CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年09月24日

インターンシップを終えて


はじめまして自然再生センターインターンシップ生のIです!


私は8月後半から約1ヶ月間インターンさせていただきました。40時間という短期インターンでしたが、様々な場所でたくさんの方と関わる機会があったので、本当にたくさんの経験ができました。




以下は私が取り組んだ活動とインターンを通しての心境の変化について書きたいと思いますペン




私は販売・広報部に所属させていただき、その中でオゴノリ大作戦で育てられた作物の予約販売の宣伝チラシを作成しました。

それがこちらぴかぴか(新しい)

IMG_6202.jpg

チラシを受け取る側に立って、読みやすくインパクトを与えられるチラシは何なのか模索し、自然再生センターの方にも知恵をいただきながら完成させました。



また、えだまめ畑の草刈りと芋づる収穫にも参加しました。
畑に行くのは小学生ぶりでした…あせあせ(飛び散る汗)
豊かな自然の中で汗を流すことは都会にいてはできないのでとても貴重な体験になりました。
IMG_0446.jpg



そして、このインターンでなければ行けることはなかったであろう「中海自然再生協議会」についてですexclamation
会議準備のオブザーバーとして参加させていただきました。


IMG_1922.jpg

会議準備から会議の雰囲気まで社会勉強になることばかりで、とても貴重な経験になりました。



インターン後半は、自然再生センターと関わりのある地域の方々にインタビューをさせていただきましたカラオケ
業種の異なる様々な年齢層の方たちとお話させていただき、自然再生センターの活動を通じて様々な角度からの地域への想いを知ることができました。
この地域の魅力や課題について新たな視点が生まれました。

IMG_0408.jpg

IMG_6094.jpg


IMG_E0424.jpg
インタビュー経験は初めてだったのでとても緊張しましたが、皆さん快く受け入れてくださり、そしてとても暖かく丁寧に答えてくださりました。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。


〈まとめ…〉

このインターンを終えて一番に思ったこと、それは……参加して良かった―!!! です() 自分が一皮むけれた、成長できたと心から感じるからです。

もともと私は、インターンを始める前、目標設定シートで自己分析をした時、自分に足りないスキルが「主体性(アクション力)」であったため、それらを克服すべく主体性を身に着けられるような内容を組んでもらいました。そこで初めて、自分一人で一から目標・目的を立てそれに伴う計画立てをし、提案やアポどりをして働きかけ、実行するという全てを自分でやらせていただきました。これによって、受け身ではなく最後まで自ら責任をもって行動するという主体性を存分に発揮することができました。今まで私は人見知りもあり、自ら率先して行動を起こすということに躊躇してしまっていたのですが、今回このような経験をさせていただいたことで、人と関わることの楽しさや人に伝えることの面白さに気づけたように感じます。それがこのインターンに参加して良かったと一番に思った理由です。



また、このインターンで、これから社会に出ていく上で必ず役に立つマナーや作法などを学べたこともとてもいい経験になりました。色んな方と色んな場所で交流できる機会があるので、常に新たな環境で自分の視野が広げられるとても有意義な時間になりました。ぜひインターンに興味のある方はきっかけは何でもいいと思います、小さなことでも何か変化したいと考えてる人はぜひ参加してみて欲しいです。



最後に、このインターンを通しお世話になりましたすべての方々に感謝いたします。本当にありがとうございました。





<PS>

一階の「天神キッチン」さんで食べる日替わりランチはいつも美味しかったです揺れるハートこれを楽しみにインターンも頑張れました!ありがとうございました!

IMG_E6082.jpg




posted by 認定NPO法人自然再生センター at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■インターンシップ
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック