CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年11月14日

小三角島

    「大橋川の小島で遊ぼう、学ぼう」
      ‥朝酌川河口のミニ三角島でヤマトシジミ復活への取組の見学と
        動植物の観察、無人の島への探検

 2011年11月 3日(木・祝日)に上記のイベントが行われました。

 時間:9:00〜12:00
 場所:松江市西尾町(朝酌川下流)の手貝水門
 参加者:15名(内児童2名、幼児1名)

 自然再生センターでは、朝酌川下流の手貝水門の先の民有地(愛称:ミニ三角島)をお借りしてヤマトシジミの飼育実験を進めています。今回渡るミニ三角島は、朝酌川と剣先川・大橋川が合流する辺りの中州で、大正のはじめに新田開発でできた土地ですが、この10年ほどで耕作放棄地となっています。
 

 そして、このところ、大橋川ではシジミがほとんど取れない状況が続いていますが、このミニ三角島でのシジミ復活を目指した調査についての紹介や、島に生息する植物(オオクグ(準絶滅危惧種)、背高アワダチソウ、葦)や、水中の植物に関するお話(リュウノヒゲモ(絶滅危惧U類)など)が、島に渡ってからありました。

 またその後、島を探検して、他にも違う植物が生息してないか調べて回ったり、生き物を探したりしました。そこで目にしたものは、葦に隠れた「ゴミ」。持ってきたゴミ袋がすぐに満杯になりました。他にも、大きいカニや、小さいかに、はさみのでかいカニなど、‥ってカニしか見当たらない。でも大きいのになると、大人のこぶしぐらいのおおきさ。



 参加した子供たちは、とても喜んでました。ほえー

島には1時間半ほど滞在し、その後は、子供たちと他何人かでゴズ釣り。
3分もしないうちに1匹目、2匹、3匹‥。みんなで分けて、家に帰って「唐揚げ」にして食べました。ふぐ

 今回、このイベントではシジミの飼育実験の様子や、ミニ三角島の動植物を実際に見たり触ったりしながら学習できました。ウインク
 参加、ご協力くださった皆様、ありがとうございました。OK!2
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック