• もっと見る

2015年07月06日

山口きらめき財団「調査研究委嘱事業」採用報告

山口きらめき財団が募集されていた「調査研究委嘱事業」に「男女共同参画分野」で応募し、採用されましたので報告します。


■募集概要:

<幅広い県民活動に関する分野>

「県民活動」への理解や参加機会の促進を図るため、シニアの地域貢献活動や多世代交流による地域づくり活動、普及啓発方法等について、新しい発想を有する団体・グループに調査研究を委嘱し、その成果を県民に提供します。

<男女共同参画分野>

男女共同参画社会の実現に向け、男女共同参画の効果的な推進方法や課題解決に向けた方策等について、新しい発想を有する団体・グループに調査研究を委嘱し、その成果を県民に提供します。



■提案内容

「『キーワード』から読み解く男女共同参画トレンド調査」

・国の施策のトレンド調査:「男女共同参画白書」の章立てのキーワードを年次ごとに抽出、時系列で整理

・県内のトレンド調査:県内で実施された男女共同参画に関する啓発事業(講座・セミナーのタイトル、標語、キャッチコピー等)に使用されているキーワードを時系列で整理

・社会の動き:事件、経済、法整備等の流れを時系列で整理

過去15年における男女共同参画の施策の変遷を、国レベル、県レベルでそれぞれ整理し、さらに社会情勢との関係を明らかにすることで、未来を見据えるための材料を揃える。

・県内のトップランナーに、現在および未来について語っていただく。

以上をまとめ、冊子にして配布します。


ねらいは、過去のトレンドを整理し可視化した今回の調査結果を、今後、男女共同参画社会の実現のためにリーダーシップを発揮すべき行政、関連施設、関連団体等のすべての人に対し、「未来」を考えていただく材料として提供することにより、

・男女共同参画社会実現に向けた施策、事業計画、提言等を総合的な視野に立って考

 える材料となる。

・子育て支援や男性の働き方支援等といった個別具体的な活動が、男女共同参画に関

 する活動であると明確に認識することができる。これによって、次になすべきこと

 が明確化する、未来の担い手となる若い世代の活動が増え、質的向上にもつながる、

 など、活動の質的向上を期待することが出来る。

 です。


今年度中の冊子完成〜配布を予定しています。応援よろしくお願い致します。



きらめき財団の募集ページはこちらから


この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック