CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年10月16日

霞ケ浦から出前授業!in八束学園〜屋外授業編〜

やっほ〜るんるん
なかうみちゃんですぴかぴか(新しい)

前の投稿に引き続き、八束学園での環境学習の様子をリポートするよ〜ダッシュ(走り出すさま)


午前中は飯島さんに”ありがとうのつながり”について学んだみんな。
午後からは実際に中海にでて、”ありがとうのつながり”を見つけてみようexclamation

ということで、小学校からすぐ近くの田島港に向かって出発〜晴れ

今日は海班と陸班に分かれ、途中で交代し、交互に学習していきました。

まずは当法人の渡部副理事長から中海のお話。
オゴノリはいきものののゆりかごであること、今年は猛暑でオゴノリが少ないこと、そして昔の豊かな中海の様子を教えてくれました。
44083882_339945493442553_2947184203210424320_n.jpg

そのお話を頭にいれて、お次は岸からオゴノリ刈りぴかぴか(新しい)

DSCF2508.JPG
約4mの「オゴガキ」という道具を使って、沈んでいるオゴノリを引き揚げます。
(この「オゴガキ」も漁師さんの手作りぴかぴか(新しい)伝統的な取り方です)

みんな長いオゴガキに悪戦苦闘しながらも、楽しそうにとっていましたるんるん

オゴノリから出てきた生き物にみんな興味津々〜グッド(上向き矢印)

IMG_20181016_141515.jpg

小さなカニやサンゴタツ(タツノオトシゴに似た生き物)、プランクトンもたくさんいたね〜
オゴノリがいきもののゆりかごになっていることを体験しましたexclamation

44259777_2159146474352790_1971335034757447680_n.jpg

地元の漁師の皆さんのご協力を得て、中海をクルージングぴかぴか(新しい)
中海の湧水場所を見学しました。

DSCF2500.JPG
船に乗るのは初めての生徒さんも多かったみたい目
降りた後も「もう一回乗りたい!」と興奮気味。(笑)

44079056_478191529353101_944280445862805504_n.jpg

興奮冷めやらぬまま、最後に赤貝の養殖見学exclamation
漁師さんが、みんなが見やすいように赤貝を養殖するカゴを岸に持ってきてくれていました。
カゴを引き上げると…ジャラジャラぴかぴか(新しい)稚貝からお店でよく見るサイズまで、赤貝がたくさんひらめき
ほかの生き物もたくさん目
みんなが食べる赤貝は、こんな風に育てられているんだね〜ひらめき

IMG_6211.JPG

子ども達からは、色々な質問がありました。
「昔の中海はどんなだったの?」
「昔は、この田島港も周りは岩場で、ヨシなどがたくさん生えていたし、
その時は赤貝も湖底で元気に育っていた。だけど今は、湖底では赤貝は育たなくて、こうして養殖しているんだよ。」

「漁師さんはどうしてこの仕事を選んだの?」
中海が好きだからだよ」

中海への愛を感じます黒ハート



そして最後に、当法人が地元の方のご協力を得て管理している畑へダッシュ(走り出すさま)

44094696_1910952432327266_1801265582650163200_n[1].jpg

とったオゴノリを畑にまいて、土へと返します。
オゴノリをとるだけでなく、活かすことが大切であり、それを子ども達にも知ってもらいたいと考えています。

最後に、子ども達から
「教科書にはのっていないことをたくさん学べて楽しかった」
という感想がありました。
そうexclamationみんなの住んでいる地域では、教科書には載っていないことがまだまだたくさん見つけれるはずexclamation×2
みんなどんどんいろんなところへでかけて、体験して欲しいなあぴかぴか(新しい)
なかうみちゃんはいつでもウエルカムよ揺れるハート

さあ、今日一日だけでもたくさんの”ありがとうのつながり”がありました
オゴノリ、赤貝、サンゴタツ…
飯島さん、小桐さん、漁師の皆さん、保護者の皆さん、学校の先生…
今日のこの気持ちを忘れないようにしなきゃね

本当にみなさん
今日はありがとうございました〜!!


IMG_6216.JPG



posted by 認定NPO法人自然再生センター at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■環境学習・・・八束学園
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック