• もっと見る
«台風26号 伊豆大島支援情報【第17報】 | Main | 台風26号 伊豆大島支援情報【第19報】»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震災がつなぐ全国ネットワーク
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (04/25) 矢部英男
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (04/21) 震災がつなぐ全国ネットワーク
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (04/04) 堀 幸一
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (04/03) 震災がつなぐ全国ネットワーク
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (10/15) 大東建託株式会社 濱崎
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (10/13) 足立区鹿浜図書館
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (08/19) 震災がつなぐ全国ネットワーク
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (07/09) 震災がつなぐ全国ネットワーク
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (07/09) 日野正基
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2021年7月15日更新) (07/09)
<< 2023年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
https://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
台風26号 伊豆大島支援情報【第18報】 [2013年11月08日(Fri)]
台風26号の被害を受けた東京都大島町(伊豆大島)の11月3日(日)発
【第18報】です。

以下、震災がつなく全国ネットワークと関係の深い
東京ボランティア・市民活動センター スタッフからの情報を掲載いたします。
=============================
<11月2日の活動報告>

□活動実績
・参加ボランティア数 335人(島内135人、島外200人)
・団体 4団体
・活動件数 24件(新規:7件、継続:17件)

□災害VC
・午前中に雨が降っても、ボランティに戸惑いは見られず、「午後は何時
 からやるの」といった反応だった。
・facebookにて、雨天時の活動実施に関するお知らせを行った。
・資機材班から「シャベル、バール、トンカチ」が不足していると連絡が
 あったため、facebookにてボランティア希望者に可能であれば、持参して
 もらえるようにアナウンスした。ただし、募集期間は3連休の間のみ。
・泉津地区の住民から「社協ではない団体からボランティア需要を確認す
 る電話があった。社協の活動ではないのか」といったお話があった。
 住民の混乱を招く恐れがあるので対応に注意が必要。
・効率的なすすめ方を目指し、全ボランティアの受付後、全体にオリエン
 を実施する方法ではなく、個々の班ごとにオリエンを実施することとした。
 それに伴い、ボランティアへの説明資料、オリエン担当者向けの資料を
 作成した。
・仮設トイレが5つ設置されることになった。但し1箇所にまとめて設置す
 るという条件になる。
・豚汁作りに島民ボラ10名が参加。豚汁はあさってまで継続して炊き出し
 する。明日は民協10名がボランティアとして参加予定。
・「ボランティアが勝手に一般民家のホースで一輪車を洗っていた」
 「人の敷地内で座って弁当を食べている人がいた」といった地域住民から
 の苦情が寄せられた。近所の住民の迷惑になっていることがないかあらた
 めて確認するようにする。

□避難所(教職員住宅)
・避難所が教職員住宅に移った。教職員住宅の住民には朝、昼、晩にお弁
 当が出されている。
・住宅には大島町の職員が訪問し、不足している物品を確認し、補充して
 いくようになっている。世帯数は15、人数は20名程度。

□被災者の声
・「ボランティアが来ていただいて、幸せでした。」

□避難所(教職員住宅)の声
・「家があるだけで、ありがたい。」
・「この先々、自宅再建など、どこから手をつけていいか分からない。」
・「生まれて初めてマッサージを受けた。また喫茶やりたいね。」
・「この後、どんな手続きが必要か分からない。」
=============================
以上です。
Posted by RSY事務局 at 20:10 | 2013年 国内緊急救援 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント