CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
認定NPO法人自然再生センター
マスコットキャラクターなかうみちゃんだよ〜
遊べる、豊かな汽水域を取り戻すために、日々奮闘中!
応援よろしくね〜だんだん♡

2021年02月21日

畑部集大成!究極の手前みそ作り@天神キッチン

日時:2月21日(日)10〜12時
参加者:15名

オゴノリング大作戦の集大成、味噌作りを行いました。

味噌づくりは2日間かけて…
今回は大根島伝統のレシピですぴかぴか(新しい)

1日目

大豆を1日たっぷりの水に浸しておきます。
最初はこんな感じ目

IMG_1467.JPG

今回使う麹は、いつも食の会でもお世話になっている宮内舎さんのものぴかぴか(新しい)
元気な麹を届けていただきましたるんるん
とってもいい香りがします揺れるハート
IMG_1471.JPG


2日目
さあいよいよ当日!
水に浸しておいた大豆がこんな風に目

IMG_1475.JPG
生の大豆と比べると、約2〜2.5倍に膨らみますひらめき






これを2時間程度グラグラと煮ます
IMG_1476.JPG

途中堅さを確認しながら味見レストラン
ふっくらホクホクで美味しいるんるん

IMG_1478.JPG
ゆであがったら、ざるに上げて人肌の温度になるまで冷まします


さあ、開始時間になりました!
自己紹介をしてから、まずはオゴノリング大作戦の説明から
IMG_2711.JPG
「オゴノリは取ったら何に使いますか?」
「肥料!」「寒天の材料!」畑部の皆様は即答ですひらめき
晴れ暑い日や雪寒い日の活動を振り返るスライドでは皆様しみじみと思い返しています。

味噌作りスタートexclamation×2
まずは麹と塩を混ぜて塊を崩しながら粉々にします。IMG_2719.JPG
IMG_2739.JPG
「触るとあったか〜い、気持ちいい〜わーい(嬉しい顔)」腕をずぼーっと入れている姿もわーい(嬉しい顔)
麹が活発に生きてる証拠ですぴかぴか(新しい)
五感を使いながら次世代の面々もしっかりこねこねグッド(上向き矢印)

IMG_2722.JPG
「麹と塩だけでも酒のつまみになるね…」
こちらは大人な会話…
今度試そうかなビール

手を動かしている間に、畑部の皆さんにインタビューひらめき
Q.1年間の中で何が一番印象に残っていますか?
A.「夏の草取りかな〜!暑かった〜あせあせ(飛び散る汗)でもそうしてできた大豆を味噌にしているって感慨深い…まるでわが子のような大豆です黒ハート
「今この瞬間!そして食べるのが本当に待ち遠しい。知り合いにもオゴノリングの取り組みを紹介して、少し分けようと思っていますわーい(嬉しい顔)

IMG_2742.JPG
煮た大豆を加えて再度こねこねグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

その後、味噌くり機で味噌をミンチのように加工します。
IMG_2750.JPG
棒で上からギュッギュッギュダッシュ(走り出すさま)
IMG_2762.JPG
「あとどのくらい?」
「もう少し〜」
「あと何グラム??」
「わからな〜い」
というやりとりはご愛嬌わーい(嬉しい顔)
IMG_2758.JPG
映画報道の方も一緒に体験
「思ったより力が要りますね〜あせあせ(飛び散る汗)

その後、空気が入らないように各自の容器に敷き詰めます。
IMG_2766.JPG
「ぎゅ〜ぎゅ〜力がいるね」
IMG_2765.JPG
「これが我が家スタイルの味噌になるのか」
皆様おいしくなるように頑張って密封させます。
IMG_2755.JPG
これが令和の「おいしくな〜れるんるん
計30sの手前みそが完成ぴかぴか(新しい)

これから各家庭で熟成されていきます。

152552374_189466852932991_6024533468507114752_n.jpg

熟成のコツは…
一回忘れること
だそうです。
う〜ん、ふたを開けるのを我慢できるかなふらふら

「この季節に採れた物を、この季節に食する事が四季を感じる上では重要ですね」
今では買い物に行けば簡単に買えますが、
自然の営み、循環を感じながら生活するのはとても豊かなこと。
このお味噌も、きっと買えないお味になるのではないでしょうか。

最後はみんなで味噌をもってパシャリカメラ

IMG_0178.JPG

オゴノリング1年間の総括となる1枚になりましたわーい(嬉しい顔)皆様お疲れ様でした。

本日も取材いただきありがとうございました。
IMG_1495.JPG
緊張しながら、次世代が取材に答えてくれました。

■NHK松江放送局→本日18:45〜(中国地方版)、2/2218:00〜(島根県版)
■BSS放送→本日夕方のニュース
■毎日新聞→明日の朝刊、動画記事も!↓↓↓
記者さんの初動画記事だそうですぴかぴか(新しい)
https://mainichi.jp/articles/20210221/k00/00m/040/185000c?fbclid=IwAR05pf9S_SBdqojNy3Z-colEtbYsfOPG3nNL4aTaIqY7pJBtIdH5jA5N51Q

畑部員の男子も、ブログを書いてくれましたぴかぴか(新しい)
ぜひご覧くださいわーい(嬉しい顔)

posted by 認定NPO法人自然再生センター at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■オゴノリング大作戦

2021年02月07日

大豆脱穀@大根島

2月7日(日)9:00〜
参加者:8名
畑部の皆様と大豆の脱穀を行いました。

当初は曇り曇り怪しい雲行きでしたが、参加者の皆様の日頃の行いが良いためか
最後まで雨が降ることなく作業が出来ましたわーい(嬉しい顔)

枝と豆を分ける方法として2種類の方法があります。
@叩いて豆を出す原始的なやりかた
  楽しんでやるにはもってこいパンチ
  会話も弾ませながら、みんなでバンバンダッシュ(走り出すさま)
IMG_2671.JPG
A脱穀機で分離させる最新式のやりかた(笑)
  足を動かしながら枝を動かすのは少し慣れがいります。
  明日は太股が筋肉痛かな・・・
IMG_2662.JPG

さらに送風機を使って皮と豆を分離させます。
IMG_2666.JPG
重い豆は下に落ち、皮などは奥に飛んでいく仕組みになるほどという感じぴかぴか(新しい)
取り切れなかった豆は鳥たちのエサとしてまた自然の循環に一役買います。

IMG_2677.JPG

一息ついて、お芋のもぐもぐタイムるんるん
安納いもと紅はるかを食べ比べ、どっちもおいしく甲乙つけがたいぴかぴか(新しい)

「最近はSDGSと叫ばれてるが、わしらはずっと前から
資源を無駄にすることなく農業しちょったよ。」
と循環型の資源利用についてのお話が聞けました。


IMG_2686.JPG

きれいに仕分けをして、合計11.5sの大豆が採れました。
 ・大根島(オゴノリ区):3s
 ・大根島(非オゴノリ区):1.5s
 ・上乃木:7s(上記とは条件別)
オゴノリをまいた畑とそうでない畑では、収穫量もさることながら
大豆の色合いや出来ばえにも違いがありビックリexclamation×2
非オゴノリ区の大豆には栄養の少なそうな豆が多かったかな。

IMG_0031.JPG

ご指導いただいた方や次世代の頑張りにより、スムーズに終えました。
次回はオゴノリング大作戦の集大成、今日の大豆を使っての味噌作りでするんるんグッド(上向き矢印)
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■オゴノリング大作戦

2020年12月27日

\オゴノリング農場/大豆収穫で2020年畑納め!

冬の晴れ間晴れ
今年最後の畑部活動を行いましたるんるん

日時:2020年12月27日(日)10〜12時
場所:大根島 オゴノリング農場 大豆畑
参加人数:13名



オゴノリング農場の大豆は約100本。

新入部員さんが刈り払い機で素早く刈り取りぴかぴか(新しい)

IMG_1189.jpg

ソーラーパネルの下に紐を張って干していきますー(長音記号2)

今日は次世代がたくさんでにぎやかわーい(嬉しい顔)
みんなも一生懸命お手伝いぴかぴか(新しい)
IMG_2614.jpg

IMG_2618.jpg

IMG_2625.jpg


そのうち、昨日水草畑で収穫した大豆も到着ダッシュ(走り出すさま)

どんどん干していきますよグッド(上向き矢印)

IMG_2629.jpg

ブルーシートに落ちた大豆も目を皿のようにして拾い集めます目

IMG_2622.jpg

IMG_2627.jpg
(カメラに気づくとと必ず変顔わーい(嬉しい顔)


今日もふかし芋がご褒美揺れるハート
「やっぱり自分たちで作ったお芋はおいしいなるんるん
「今年は焼き芋にはまっちゃいましたハートたち(複数ハート)

IMG_2635.jpg
「おかわりexclamation×2

IMG_2636.jpg

IMG_2634.jpg

今年1年を振り返って、
Q.一番大変だったのは?
A.夏の草刈り!

Q.一番楽しかったのは?
A.枝豆の収穫!

Q.今日の大豆で何が作りたいですか?
A.味噌!!
IMG_2642.jpg

部員の皆さんとは年間で10回以上、一緒に畑で活動してきましたぴかぴか(新しい)
オゴノリングの輪も、太く強くなった1年でした。

IMG_2632.jpg

皆さん、今年もありがとうございましたぴかぴか(新しい)
来年もどうぞよろしくお願い致しまするんるん
IMG_1196.jpg

posted by 認定NPO法人自然再生センター at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■オゴノリング大作戦

2020年12月26日

大豆の収穫!

早いもので年の瀬ー(長音記号2)
水草畑で大豆の収穫をしましたよグッド(上向き矢印)

日時:2020年12月26日10〜11時
参加者:7名

今年の5月31日に植えた豆ダッシュ(走り出すさま)
青かった枝豆が
122438218_3398468700242880_4794893705543739834_n.jpg

IMG_0191.jpg

乾燥してこんな感じに目
IMG_2592.jpg


IMG_2587.jpg



ちなみに、8月に松徳学院中学生とまいた水草はこんな感じに目

↓まいた直後(緑の毛玉のようなものが水草)
IMG_0190.jpg

↓現在(分解が進んで黒っぽくなっています)
IMG_2589.jpg


約200本を、あっという間に収穫ぴかぴか(新しい)

IMG_2601.jpg

IMG_2595.jpg

繊細な大豆、豆が飛び出さないように大切に運んで…ダッシュ(走り出すさま)
明日、オゴノリング農場の大豆と一緒に大根島に干しまするんるん


ごほうびはふかし芋揺れるハート

IMG_2599.jpg

IMG_2608.jpg

紅はるかと安納芋を食べ比べぴかぴか(新しい)



畑だと普段できないような話もしちゃいますわーい(嬉しい顔)

IMG_2604.jpg

明日に続く…exclamation×2

posted by 認定NPO法人自然再生センター at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■水クサ―クル

2020年12月24日

松徳学院中高生と師走の中海大掃除!くりんぴーす見学と意宇川岸のごみ拾い

今日はユネスコスクール加盟を目指す松徳学院中高生のみなさんと!

日時:2020年12月24日(木)10:00〜12:00
内容:
@くりんぴーす(松江市のリサイクル施設)でのプラごみ出前授業
A意宇川岸のごみ拾い&植物観察
参加:松徳学院中高生ユネスコ委員14名+教員4名


ごみを拾う前にごみについて学ぶひらめき

松江市の環境政策課の方からプラスチックごみについての出前授業をしていただきましたぴかぴか(新しい)

クイズや実際のプラスチックごみを見ながらダッシュ(走り出すさま)

IMG_1130.jpg132665345_476109620456274_3123972199171265994_n.jpgIMG_2537.jpg

終了後、学生からは
「少しのごみが後に大きな影響を与えることが分かった」
「プラスチックが環境に及ぼす被害について学べた」
といった感想がありましたぴかぴか(新しい)


それでは実際に水辺へダッシュ(走り出すさま)

今日はくりんぴーすからほど近い意宇川の岸です。
ここは「中州」になっていて、上流から流れてきたごみがたまりやすい場所あせあせ(飛び散る汗)
まず自然再生センター國井副理事長から水辺の植物についてのお話ー(長音記号2)

IMG_2544.jpg

ここには絶滅危惧種の「オオクグ」という植物や

オオクグ.jpg

汽水の水辺でしか見られない「ヨシ」が生えていますぴかぴか(新しい)


ごみ拾い開始ー(長音記号2)
ごみ袋は松江市にご協力いただきましたぴかぴか(新しい)


缶、瓶、ペットボトル…
色々な生活ごみが植物に交じって落ちていますあせあせ(飛び散る汗)
「やっぱりプラスチックが多い気がする」

IMG_2564.jpg
IMG_2557.jpg
IMG_2551.jpg


なんとテレビもexclamation×2

IMG_2563.jpg

これも流れ着いたものなのか、それとも…もうやだ〜(悲しい顔)



「川はきれいなのに、川の周辺がごみでいっぱいだった」
という感想もありました。


約1時間、一生懸命ごみ拾いをした結果…
45リットル×約20袋がいっぱいになりましたぴかぴか(新しい)

132810828_1838140816335148_6826110619200405807_n.jpg

before

IMG_2561.jpg

IMG_2548.jpg

after

IMG_2568.jpg
IMG_2581.jpg


事後アンケートでは、
「これかもいけるときに率先してごみを拾う」
という声がぴかぴか(新しい)

学び→体験→実践
をぜひ楽しみにしていますぴかぴか(新しい)

本日はありがとうございました。

主催:認定NPO法人自然再生センター
共催:松徳学院中高ユネスコ委員
協力:松江市
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■イベント