CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年11月11日

守ろう!大好きな中海♡八束学園

今秋も体験学習を通して、ふるさとの自然や環境を守る心を育てることを目的に、地元松江市の八束学園の生徒達が、中海にてオゴノリ刈り&サツマイモ堀りを体験しましたひらめき

日時:平成28年11月11日(金)9:00〜12:10
 ◆オゴノリ刈り・・・9:20〜10:50
 ◆サツマイモ堀り・・11:15〜11:45
参加者:八束学園4年生(41名)

朝は雨が降っていたので天候を心配しましたが、
子ども達が到着する前には曇り空から太陽が覗いていましたひらめき

CIMG7978.jpg

でも、たとえ雨が降っていたとしても、
人間都合で考えるのではなく、人間が自然に合わせていく・・・
そういった考えで、少雨決行の予定でした
今回はラッキーでしたねわーい(嬉しい顔)

いざ船に乗って、オゴノリ刈りへ出発ダッシュ(走り出すさま)
クラス毎(1組、2組)に分かれ、2回行いました

CIMG8049.jpg

昔ながらの伝統的な手法でオゴノリを刈る経験は初めてなので、
子ども達も大興奮の様子でしたひらめき

CIMG8043.jpg

最初は不安げだった子どもも、コツをつかめてくるにつれて、勢いが増してきますexclamation
あっという間に船にオゴノリの山ができました

刈り取ったオゴノリの中にはたくさんの生物が付着しています目

CIMG8022.jpg

どんな生き物なのか興味津々

つづいて、このオゴノリを土壌改善として土に混ぜてすくすくと育ったサツマイモ畑へダッシュ(走り出すさま)
説明を受けて、いざサツマイモ堀りです

CIMG8060.jpg

優しく優しく、手で土を掘っていきますexclamation

CIMG8062.jpg

安納芋という種類のイモ、焼き芋にしたら甘くてとっても美味しいんだそうですぴかぴか(新しい)

子ども達の手によって収穫されたサツマイモは、
それぞれに持ち帰えるのは少しだけ

CIMG8080.jpg

子ども達と話し合い、あとのサツマイモはセンターを通して市場で販売することになりましたひらめき
そうすることで、自然再生の貢献へと輪が繋がっていきます
中海の惠みよ、外へ向けて発信!!

CIMG8076.jpg

※写真掲載は許可を得ています※

※11月11日のNHK松江放送局(昼、夜のニュース)、山陰ケーブルビジョンマーブル(夜)にて放映していただきました。また、山陰中央新報の方も取材に来られました。
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■環境学習・・・八束学園
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック