• もっと見る
«フィリピン台風30号被災地支援情報(13) | Main | フィリピン台風30号被災地支援情報(15)»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震災がつなぐ全国ネットワーク
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (04/25) 矢部英男
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (04/21) 震災がつなぐ全国ネットワーク
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (04/04) 堀 幸一
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (04/03) 震災がつなぐ全国ネットワーク
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (10/15) 大東建託株式会社 濱崎
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (10/13) 足立区鹿浜図書館
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (08/19) 震災がつなぐ全国ネットワーク
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (07/09) 震災がつなぐ全国ネットワーク
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (07/09) 日野正基
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (07/09)
<< 2023年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
https://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
フィリピン台風30号被災地支援情報(14) [2013年12月05日(Thu)]
2013年11月8日にフィリピンに上陸した台風30号により、
現在でも約300万人が避難生活を余儀なくされていると言われています。

震つなと関わりの深い、CODE海外災害援助市民センター(略称:CODE)では
11月15日から現地にスタッフを派遣して支援を行っています。

現地に入ったスタッフからの情報含め、CODEからの情報をお知らせします。
 ※既に終了したイベント情報も含まれています。ご了承ください。
====================================
 ☆フィリピン台風救援募金にご協力下さい
   ◆郵便振替:00930−0−330579 加入者名:CODE
      通信欄に「フィリピン」と明記してください。
   ◆クレジットカードをご利用の方は下記のページからお願い致します。
      https://mp.canpan.info/code/
 ※募金全体の15%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
====================================
(CODE 11/24配信メールより)

フィリピンの台風被災地へのご支援ありがとうございます。
パナイ島に入った頼政・上野の二人は、フィリピン滞在最後の二日を精力的に
調査・交流を続けています。以下のレポートは22日、現地から送られてきたもの
をもとに作成しています。

写真はブログへ
http://philippines2013typ.seesaa.net/article/381006972.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン台風30号(Haiyan) 救援ニュース No.14
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「被災地では、「バヤニハン」で、早くも自立の動きが・・・」

二人は、これまでもお世話になっているLOOBのスタッフと共にパナイ島北部の
Kalibo市のバランガイ・ポロクサイ地区に入っています。
 同地区は、107家族300人が住んでおり、台風30号襲来時には避難勧告が出
ており、女性や子どもは学校やバランガイホールなどの避難所に避難し、男性
は家を守るために残っていたそうです(そのために亡くなった方も多い)。食料は
ある程度確保できた被災者も見受けられ、むしろ住居再建の建築資材を求める
声が増えています。この地域の住居はほとんど"バンブーハウス"で、中間所得
層は腰の辺りまではコンクリート仕様で、上は竹を使っています。その竹も柱にな
る部分は、丈夫ものを使い、壁の部分は若い竹を使うという工夫が見られます。し
かし、貧しい家庭は全て竹のバンブーハウスのようです。

 まだまだ緊急時の状況から変わっていないのですが、家の再建にとりかかる被
災者も少なくありません。バンブーハウスといえば、インドネシアや中国の被災地
でも注目すべき住居がありましたが、フィリピンでもそれらの事例から学ぶことが
できれば、安価で、地域の資源を活用し、結構災害に強いバンブーハウスが可
能かも知れません。

 またこれまでも紹介したフィリピンの助け合いの文化といえる「バヤニハン」が、
再建の過程で活きているようです。
 注目すべきは、この地域では、子どもたちは学校で防災教育も受けており、ま
た大人は災害時の避難方法は理解しており、今回も食料・薬・ラジオ・ライトなど
を持って避難した住民が多かったとのことです。

 またバランガイのクラッシ地区は8078人が住む猟師町で、台風30号で2700家
屋のうち600家屋が損壊。漁のためのボートはすべてが流され、海に沈んでいる
ボートを引き上げ、ダメージの少ないボートで漁を再開すると力強く応えてくれた
漁師さんもいます。また、ボートを失った漁師は、セブやイロイロに出稼ぎに行
き、マニラ近海の漁に参加するケースも少なくない。
 Roxas市に住む高校教師Gさんによると、災害時に適用される公務員専用の災
害保険のしくみがあり、平時は給料から天引きで保険料を支払っているとのこと。
しかし、こうした保険制度が貧困層まで行き届いているかどうかは確認できていま
せん。

 二人は今日24日帰国します。12月3日に開催する報告会を楽しみにして下さい。

(村井雅清)
====================================
コメントする
コメント