CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年06月27日

\オゴノリング大作戦/さつま芋の苗植えその2

前回の大根島のオゴノリング農場でのさつま芋の苗植えその2です。
まずは畝作りから。
205220689_859343124670805_4296169307339649037_n.jpg
「まっすぐ行くためには、遠くを見る。遠くに目印を見つけて、それに向かって行くとできる」と畑部師匠にアドバイスをもらいインターンシップ生が畝立て機を操作あせあせ(飛び散る汗)
「なかなか思うようにいかないなぁ」と言いながらも畝を立てました。後ろからそっと見守る師匠。

205846377_1875933715918452_4565139098912190564_n.jpg
マルチも張って畝完成ですexclamation×2
ちなみに前回植えた苗は
206607641_944625986390764_4450786335364643504_n.jpg
根付いているようでするんるん

畝の準備も万端の27日。朝はパラパラと雨が・・・「この雨なら予定通りやりましょう!」と苗植えを始めると太陽も畑部のみんなもどんどん元気に晴れ
穴あけ(けんすけくん).jpg
子ども達が苗を植える穴を開けます。
昨年も参加してくれた畑部の小学生は
「オゴノリが入っている方の土はフワフワだけど、入ってない方はカチカチだよ。」と感触を感じたようですぴかぴか(新しい)
水入れ2.jpg
お天気がいいので穴にはたっぷり水を入れます。

師匠の秘密道具.jpg
今回の苗植えの秘密道具ひらめき畑部師匠が苗植え用の道具を手作りしてくれていました。竹でできたこの道具で植えると穴の中に苗がスッと入ります。
苗植え(辻本親子2).jpg

苗の周りに土をもります。



土の上気持ちいい.jpg
土の上って気持ちいい〜るんるん
裸足になっちゃった.jpg
とうとう裸足になっちゃったかわいい


泥団子作り3.jpg
畑の土でまんまるつるつるの泥団子も作ったよるんるん

今回の活動の様子は、畑部の小学生男子がブログでも発信してくれていますぴかぴか(新しい)





前回と合わせると
オゴノリ区・・・安納芋 約170本
        紅はるか約110本
非オゴノリ区・・安納芋 約170本
        紅はるか約110本
植えた苗の総数は約560本

集合写真(芋苗あり2).jpg

「今年もたくさんお芋ができるかな。」
「芋ができたら・・・芋焼酎って作っていいんだっけ?」と大人な会話も盛り上がりましたわーい(嬉しい顔)

「いい汗かいたわぁあせあせ(飛び散る汗)」という感想もいただきました。
たくさん美味しいお芋ができますようにるんるん

posted by 認定NPO法人自然再生センター at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■オゴノリング大作戦

2021年06月26日

\オゴノリング大作戦/大豆の種まき

6月26日朝から曇りだけど蒸し暑い晴れ大根島のオゴノリング農場にて、そのような中、今回は畑部の熟練達が大豆の種まきをしました。
オゴノリング農場で大豆を育てるのは4年目exclamation
今年は昨年と大豆を植える畑の場所を変えています。

集合写真1.jpg


種をまく穴は、足跡くつその跡に種をまき、土をかぶせたら種まきは終了るんるんさすが手慣れた畑部のメンバー。あっという間に終わっていしまいましたグッド(上向き矢印)
種、土かけ.jpg


と思っていたら、この後の工程が・・・体力が要りました。

草刈り2.jpg
草マルチ用の草を刈ります。このために、あえて草刈りをせず残していてくださった畑部師匠ぴかぴか(新しい)刈りごたえがしっかりありましたexclamation

草運び.jpg

インターンシップ生も草を集めて運びます。これはやっぱり、若者の仕事exclamation&question

雑草マルチかけ3.jpg

先程まいた大豆の上から草マルチをしていきます。草マルチは一石二鳥にも三鳥にもなります目
草刈りができるexclamation
まいた大豆を鳥から守るexclamation
土の保水力アップexclamation
草はいずれ土にかえるexclamation
雑草というのはもったいない。草マルチはいいことがいっぱいでするんるん

雑草マルチ1.jpg


今回はオゴノリ区に約400粒
   非オゴノリ区に約250粒    まきましたかわいい

朝のコーヒー.jpg

「生長したら、枝豆で食べたいね。ビールが美味しいだろうね。」
「味噌作りしよう!」
「豆腐もできるかも・・・。豆腐って大豆だが?」
「じゃあ、豆乳は?」
と畑部のみんなの夢は膨らみますぴかぴか(新しい)
楽しみが増えましたるんるん

【おまけ】
今年2月に作った究極のてまえ味噌がどうなっているのか・・・
のぞいてみると

妹尾家.jpg

香りはもう味噌exclamation×2
ほじくると下の方は少し薄い色でいたわーい(嬉しい顔)

上山家.jpg

表面の薄い色は、蓋の役目をしていた酒粕ですわーい(嬉しい顔)
作って一週間後に容器から知るが出てきて、「ヤバいながく〜(落胆した顔)」と思っていましたが、今恐る恐る蓋を開けたら、きちんと味噌ができていました手(チョキ)
美味しいでするんるん嬉しいでするんるん


今年の大豆でも究極のてまえ味噌を作る予定ですexclamation
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■オゴノリング大作戦

2021年06月20日

\水草畑/大豆の種まき!

6月20日は大豆の種まきexclamation×2
本当は13日にする予定でしたが、雷注意報雷、そして雨雨も降り始めたので延期です。
雨の止み間に、次回スムースに種まきができるように、まく位置の目印(ライン)をつけました。

豆ライン.jpg

雨に濡れた土は重く、長靴にくっついてはなれません。
しっかり筋トレになりましたわーい(嬉しい顔)

20日は、太陽も種まき日和晴れ


豆植え3.jpg

親子で参加していただきました。
「大豆の少し黒くなっているところから芽が出るんだよ。」と5歳児の大豆博士が登場るんるん

豆植え11.jpg

「大豆をまいたら、この先が気になるわ。芽が出てくるのが楽しみるんるん

比較栽培をするため、水草区と非水草区を作っています。
今年は一粒まきで
水草区には約60粒
非水草区には約200粒の大豆をまきましたexclamation

お茶タイム2.jpg

暑いので水分補給も大切ですexclamation

豆植え9.jpg

遠くでハトの鳴き声が・・・。ハトちゃん大事な大豆を食べないでね。
ハトから豆を隠すためにも草を上からかけました。

脱皮中のダンゴムシ発見.jpg

畑にはアリの巣やダンゴムシもいましたよ。写真のダンゴムシは脱皮の最中目
「半分だけ体の色が違うexclamation
「半分ずつ皮を脱ぐんだぁ」
と観察会も始まりましたるんるん

自然体験盛りだくさんの日でした。

こちらで育った大豆も枝豆で食べたり、究極のてまえ味噌作りに使ったりしまするんるん

一週間後の畑では〜
205720219_236189594982506_1660732747161068136_n.jpg

大豆の芽が出ていましたexclamation
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【つなげる活動】

2021年06月14日

\オゴノリング大作戦/さつま芋の苗植え

今年も大根島のオゴノリング農場で農作物の栽培が始まりました。

■2021年6月12日(土)9:30〜10:30
■2021年6月13日(日)13:30〜15:30

本来予定していた6月12日は、少雨でしたが土に雨がしみ込んでいて、機械が回らず畝を途中で断念することになりました。
197998733_852344335639773_1911722457575298118_n.jpg
198262970_139966068104865_5721125390368632521_n.jpg
その中でも、試しに数本立てた畝でマルチ張りの練習!
畑部師匠にやり方を教わりながら、マルチをマルチ止めではなく土で押さえていきます。風が入るとマルチが飛んでしまうので、ピンと張るのがポイントですひらめき


雨が止んだ後は、風のおかげで土の乾燥が促進されました。微風を利用してマルチも張れます。植物を育てるには、天候、自然現象、人との対話が大切ですねるんるん

13日の午後は、雨も上がったので芋苗を植えました。
今年もオゴノリ区と非オゴノリ区の比較をしながら、安納芋と紅はるかの2種類のさつま芋を育てていきます。
今回は植えたのは
オゴノリ区・・・紅はるか25本安納芋40本
非オゴノリ区・・・紅はるか25本安納芋40本です。
197405764_1955565657981480_3358951322463936323_n.jpg
元気な苗でするんるん
197531382_126383959582434_5365486337872935074_n.jpg
雨は降っていますが、苗を植える穴に水を入れます。
師匠曰く(芋苗が元気に育つための)「おまじない」です。

197760950_3577219989045038_4626507445254723587_n.jpg

畑部師匠に植え方を教わりながら1本ずつ大切に植えました。
穴に苗を植え、土を入れます。
「乾いていたら、土がサラサラ入るんだけどね。」
今日の土は雨を含んでいるため、土がなかなか入りませんあせあせ(飛び散る汗)
198333342_184341187028331_8348933655965370055_n.jpg
土入れをしたら、「元気に育って、おいしいお芋がたくさんできますように。」と願いを込めて苗の周りを押さえます。

197614313_309270017508358_3966881706488644984_n.jpg
途中、雨が降りだしました。枕木山にかかる雲とスマホの雨雲レーダー情報を見ながら雨宿り休憩小雨まるで朝ドラの実体験みたいでした。雲の切れ間に全部で130本の芋苗を植えました。グッド(上向き矢印)
「芋の苗を植えて、体を動かすのが気持ちいいと感じた。」
と参加者は言っていました。

畑部師匠からは「植えたら、植物のことをよく見てやることが大切だよ。見ていたら、いろんなことがわかるからね。」と教えていただきました。
これも自然との対話ですね。

6月27日(日)にもさつま芋の苗を植えます。今回植えた苗がお姉さんお兄さん芋としてどれだけ成長しているのか、比べてみるのもおもしろいですねるんるん


posted by 認定NPO法人自然再生センター at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■オゴノリング大作戦