CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宇都宮まちづくり市民工房のブログです。
「市民による市民のためのまちづくり」を目指して!!!
まちづくりにけかる熱い思いを綴ります。

市民工房のHPはコチラ

« 2011年02月 | Main | 2011年04月 »

プロフィール

宇都宮まちづくり市民工房さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index2_0.xml
那須塩原市の避難状況[2011年03月24日(Thu)]
那須塩原市の様子を24日午前電話で教えていただきました。

・避難されている方は昨日まで150名ほどだったが、今日は108名。
 ガソリンの調達ができた方は、次の目的地へと移動された。

・避難所の滞在期間は当初1週間ということだったが、月末まで延長した。
 親子連れの家族で、ここが5ヶ所目の避難所という方もおり、疲れている
 様子。

・一般のボランティアよりは、専門職の方のボランティア(医療、介護など)
 が求められている。

・今後、避難が長期化することが予想され、その対応への準備を始めないと
 いけない。

Posted by ANDO at 13:29 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

鹿沼市の避難状況[2011年03月24日(Thu)]
3月19日夜から、鹿沼総合体育館では、福島県飯舘村の方たち
を中心として、受け入れを始めています。

19日第一陣 314人
20日第二陣 193人

もう一ヶ所ある避難所と合わせて、23日15時現在の鹿沼市への
避難者は、499名との新聞報道です。

鹿沼市民活動ひろば「ふらっと」さんからの情報(23日)では、

・避難されている方は、だいたい飯舘村からが400名、南相馬市
 からが100名、という割合。

・全体を22班に分けて、避難所の運営協力をお願いしている。
 避難されている方はみな落ち着いている。

・要望に関して、毎日アンケートを回しており、対応する予定。

・市内のヨークベニマルさんが、物資提供に協力してくださっており、
 既に靴下や下着などを提供いただいた。

・ボランティアとして、理美容、マッサージなどが活動を行っており、
 歯医者さんにも来ていただく予定。

・受け入れが始まってまだ間もないので、現場はドタバタしている

 とのことでした。

Posted by ANDO at 13:21 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

宇都宮市避難所近況[2011年03月23日(Wed)]
栃木県の避難所は、21日現在58ヵ所で、約3,200名が入っています。
そのうち福島県からの避難者が約3,000名。
宇都宮市には7ヶ所、約500名いらっしゃいます。

そのうち主な避難所の近況をご報告します。

★姿川生涯学習センター付属体育館
避難者は一時期最大200名ほどいましたが、21日約150名、
22日には約140名と徐々にではありますが減ってきています。

ここでは地域の方々からの寄付もあって毛布等の物資は足りて
いるとのこと。

食料は、当初3食、今は次の日曜日まで1日一回の炊き出しを
地域の方々が行っています。
また、近所のラーメン屋さんが毎日数十食を無料提供しています。
カステラを持ち寄ってくださった方もいました。

お風呂は江曾島の温泉までマイクロバスを無料提供している方がおり、
近所の方もお風呂を提供して下さっています。

また、近くの保育園が園を開放して子どもたちの遊び場にしています。

屋外には洗濯機が3台設置されていて、班毎にどの洗濯機を使うか
決められていました。

地域の方々がボランティアとして避難所運営に関わっており、
地域が支える避難所になっています。

気晴らしに車でショッピングモールに出かける方も多いようです。

★上河内生涯学習センター
約40名ほどが避難されています(21日現在)。二階の会議室に6〜10人ほどで
入居している模様で、センターでは地域の防犯組織の方がお世話をしていました。

近隣にもう一つ、ひばり館という建物がありそこにも20〜30名が避難して
いるようですが、連休中には近所の方が来て、一緒に餅つきをしたという話も
聞きました。

★宇都宮市冒険活動センター(篠井地区)
22日現在で約150名ほどが避難しています。ここにいらっしゃる方は
車を持っており、ガソリンを補給しながら、市内へ買出しや買い物等に行かれて
いるとのこと。
特に緊急を要する要望はないようです。
新しく来る方もいれば、1〜2泊で移動する方もおり、全体の人数は増減がありません。

★サイクリングターミナル(冒険活動センター)
定員60名で50数名が避難中。家族で一部屋を使っているところが
ほとんどで、やはり車を使って市内に出かけていらっしゃるようです。
こちらの方々は16日から入ってほとんど出入りがありません。


宇都宮市内では他に、クリーンパーク茂原環境学習センター4Fと
隣接する清掃工場大会議室が18日から避難所となっています。

センター4Fに49名11世帯、工場に25名で計74名。
地域の自治会が炊き出しを行っています。避難者の出入りは少なく
概ね固定している(工場の大会議室には多少空きがあるので
1〜2世帯の受け入れは可)、今後は自ら避難所を運営していただく
仕組みづくりを検討しているどのこと。

また、雀宮体育館も23日から避難者の受け入れを始めるとの情報もあります。

Posted by ANDO at 15:44 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

白沢での作業[2011年03月23日(Wed)]
21日は雨が降ったため、屋根の雨漏りの応急手当の依頼が
災害ボラセンにありました。



さすがにボランティアでは対応できず、知り合いの業者の方が
来てくださり、ブルーシートをかけてくれました。



ボランティアの方々は、下で支援です。



実は、家の中も食器が散乱して大変な状況でした。



急遽ボランティアの方10名に来ていただき、家の中の片付けと、周辺の瓦の
片付けを行いました。



災害ボラセンの近所であるにもかかわらず、こうした片付けをボランティアに依頼
できるということを知らず、偶然屋根の様子を見に行って、中の状況を見ることに
なりました。

家の外は、知ることができますが、実は中の整理ができず、大変な状況の
ままになっている世帯が、多くあることと思います。

清原地区のように地域包括支援センターが高齢者宅の状況を把握し、
また自治会長さんや消防団をはじめ地域の方々総出で、支える
仕組みができているところは、とても素晴らしいと感じました。

災害ボラセンへの要望は収束してきましたので、今後は市社協さんの
通常業務の一環として、相談受付を継続するようです。

Posted by ANDO at 12:13 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

災害ボランティアセンター[2011年03月23日(Wed)]
宇都宮市では、市社協が災害ボランティアセンターを立ち上げました。

事前視察の結果、主な対象エリアを、被害が大きかった清原地区と
白沢(河内地区)と想定し、河内総合福祉センター内にセンターを設置、
3月17日より運営を開始したました。

その運営支援に2名が参加しました。

ボランティア活動は、崩れた塀や落ちた瓦の後片付けと、
家の中の片付けのお手伝いなどです。

清原地区では、包括支援センターが地震直後から安否確認を兼ねて
高齢者宅等を訪問し、被害状況を把握していました。
災害ボラセンではその情報をもとに、ボランティアとのマッチングを
行いました。

一方、白沢地区では、災害ボラセンに登録してくれたボランティアの方々に
お願いして、周辺地域をまわって災害ボラセンのチラシを配るローラー作戦を
展開しました。
事前に自治会などにセンター立ち上げの情報を流しておけば理想的
だったのですが、宇都宮市で初めてのことで、そこまでの準備が整わな
かったのは致し方ないかと思います。

高齢者宅では、人手不足で、敷地内に散乱した瓦や塀の片付けができない、
あるいは家の中の掃除ができない世帯が多く、ボランティアが活躍する機会が
ありました。

しかし、人手がある世帯では、既に片付けは終了しており、清掃工場への
大谷石や瓦の運搬依頼が中心でした。
運搬にはトラックが必要ですが、折からのガソリン不足と重なり、
ボランティアで対応することができませんでした。

また、週末から天気が崩れたため、屋根のブルーシートがけの相談も
寄せられましたが、屋根の上の作業は危険を伴うためお断りせざるを
得ませんでした。

清原地区では、19日頃から消防団100名を含む地域の方々が一致協力して
エリアごとの片付け等の作業を行っており、清原台1丁目〜6丁目、さらに
上籠谷や国道408号沿いへと展開しているようです。

Posted by ANDO at 11:55 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

芳賀、高根沢、河内地区[2011年03月23日(Wed)]
16日に芳賀、高根沢地区を回りました。

芳賀町と高根沢町の境界あたりの被害も大きなものでした。
全壊した建物もあり、また土砂崩れのためか通行止めになって
迂回を余儀なくされたところもありました。

高根沢町では町役場から北に入っていくと、狭い道の両側で塀が
崩れている箇所があり、住民の方々が片付けをしていました。
この日は風が強く、せっかく屋根にかけたブルーシートが剥がれて
しまった家もありました。


14日に河内、上河内地区を回りました。

もう一ヶ所被害が大きかったのが河内地区です。白沢街道を北上すると、
やはり塀と瓦が損傷した家が目立っていきます。釜井台団地に入ると、
いたるところで同じような損壊家屋が見られます。
地域自治センター周辺でも屋根にブルーシートをかけている家が目立ちました。

会員からの情報です。

★岡本地区
建物は大丈夫だが、なかはメチャクチャ、食器棚やガラス扉つきの本棚が
ほとんど倒れ、部屋中に飛散し、山積み状態。
瓦屋根の家はどこのうちも部分的に瓦が落下している。

★釜井台団地
百軒くらい塀と壁が崩れている。家の中も散乱している様子。
高齢者住宅もいくつかあって個人では対応できない様子だが、近
所で声をかけあって撤去、後片付けしている。

★上河内地区
田原街道沿いに若干、塀の倒壊と屋根の損傷が見られる。
被害状況は河内町ほどではないように見えた。

県内他地区の情報(15日現在)

★真岡町
水道でるが濁っていて飲めず。給水車
二宮では、ブロック塀倒壊、瓦ほぼ崩落、13日ブルーシートかける、
壁ひび割れ、一部はがれおちる、雨戸しまらず、お墓の墓石倒壊。

★都賀町
大垣 大谷石の蔵損壊、屋根瓦が落ちる。

★鹿沼市
屋根瓦が落ちて、壁にひびが入った家。近所でも瓦が落ちた家は多数。
家の中の食器等も含めて散乱している。高齢者ががれきの片付けをして
いるので、疲労が心配。

Posted by ANDO at 11:46 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

県東地区[2011年03月23日(Wed)]
国道123号で鬼怒川を渡ると、こて山の交差点あたりから、
塀の倒壊と屋根瓦の落下が見られるようになります。
国道沿いの大きな中華レストランでは、緑の屋根がかなり損傷
しています。
宇都宮市の境あたりにある容器メーカーでは倉庫の壁が四分の一
くらい剥がれているのが見えました。その先のレストランでも
かなりの数のレンガが落ちてます。

国道沿いではずっと、塀が壊れた家や屋根瓦が落ちた家、
さらには蔵の土壁が剥がれた家などを見かけました。
写真は市貝町中心部にある家屋で、かなりのダメージです。



余震が続く中、屋根に上ってブルーシートをかけている人も多数見かけました。
清原から芳賀、市貝、益子と電気は復旧しているようでした(13日現在の状況)。
ただ益子町では自衛隊の給水車が停車しており、数名が順番を
待っていました。

Posted by ANDO at 11:41 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

発生から12日[2011年03月23日(Wed)]
東北関東大震災発生から12日、東北出身の自分にとって
その衝撃はあまりに大きく、なかなかブログを更新する気に
なれませんでした。

と言ってばかりもいられないので、ここらで
自分たちのこれまでの動きをまとめて報告したいと思います。

1.宇都宮市の被災状況の確認
★市内及び県東地区の被害状況の確認
 13日〜15日にかけて、宇都宮市内および県東地区を回って、
被害の状況を確認しました。市内では清原地区と河内地区の被害が
大きいものでした。そこでまず、清原地区から東に車を進めました。

・柳田大橋を渡って清原団地を走ってみました。団地と反対側の
大きな建物(倉庫?)の壁面が崩れてました。壁際に停めてあった
軽自動車の屋根に壁面が落ちてました、写真では見にくいですが…




清原台に入って、さきがけ号の路線沿いに走ると、塀が壊れた家が
そこここに見られ、道路も一部交通止めになっていました





清原地区〜県東地区:123号線から鬼怒川を渡り、こて山の交差点を
越えたあたりから、塀の倒壊、屋根瓦の崩落、壁の亀裂などが目立って
きます。

 123号沿いでは、屋根のレンガや瓦が激しく落ちたレストラン、
壁が四分の一ほど剥がれ落ちた倉庫など、被害がだんだん大きく
なっていきます。

会員の方からの情報です。

★屋根瓦の三分の一が落下し、石塀の半分が崩れた。
13日は後片付けと屋根のシート張りに一日かかった。
ただ、家の中も乱れて住める状態ではない。

★清原台は、被害が市中心部地区と比べて被害が酷いようです。
私の家は屋根瓦が崩れ落ち、車のフロントガラス・ボディの破損等
大変な損害を被りました。また室内は滅茶苦茶で今日も、まだ
片づけが終了しておりません。

★作新学院大学
職場の施設に被害があったが、深刻なケガ人は出ませんでした
。建物内部の状態やガラスの割れ方からすると奇跡かと思える。

Posted by ANDO at 11:26 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

前へ

カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
佐藤順
発育状況 (09/23) かばてぃ
みよりキャンプ2010第二弾 報告3 (08/29) ネイチャー日和
イベント/20100710-11みよりキャンプ2010vol.1 (07/07) den256
寒川上映会 (06/07)
大根の収穫 本格化! (10/23) ANDO
組織が生き残ること (04/24) 前田利一
組織が生き残ること (04/16)
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31