CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年12月11日

松江高専 オゴノリ刈り&オゴ粉砕

2020年12月11日(金)午後
松江工業高等専門学校の3年生9名とオゴノリ刈り&オゴ粉砕を行いましたぴかぴか(新しい)

昨年に続き「実践工学英語」の中のSDGsに関するフィールドワークの授業です。


本日も3名の地元漁師の皆様にお世話になりますぴかぴか(新しい)
よろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)
オゴノリを取る伝統的な道具、「オゴカギ」の使い方を教わってから…

IMG_1019.jpg

早速中海へダッシュ(走り出すさま)

いってらっしゃいグッド(上向き矢印)

IMG_2449.jpg

待っている間にオゴノリング大作戦の概要を紙芝居&英語で説明手(チョキ)
英語の先生と打ち合わせ一切なしで読んでもらいましたが…
「なんかおかしな英語ですねふらふら

matudasennseisetumei.jpg

あれれ〜あせあせ(飛び散る汗)
先生教えてくださいー(長音記号2)

学生のみなさんはフィーリングで伝わったようですわーい(嬉しい顔)

IMG_1062.jpg

IMG_2465.jpg

そうこうしている間に
お〜ぴかぴか(新しい)
たくさん採れましたるんるん

IMG_1079.jpg

続いて枝豆の畑へ移動ダッシュ(走り出すさま)

今年は畑にまくのではなく、乾燥したオゴノリを加工してもらいますぴかぴか(新しい)

オゴノリは小規模であれば生のまま手作業で畑にまくことができますが
大規模になるとそうはいきませんexclamation

センターは2019年から鳥取県の日南町のお米農家さんに加工したオゴノリをお渡ししていますぴかぴか(新しい)
そこではオゴノリとその他の肥料を混ぜてペレットにして田んぼに投入されています目
ペレットにするためには、オゴノリは写真のように加工する必要があるのですー(長音記号2)

IMG_1034.jpg

今はこの粉砕作業は本当に手間をかけて、漁師の方に手作業で行っていただいていますー(長音記号2)
ここがもう少し効率的にできれば、オゴノリングの輪はよりスムーズに回るのですぴかぴか(新しい)
そこでexclamation×2
未来のエンジニア、松江高専のみなさんのアイデアをぜひぴかぴか(新しい)

ということでこの粉砕作業を体験してもらいましたるんるん

1.オゴノリを乾燥させる

IMG_2482.jpg

2.ハサミで切る

IMG_2499.jpg

3.粉砕機に少量ずつ入れる

IMG_1115.jpg

4.ふるいにかける

IMG_1032.jpg

さあ学生の皆さん、いかがでしょうexclamation&question
またアイデアお待ちしておりますわーい(嬉しい顔)

今日のフィールドワークは後日英語でプレゼン予定だそう。
取材もスマホを使ってされていましたよグッド(上向き矢印)

IMG_9542.jpg
体験だけでなく、「伝える」まで。楽しみに待っていますぴかぴか(新しい)

終始明るい皆さんで、楽しい活動となりましたわーい(嬉しい顔)

IMG_2475.jpg


本日は各種取材がありました。
■中海自然再生協議会・自然再生センターのPR動画撮影のため、環境省より取材(完成後、またHPにアップいたします!)

IMG_9531.jpg

■オゴノリングでお世話になっている柏木さんの取材
■マーブルテレビ(2020年12月14日18時より放送予定)

ありがとうございました。


【■松江高専・SDGsの最新記事】
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■松江高専・SDGs
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック