CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年10月16日

霞ヶ浦から出前授業!in八束学園〜屋内授業編〜

こんにちは、なかうみちゃんでするんるん

最近めっきり涼しくなって、なかうみちゃんも過ごしやすくなりました〜ぴかぴか(新しい)
今日も秋晴れでとってもいいお天気晴れ

さてさて今年も茨城県は霞ヶ浦から認定NPO法人アサザ基金の飯島さん達が、特別講師として来てくださいましたぴかぴか(新しい)
今年もよろしくお願いしますexclamation
DSCF2425.JPG

日時:2018年10月16日(火)10:40〜15:15(休憩含む)
場所:八束学園(屋内授業)/田島港(屋外授業)
参加者:八束学園4年生(23人)

ということで、早速授業開始!
テーマは「いきものとおはなしする方法」

飯島さん
「いきものは私たちが知らないことをたくさん知っている。そのいきものたちとおはなしできるようにならないと、環境のこと、自然のことはわからないんだよ。」

なかうみちゃんはいきもののみんなとおはなしするのだーいすき黒ハートだけど、みんなはどうやっておはなしするのかな?


飯島さんは、花とミツバチの話を例に、みんなに
”ありがとうのつながり”のはなしをしてくれました。
ミツバチは花に蜜をもらって”ありがとう”
花はミツバチに花粉を運んでもらって”ありがとう”
いきものたちはこんな風に、いろいろなところで”ありがとう”でつながっている
人間だっておんなじ。

昔は中海にもたくさんの”ありがとうのつながり”があった、でも今は…?
どうすればまた”ありがとうのつながり”を取り戻すことができるかな…?

「ごみを捨てない!」「いきものにエサをあげたら?」
みんなから、いろんな案がでてきました。
大切なのは、”ありがとうのつながり”を減らしてしまっている原因をみんなで考えること、
そしてそれを無くすこと。
それが、中海をよくすることにつながるんだよ。
そう教えてもらいました。

みんな飯島さんのお話をとっても真剣に、まっすぐなまなざしできいてくれました。
DSCF2482.JPG

授業では、飯島さんがシャシャっと描くカッパや恐竜、リスの絵に大盛り上がりグッド(上向き矢印)
DSCF2478.JPG
みんなも一生懸命メモしていましたねわーい(嬉しい顔)
DSCF2476.JPG

わたしたちの周りには、花とミツバチのようなちいさな範囲から、
山と川と海と土のような大きな範囲まで、さまざまな”ありがとうのつながり”があるんだね。

最後に、いきものとおはなしするための3つのポイントを教えてもらいました
1.体のつくりをよく観察する(形や大きさ)
2.すみか
3.くらし


さーて、午後からの授業は実際に中海に出て、教えてもらったことを活かして中海を見てみようね〜ぴかぴか(新しい)




posted by 認定NPO法人自然再生センター at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■環境学習・・・八束学園
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック