CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年12月15日

中海の再生に向けてSDGsの視点から次世代と共に考える


今日は、「中海の再生に向けてSDGsの視点から次世代と共に考える」シンポジウムを開催しましたぴかぴか(新しい)
令和元年度しまね社会貢献基金寄付者設定テーマ事業 株式会社伊藤園 お〜いお茶『お茶で島根を美しく。』

日時:2019年12月15日(日)13:00〜16:30
場所:くにびきメッセ501大会議室
参加人数:延べ約100名
(中海自然再生協議会と同日開催 協議会については別投稿をご覧ください!)

第2部 ゲストスピーチ
講師:菊地直樹氏(金沢大学人間社会研究域 附属地域政策研究センター准教授)
タイトル:「中海の自然再生の社会的評価―自然再生によるSDGsの達成への道筋―」

IMG_0973.jpg

「自然再生とは
まだ見ぬ人と自然のかかわりという未来を想像・創造する
環境・社会・経済にまたがる取り組み


IMG_0974.jpg

第3部 小中学生の発表・SDGsカードゲーム・各種事業発表

トップバッターは1年間「大好き♡中海」の授業をしてきた意東小学校の5年生たちぴかぴか(新しい)
待ち時間はそわそわ、緊張気味exclamation&questionでしたが、本番はこれまで学習してきて感じたこと、考えたことを
ビシっと発表してくれましたexclamation×2

IMG_5306.jpg

会場でのクイズ(結構難しいあせあせ(飛び散る汗)

IMG_1019.jpg

IMG_1016.jpg

「漁師の担い手がいないなら、僕がなろうと思いました」

IMG_0993.jpg

最後に、17日の赤貝販売のお知らせもばっちりぴかぴか(新しい)

手作りのチラシも作って配ってくれましたわーい(嬉しい顔)
79234267_2699169133658492_7609694240393658368_n (2).jpg

もらった人からは
「これは、額に入れてかざりたいな〜ぴかぴか(新しい)」という声もるんるん

79914997_499982520618824_8590785373481730048_n (2).jpg

次に意東小OBの中学生1年生。
彼女は2年前、意東小学校で「大好き♡中海」の授業を受け、
その後「中海のことを中学の同級生にも知ってもらいたい!」と考え、夏休みに自然再生センターに電話インタビューをしてくれましたexclamation
それがきっかけで、今回のシンポジウムでも発表してもらうことになったのですぴかぴか(新しい)

IMG_1032.jpg

普段自分が見ている中海のこと、
授業を受けたあと、どう考え、実際どんな行動したのかを話してくれましたぴかぴか(新しい)


「SDGs的な考え方で人や環境を守り、人間の思いが一つになれば、世界が変わっていくのではと感じる」
「想いを一つにして、SDGsで考えて、実際に行動してみませんか?」

IMG_1037.jpg

お次は「SDGsカードゲーム」ぴかぴか(新しい)
17のゴールを机に並べ、老若男女が自分の自慢や中海との関りなどを出し合いましたるんるん

IMG_1067.jpg

IMG_1080.jpg


IMG_1086.jpg


IMG_1089.jpg


ここで、もぐもぐタイムわーい(嬉しい顔)
「オゴノリング大作戦」事業の一環で育てたサツマイモぴかぴか(新しい)

IMG_1063.jpg




続いては各種事業発表
・海藻の回収及び活用事業について:倉田准教授(島根大学生物資源科学部環境共生科学科)

IMG_1113.jpg

・オゴノリング大作戦について:中浜(認定NPO法人自然再生センター)

IMG_1122.jpg

・中海浚渫窪地修復事業:
桑原准教授(島根大学生物資源科学部環境共生科学科)
IMG_1126.jpg

山本教授(広島大学)
IMG_1128.jpg


実は会場外でサツマイモのサンプル販売も行っていましたグッド(上向き矢印)
合計で25袋の売上目


IMG_5289.jpg

以下アンケートより
「身近な自然を大切に思い、景観や生物を守りたいと思う人がたくさんいることを知ることができました」
「中海再生には中海を取り巻くすべての環境が相関を持つことが分かった。意東小学校の活動発表には感銘を受けた」


ドネーションも同時開始
https://syncable.biz/campaign/769/
「中海の自然再生をSDGs視点から次世代と共に考える」このようなシンポジュウムを小学生、研究者、市民の発表の場、聴く場、話し合う場を行政と共に」の願いを込めて!継続的に開催できますようにぴかぴか(新しい)


主催 :認定NPO法人自然再生センター
共催 :中海自然再生協議会
後援 :島根県 ・鳥取県 ・松江市 ・島根大学 ・米子工業高等専門学校 ・松江工業高等専門学校 ・松江商工会議所 ・しまね自然と環境財団(エコサポしまね)・中海水鳥国際交流基金財団 ・ホシザキグリーン財団 ・ふるさと島根定住財団 ・とっとり県民活性化センター
協⼒:・中国環境パートナーシップオフィス ・中国地方ESD活動支援センター

本日も取材にお越しいただき、誠にありがとうございました。
■山陰中央新報
■朝日新聞
■マーブルテレビ
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■イベント

第7期第3回中海自然再生協議会

12月15日10:00〜開催

会場 国際会議場 くにびきメッセ 501大会議室
参加者 38名

IMG_0915.JPG
議事次第
國井中海自然再生協議会会長からの挨拶
今後の部会の運営について
全体構想の見直しについて
その他

地域循環共生圏
IMG_0918.JPG

IMG_0922.JPG
県外からいらした、オブザーバーの方からのご意見も伺いました。


IMG_0931.JPG
広島大学 山本民次教授

その後、分科会に分かれさらに詳しく協議しました。

【中海浚渫窪地埋め戻修復事業】
プロジェクトリーダー 桑原准教授(島根大学)
IMG_0943.JPG


79644959_3339547942739056_8791882695832502272_n[1].jpg


79749072_3339547932739057_7824878239431524352_n[1].jpg


79671391_3339829516044232_3877674303654723584_n[1].jpg

私たちは、水上からは見ることのできない湖底の問題は、なかなか一般の方に伝わりにくく、理解を得るのが難しいのですが、中海の自然を取り戻すためには避けて通れない課題です。時間も費用も多大に必要とするこの課題に、私たちは継続して取り組んでいます。
こんな研究内容も共有したいと考えています。
※中海の浚渫窪地の特徴
中海の浚渫窪地は自然の湖底より3〜7 m程度深くなっています。そのため、窪地湖底の塩分の高い水(=重たい水)は沈んで停滞し、塩分の低い表層の水とほとんど混ざらないため、湖底には酸素が供給されず窪地内は酸素がなくなりやすくなっています。さらに植物プランクトンの死骸をはじめとする有機物が溜まりやすく、堆積した有機物の分解には大量の酸素が消費されています。酸素がなくなると、汽水域においては高い毒性を持つ硫化水素の発生要因となり、また有機物やリン酸・アンモニアなどの栄養塩の溶出を促します。特に、小規模な浚渫窪地の水は簡単に入れ替わらないため、夏季に発生した栄養塩や硫化水素は窪地内に蓄積し、高濃度になります。

【海藻の回収および活用事業】
プロジェクトリーダー 倉田准教授(島根大学)
IMG_0943.JPG


IMG_0932.JPG

【中海湖岸の利活用】
プロジェクトリーダー 熊谷昌彦(認定NPO自然再生センター)
IMG_5295.JPG

議事録は、中海自然再生協議会HPにて後日UP致します。
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■中海自然再生協議会