CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月01日

中海のありがとうをさがせ♪

11月1日 中海のありがとうを探せ♪ (二日目)
八束学園の4年生のみんがといよいよオゴノリ刈りダッシュ(走り出すさま)

まず初めに、手作り紙芝居を使ってオゴノリング大作戦のお話しデス。
今中海で、オゴノリがどのようになったて昔の人は畑に使ってまいて土にいいものを入れて野菜を作っていたというお話しです。
オゴノリは、そのままにしていると魚のゆりかごになるのですが腐るとヘドロになります。

IMG_0515.JPG

そして、使うのはこの「おごがき」
IMG_4550.JPG

こうやって海の中のオゴノリをとるんだよ〜手(グー)

IMG_0544.JPG

そして、飯島さんと昨日の教室での授業の復習です。
オゴノリをすると生き物に出会います。
生き物にあったらすることexclamation×2
何だったかなぁ〜。。。。
1.体のつくりを観察すること
2.住処を考える=環境
3.暮らしをみる  覚えていたかなexclamation&question

IMG_0637.JPG

近くのお年寄りも、「(・_・D フムフム」。。。。ひなたぼっこ晴れ
IMG_0526.JPG

さあ。。。みんなに見守られながらスタートグッド(上向き矢印)

IMG_0581.JPG

生き物をいましたね〜黒ハート

IMG_0573.JPG

IMG_0593.JPG

IMG_0608.JPG

中海をよくするには、どのようなありがとうを作っていけばいいのかなぁ〜
生き物にも聞いてみてよ。。。ねわーい(嬉しい顔)


刈り取ったオゴノリは軽トラに積み込み畑にもっていきまきます。
よいしょっと
IMG_0635.JPG

さあ、次は畑に歩いて移動あせあせ(飛び散る汗)

IMG_0627.JPG

中海の中でも、生き物や海藻と人がありがとうでつながっていたかな?
多くの人とみんなはつながっていたかな?

つぎは、中海と畑が「ありがとう黒ハート」つながるかな?

IMG_0652.JPG

オゴノリが去年もまいた畑は、においがちがう、手触りが違う、生き物が多いそして。。。
こんな大きなお芋がほれましたぴかぴか(新しい)
IMG_0671.JPG

一番大きい芋を家の人のお土産に持ってかえり、「伝えるひと」になって今日のお話しをしてあげてねるんるん

きっとだよーーグッド(上向き矢印)

IMG_0676.JPG

飯島さんからの宿題もあったね。
この畑のお芋のネーミング!
待ってるよ〜リボン
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■環境学習・・・八束学園
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック