CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年06月14日

\オゴノリング大作戦/さつま芋の苗植え

今年も大根島のオゴノリング農場で農作物の栽培が始まりました。

■2021年6月12日(土)9:30〜10:30
■2021年6月13日(日)13:30〜15:30

本来予定していた6月12日は、少雨でしたが土に雨がしみ込んでいて、機械が回らず畝を途中で断念することになりました。
197998733_852344335639773_1911722457575298118_n.jpg
198262970_139966068104865_5721125390368632521_n.jpg
その中でも、試しに数本立てた畝でマルチ張りの練習!
畑部師匠にやり方を教わりながら、マルチをマルチ止めではなく土で押さえていきます。風が入るとマルチが飛んでしまうので、ピンと張るのがポイントですひらめき


雨が止んだ後は、風のおかげで土の乾燥が促進されました。微風を利用してマルチも張れます。植物を育てるには、天候、自然現象、人との対話が大切ですねるんるん

13日の午後は、雨も上がったので芋苗を植えました。
今年もオゴノリ区と非オゴノリ区の比較をしながら、安納芋と紅はるかの2種類のさつま芋を育てていきます。
今回は植えたのは
オゴノリ区・・・紅はるか25本安納芋40本
非オゴノリ区・・・紅はるか25本安納芋40本です。
197405764_1955565657981480_3358951322463936323_n.jpg
元気な苗でするんるん
197531382_126383959582434_5365486337872935074_n.jpg
雨は降っていますが、苗を植える穴に水を入れます。
師匠曰く(芋苗が元気に育つための)「おまじない」です。

197760950_3577219989045038_4626507445254723587_n.jpg

畑部師匠に植え方を教わりながら1本ずつ大切に植えました。
穴に苗を植え、土を入れます。
「乾いていたら、土がサラサラ入るんだけどね。」
今日の土は雨を含んでいるため、土がなかなか入りませんあせあせ(飛び散る汗)
198333342_184341187028331_8348933655965370055_n.jpg
土入れをしたら、「元気に育って、おいしいお芋がたくさんできますように。」と願いを込めて苗の周りを押さえます。

197614313_309270017508358_3966881706488644984_n.jpg
途中、雨が降りだしました。枕木山にかかる雲とスマホの雨雲レーダー情報を見ながら雨宿り休憩小雨まるで朝ドラの実体験みたいでした。雲の切れ間に全部で130本の芋苗を植えました。グッド(上向き矢印)
「芋の苗を植えて、体を動かすのが気持ちいいと感じた。」
と参加者は言っていました。

畑部師匠からは「植えたら、植物のことをよく見てやることが大切だよ。見ていたら、いろんなことがわかるからね。」と教えていただきました。
これも自然との対話ですね。

6月27日(日)にもさつま芋の苗を植えます。今回植えた苗がお姉さんお兄さん芋としてどれだけ成長しているのか、比べてみるのもおもしろいですねるんるん


posted by 認定NPO法人自然再生センター at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■オゴノリング大作戦