
ここでインターンシップをすることにした理由は、僕は何か環境に携わる職場にインターンシップに行きたいと考えていたからです。なおかつそこでフィールドワークをしたいと考えていました。

10日間もない短い期間でしたが、様々な経験をつみ、自分を見つめ直すいい機会となりました。また、やりたかったフィールドワークもできて充実したインターンシップとなりました。

僕は主に自分のインターンシップ中にあったイベントである大豆畑の草刈りの企画を行いました。
企画は初めてだったこともあり、非常に苦労しました。最初は雑草の種類の解説を企画していましたが、僕は畑に行ったことがなかったためどんな雑草が生えているかわからず、断念しました。このように最初は計画を思いついても断念の繰り返しでした。
その原因は、計画はできてもそれが実行に移せるかを考えていなかったからでした。
それでも、他のインターンシップ生が紙芝居をしていたとの話を聞いて、自分も草刈りの際に紙芝居をしてみようという計画をし、それを実行へと移すことができました。
IMG_3201.JPG


イベントの企画を通して、自分は計画力が低いということがわかりました。それでもセンターの方の助力もあって草刈りでの紙芝居を成し遂げることができました。これは小さなことかもしれませんが、自分で企画して自分で紙芝居を作ってそれを人の前で発表したことは貴重な経験となりました。聞いてた方が相槌を打ってくださった時や、紙芝居後の質問から発展して他のマルチについての知識を深めれたのがとてもよかったです。

企画だけではなく、楽しみだったフィールドワークもできました。
まずは、インターンシップの下見の意味で参加した池部。
241826132_936814980380317_2735096595535326061_n.jpg
241966654_977447839772515_1729132389818805420_n.jpg
池底のゴミを取り、池の生き物を捕ったりしました。
泥まみれになりながらも終わった後引き上げたゴミを見て達成感を感じました。

そして、自分で企画をして進行を行ったり紙芝居をした草刈り。
IMG_3197.JPG
IMG_3210.JPG
これらは両方とも大変でしたが、普段町で暮らしていると触れ合えない自然と触れ合えてとても楽しかったです。

最終日には、副理事長との面談で自分をインターンシップ前と後で比べて改めて見つめ直してみました。
241969622_419396926197317_4646661552698729219_n.jpg
面談では自分に何が足りてないか、何が苦手か、それを克服するためにはどうするべきかを話し合いました。自分に足りてないものをわかりやすく気づきを与えてもらい、自分を見つめ直すだけでなく自分のこれからについても考える機会となりました。

<最後に>

僕は他のインターンシップ生とは異なり1日の勤務時間を増やして日数を少なくしてもらっただいぶイレギュラーな日程でした。そのため最初に書いたように10日もない非常に短い期間でしたが、この経験はまず普通ならできないことができました。そして何よりも、インターンシップ中と後に自分を振り返ってみて自分についてさらに理解を深められたことがとてもためになりました。
自分を理解するのは自分だけではできません。センターの方々と共に勤務をしてみて、助言や指摘を通して自分について分かったことがたくさんありました。これは学校で授業を受けるだけでは分からなかったことです。この10日未満の日数は非常に貴重なものとなりました。
もしこのブログを読んでいる人でここでの仕事に興味があって、インターンに行きたいなと少しでも思ったら、ぜひ参加をしてほしいです。企画などの経験だけでなく、自分を見つめ直すということができました。これは、他の人からの刺激を受けたからこそ僕はできました。

最後の最後に、ここで助言と指摘をくださったセンターの方々、フィールドワークでお世話になった現場の方々、本当にありがとうございました。
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■インターンシップ

大豆畑の草刈り

9月入ってからの夏日で季節のわりに暑かったですがあせあせ(飛び散る汗)
草刈り、がんばっていきましょ〜わーい(嬉しい顔)

日時
令和3年9月11日
9:00〜12:00

さて、大豆畑の雑草の様子は…


IMG_3193.JPG
うおっexclamationボーボーですねexclamation×2
これは刈り甲斐がありますよ〜手(チョキ)

本日は9名で草刈りを行いました。
IMG_3207.JPG
前日雨が降ったので非常に土が柔らかく、雑草を抜きやすかったです。
皆さん慣れた手つきでザクザク草を刈っていきます。
IMG_3200.JPG
刈った雑草は草マルチとして大豆の回りに敷いていきます。
途中休憩では、インターン生により草マルチについての紙芝居が行われました。
IMG_3204.JPG
草マルチには、他のマルチと同じように土を保湿する効果、雑草の再発を抑える効果があります。そして、腐って土へと還るので、循環していくんですね。それをうまく彼は説明できたでしょうか?

最後にはこんなに綺麗になりましたぴかぴか(新しい)
IMG_3214.JPG
皆さん頑張りましたねわーい(嬉しい顔)
今年は大雨が多かったこともありこの畑も浸水したため心配でしたが雨、大豆はすくすくと育ってくれました。今年もおいしい大豆がたくさん採れそうですわーい(嬉しい顔)
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■オゴノリング大作戦

2021年09月06日

岡山県美作市からの視察

9月3日 午後

認定NPO法人英田上山棚田の6名が視察にいらっしゃいましたるんるん
英田上山棚田団集合1.jpg

2時間半ほどお話をさせていただきました。
センターも自団体の活動や組織運営のことを客観的にみれ、他団体との違いや自分の特徴を再発見することができました。

panaプレゼン最終ページ.png




240673090_274734327508892_8634151179974793639_n.jpg



240405149_395017835351703_8440347674847965136_n.jpg


240419444_3005296913089383_3056244342161901606_n.jpg

ブレイクタイムは弊事務所が入る建物1階の天神キッチンのコーヒーで喫茶店

最後に上山棚田団の理事長が「深い話をするとは思っていなかった〜!」おしゃっていました。
お互いに思いや活動していく中でのモヤモヤしたものを話し合うことができる仲間がいることで、刺激を受けあい、自分たちもまた元気が湧いてきましたるんるん

いただいた感想です。
「本日はありがとうございました!
 大変貴重なお話を伺うことができ、これからやるべきことが整理できてきました。良い時
間をありがとうございます!

 今後ともどうぞ鎧くお願いします」

「本日はご対応ありがとうございました。モヤモヤポイントなど大変参考になりました。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

 まさに!やりたい人と楽しむ事においては各々に自負があるメンバーかと思います。

 その他の法人として、組織として足りないと思っていた部分が今日のお話で随分と明確になって帰れたのではないかと思っています。車内そんな雰囲気に感じました、多分。

 ありがとうございました。」

「昨日はありがとうございました!
 NPO運営についてのお話、大変参考になりました!
 気持ち良いくらいオープンにお話をうかがうことができ、まだまだ改善しなくてはならな
い部分がより明確になりました。
 引き続きどうぞよろしくお願いします!」

「里山のこと、自分のことだけとしてやっているわけではないのはそうなのですが、そこの表現は見直して周囲にもわかってもらえる魅せ方ができるようになります。」

posted by 認定NPO法人自然再生センター at 09:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■視察受け入れ