CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年02月27日

2月の宍道湖・中海の食を広めよう会

偶数月の「食の会」
先日には、中海から食材が集められました。漁師のおじさんたちが中海の恵みを集めてくださいました。IMG_E1318.JPG

IMG_E1317.JPG


IMG_E1348.JPG
中海のカキです!手(チョキ)

IMG_E1316.JPG
幻の横貝。。。数年ぶりに頂きますわーい(嬉しい顔)

いつものように、宮内舎が料理担当です。
斐伊川水系の山の幸と、海の幸とをおりませデーブルのアレンジ飾りつけも雲南市大東の山からとってきてくれています。
IMG_E1325.JPG
IMG_E1327.JPGIMG_E1329.JPG


IMG_1353.JPG
玄米面の赤貝と菜の花のパスタ

IMG_1349.JPG
虫てあるのでお味はぎゅっと詰まって濃厚。

IMG_1333.JPG

IMG_1330.JPG
作りながら、熱い料理を頂けました。

みなさん、まずは写真にとって情報発信ですぴかぴか(新しい)

IMG_E1344.JPG
今月のお花は。大根島の「河津さくら」かわいいをもってきていただきました。

IMG_E1360.JPG
毎回、倉吉から来て下さる会員さんと最近はコーラスです。この日は昭和のフォークソングをみんなで歌いました(^^♪るんるん

IMG_E1373.JPG

今回は、雲南市にIターンで来ておられる方をシェフとして参加いただきとっても豪華なお料理が楽しめました。

漁師さんたちは、一生懸命中海から恵みを届けてくださいます。「食の会でどんな料理になっているか少しですがお裾分けに、大根島の柏木さんご夫婦に持って帰って頂き雰囲気を届けて感謝しています。
次回は、4月の25日前後になると思いますが、どうぞ皆さんお時間がありましたらご参加ください手(チョキ)
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■中海・宍道湖の食を広めよう会

2019年02月16日

第4回第6期 中海自然再生協議会開催!

やっほーるんるん
なかうみちゃんだよ〜ぴかぴか(新しい)

少し雪もちらつく中、中海自然再生協議会が開催されたよ雪

IMG_6815.JPG

日時:2019年2月16日(土)13:30〜16:30
場所:自然再生センターオープンスペース
参加人数:36名

今年は平成19年の協議会設立から10年がたった節目の年ぴかぴか(新しい)
ということで、初代協議会会長の高安克巳氏より
「中海自然再生協議会事始め」
と題した講演をまず初めにしていただきましたるんるん


52596502_433248304083547_4334332294765477888_n.jpg

この協議会がどのような経緯で、どのような思いで設立されたのか
研究者と沿岸住民とが中海自然再生活動の歩みについて語っていただきましたひらめき

全国に26ある協議会の中でも、民間が主となっている自然再生協議会はわずか3つ。
自然再生センターはその先駆的な存在なのですexclamation×2
こういう団体が地域にあるってことは、すごいことなのぴかぴか(新しい)

その後、以下のような協議会の活動報告を行いました
・協議会全国会議の報告
・4つの実施計画の年次報告
@皆さんにも応援いただいているオゴノリ利活用事業にまつわる成果と課題

CIMG0278.JPG

A中海湖岸域を利用した親水サイクリングロード整備計画

IMG_6811.PNG

B中国電力さんとともに進めてきたHiビーズによる終節くぼ地の環境修復

IMG_6819.PNG

CIMG0282.JPG

どれもまだ取り組みの途中ではあるけど、着々と未来に向かって前進中ダッシュ(走り出すさま)


一度失ってしまった自然をもとに戻すのは難しいけど、
こうして寒い中たくさんの人たちが中海のために集まって、
中海のことを考えてくれてるなんて、なかうみちゃん感激もうやだ〜(悲しい顔)

これからもよろしくねわーい(嬉しい顔)

ちなみに、第7期の中海自然再生協議会の公募委員を募集してるみたいひらめき
興味のある人はぜひ応募してねペン

posted by 認定NPO法人自然再生センター at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■中海自然再生協議会

2019年02月08日

第5回MiT「あと3年!18歳成人時代のこどもたちをどう育てるか」


【まちiテラス(MiT)】は、当法人の理事・監事が、地域の皆様に向けて理事・幹事の活動やセンターとの関わりを発信しつつ、交流を深めようという趣旨のもとに行っている企画ですわーい(嬉しい顔)

【内容について】
島根県から生まれた「教育魅力化」って?/文科省が唱える「生きる力」ってどんなチカラ?/AIが活躍する社会になってもウチの子は生きていけるの?/今のうちに親や地域の大人たちが出来ることはなに? 等眼鏡

IMG_1103.JPG

今回で5回目になりましたが、会費を払い領収書をきってご参加者が自分たちで受け付けしてくださいます。事務局はとっても頼もしいですもうやだ〜(悲しい顔)

51641771_2254280317955628_4268418372271603712_n[1].jpg

本日も、お寒い中たくさんの方々にご参加いただきました雪

5回 まちiテラス
【まちiテラス(MiT)】は、当法人の理事・監事が、地域の皆様に向けて理事・幹事の活動やセンターとの関わりを発信しつつ、交流を深めようという趣旨のもとに行っている企画です。
『あと3年!18歳成人時代のこどもたちをどう育てるか
〜教育の現場に入って見えてきた、こどもたちに必要なモノ〜』

IMG_1111.JPG

当法人の広報担当理事桑谷さんに、イマドキの、そしてこれからの教育についてお話しいただきましたグッド(上向き矢印)

IMG_1109.JPG

これからサイバーとフィジカルが融合する未来(!)
にむけて、どのように生きていくか…ぴかぴか(新しい)

IMG_1114.JPG
センターの活動の中でも地域の子供たちとかかわる機会が多くあるので、そこでどのように接していくか、どのようなプログラムにしたらよいのかも考えていきたいと思いました。

日時:2019年2月8日(金)18:00〜19:00時計
場所:自然再生センター事務局(松江市天神町114)
話題提供者:桑谷 猛(くわたに たける)ダッシュ(走り出すさま)
当法人広報担当理事/奥出雲町教育魅力化協議会統括プロデューサー
参加費:1,000円

当日スケジュール
 17:30〜 受付開始
 18:00〜 開始
 18:45〜 質疑応答
 〜19:00 終了
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【話題提供者プロフィール】目
1969年、松江に生まれる。リクルートで広告ディレクター等を23年間務めた後、地元にUターンしフリーランスで地域活性に関連する様々な分野に従事。現在は、奥出雲町で教育魅力化の統括プロデューサーとして活動中。


教育現場の最先端事情が明らかに?!実際に現場に入って活動している桑谷理事だからこそわかる、教育のアレコレが聞けるかもしれません!

今後も多分野にわたる理事のお話を、わかりやすくお伝えしていきたいと考えております!
ぜひお立ち寄り下さい!

★★詳細はHPをご覧ください!★★
https://www.sizen-saisei.org/1868/?post_id=1868
======================
【今後のMiTスケジュール】
◆2019年3月8日(金)
『海藻回収の7年(仮)』
渡部敏樹(当法人副理事長兼調査計画担当理事/自然農法園「さかい夢の浜」農園長)

◆2019年4月12日(金)
『環境学習プログラム開発についての提案(仮)』
田中秀典(当法人普及啓発担当理事/(公財)島根県環境保健公社)

※内容・タイトルは多少変更する可能性があります。

おまけ
IMG_E1115.JPG
引き続き、理事会でした。
味噌づくりのための大豆の選別をしながら。。。。パンチ
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 13:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■まちiテラス(MiT)