CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年06月26日

\オゴノリング大作戦/大豆の種まき

6月26日朝から曇りだけど蒸し暑い晴れ大根島のオゴノリング農場にて、そのような中、今回は畑部の熟練達が大豆の種まきをしました。
オゴノリング農場で大豆を育てるのは4年目exclamation
今年は昨年と大豆を植える畑の場所を変えています。

集合写真1.jpg


種をまく穴は、足跡くつその跡に種をまき、土をかぶせたら種まきは終了るんるんさすが手慣れた畑部のメンバー。あっという間に終わっていしまいましたグッド(上向き矢印)
種、土かけ.jpg


と思っていたら、この後の工程が・・・体力が要りました。

草刈り2.jpg
草マルチ用の草を刈ります。このために、あえて草刈りをせず残していてくださった畑部師匠ぴかぴか(新しい)刈りごたえがしっかりありましたexclamation

草運び.jpg

インターンシップ生も草を集めて運びます。これはやっぱり、若者の仕事exclamation&question

雑草マルチかけ3.jpg

先程まいた大豆の上から草マルチをしていきます。草マルチは一石二鳥にも三鳥にもなります目
草刈りができるexclamation
まいた大豆を鳥から守るexclamation
土の保水力アップexclamation
草はいずれ土にかえるexclamation
雑草というのはもったいない。草マルチはいいことがいっぱいでするんるん

雑草マルチ1.jpg


今回はオゴノリ区に約400粒
   非オゴノリ区に約250粒    まきましたかわいい

朝のコーヒー.jpg

「生長したら、枝豆で食べたいね。ビールが美味しいだろうね。」
「味噌作りしよう!」
「豆腐もできるかも・・・。豆腐って大豆だが?」
「じゃあ、豆乳は?」
と畑部のみんなの夢は膨らみますぴかぴか(新しい)
楽しみが増えましたるんるん

【おまけ】
今年2月に作った究極のてまえ味噌がどうなっているのか・・・
のぞいてみると

妹尾家.jpg

香りはもう味噌exclamation×2
ほじくると下の方は少し薄い色でいたわーい(嬉しい顔)

上山家.jpg

表面の薄い色は、蓋の役目をしていた酒粕ですわーい(嬉しい顔)
作って一週間後に容器から知るが出てきて、「ヤバいながく〜(落胆した顔)」と思っていましたが、今恐る恐る蓋を開けたら、きちんと味噌ができていました手(チョキ)
美味しいでするんるん嬉しいでするんるん


今年の大豆でも究極のてまえ味噌を作る予定ですexclamation
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■オゴノリング大作戦
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック