CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宇都宮まちづくり市民工房のブログです。
「市民による市民のためのまちづくり」を目指して!!!
まちづくりにけかる熱い思いを綴ります。

市民工房のHPはコチラ

« 2010年06月 | Main | 2010年08月 »

プロフィール

宇都宮まちづくり市民工房さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index2_0.xml
10年後を考える[2010年07月17日(Sat)]
先日、ある地区の10年後を考える講座に講師として参加してきました。

商店がなく、公共交通も整備されておらず、「生活不便地区」との声も住民から
あがるなか、若者は地域を離れ、農業の後継者もいなくなっていく。高齢化率は
10年後に40%を超えると推定されるなかで、地域の将来像をどう描くか。

実際に考えてみると、とても難しい問題です。

たとえば良く、「地域の資源を再発見しましょう」というテーマで、それぞれの
地域のお宝、眠れる資源を挙げてみる、という作業をします。
これ自体はとても有意義なこと、なぜなら地域住民自身が、自分たちの地域の
魅力を再認識することになるから、だと思います。

ところが、定住人口が減る+高齢化が急速に進む、中では、再発見した資源を
誰が活用するのか、が大きな問題となります。

せっかく、「こんないい資源がある」と思っても、10年後にその資源を活用する
人が地域に少なくなっていては、将来像を見出すことができません。

では、どうしたらいいのか。

これ、という決定的な処方箋があるわけではありません。
大規模開発による雇用創出、という道が機能する社会であれば
それもありでしょうが、日本全体が縮減化するときに、あまり現実的
とは言えません。

自分は、それらの資源が「誰にとって魅力的か」を考える必要があると思います。

その「誰」とは、今の地域住民に限定されるものではなく、地域の外に住む人でも
構わない、というよりは、そうならざるを得なくなるでしょう。

定住人口が増えず、かといって一過性のイベントやお祭りで交流人口を増やしても、
地域の資源を守ることはできない。
移住しなくても、定期的かつ継続的に人が訪れる仕組みを考える、魅力を感じる
地域外の人に、積極的にPRして、地域が忘れられることがないようにする、
そんな地道な活動があれば、その地域が荒れていくことはないのでは、と
思います。

今までは、そこに営利の仕組みを考えてきました。観光であっても、第一次産業で
あっても、人々がその地で暮らすために産業を生み出すことに焦点があてられて
いました。

それが実現すれば確かにすばらしいことでしょう。ただ、人口減少に歯止めをかける
ほどの産業振興に成功したところは、そんなに多くないのでは?
実際には、定住人口を長期的視点から見て右上がりに転じることは難しいはずです。

営利、という枠にとらわれず、非営利の仕組みで、一次産業を考え直すことが
できたらいいのに、と思います。

今の日本で、第一次産業で生計を立てることができる人は少数派です。その
少数派で、全国の地域資源を守ることはできないと思います。なぜなら、営利の
視点で活用できる資源は限られており、その枠からはずれる資源のほうが
(つまり儲からない資源)多いと思うからです。

したがって、生計とは別の観点から、一次産業を見る必要が出てきます。

農地に、森に、海に、人の手が入り続けることで、自然との共存という形で
国土を保全することができると信じたいものです。

Posted by ANDO at 18:55 | 日々のあれこれ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

みよりキャンプ2010レポート[2010年07月17日(Sat)]
みよりキャンプ2010レポートです。

7/10(土)、一日目



午前中は、アイスブレーキングと自己紹介からはじまり、
パンと焼きリンゴづくり、

そしてスタッフより
「日本の食と三依の食」!

日本の国土面積のうち、農地面積は8%。
1960年から2割減。



そのうち耕作放棄地は約8%。
1985年の2%程度から4倍に拡大。

そして自給率は約40%
フランス136%、アメリカ127%、イギリス76%

でも三依で頂く食事はいつも山菜や育てた野菜が入っていて、
都市部の食事より自給率が高い!
最先端!…という話を、

クイズをまじえながらプレゼン。


これを導入に午後から開墾チーム、農作業チームに分かれて作業。





温泉に寄って帰ってきて、
夜ご飯!



乾杯の前に
どの動物の被害が一番あるでしょう?という
「三依の鳥獣被害」クイズがあって、
(答えはサルです!)

そして奇跡的に晴れた星空観察!!!!!

という一日でした。

キャンプレポート2につづきます。

Posted by ANDO at 15:14 | 三依プロジェクト イベント・お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

みよりキャンプ2010報告[2010年07月17日(Sat)]
2010年7月10日-11日(土日)にかけて、

限界集落/高齢集落の魅力に触れる
『みよりキャンプ2010』

https://blog.canpan.info/shiminkoubou/archive/284

を行いました!
全20名にご参加いただき、
予報とは逆の晴天の下、二日のプログラムをしてきました。
参加者の皆さん、ありがとうございました!

キャンプの目的は、

星空や自然など三依の良いところを純粋に楽しむ場所をつくること、
同時に、開墾体験や元遊休農地での農業体験で、鳥獣被害や担い手不足という現実も感じてもらう事です。


今回は特に、企画チームに学生3人という
新しいチャレンジでもありました。

これからレポートしていきます!




そして、次回、なんともう日程が決まっています。

2010/8/21.11(土日)
申込→utshiminkoubou@yahoo.co.jp
詳細は追ってお知らせいたします。

是非ご参加ください^^




Posted by ANDO at 14:56 | 三依プロジェクト イベント・お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

故郷への思い[2010年07月15日(Thu)]
もう一月半が過ぎてしまいましたが・・・

6月6日の映画「寒川」上映の際に、来場された方々に「故郷への思い」を
付箋に書いていただきました。



栃木県の形をしたボール紙にたくさん貼ってくださった内容を抜粋で紹介
したいと思います。

映画「寒川」上映会場で募集したひと言 『あなたにとって故郷とは』 まとめ

<帰るところ> <自分のルーツ>
・いつでも帰れるところ  ・ふるさと、母の住む場所
・昔から知ってる人がいる ・原点 ・巣立ち、戻るところ
・ 自分のルーツがある場所 ・ 私の心を育ててくれた所!!
・ 安心できるところ。自分が自分らしくいられるところ。自分の原点、居場所、自分を育ててくれたところ。
・ 「ふるさと」とは、離れたいと思って出たこともありましたが、結局自分の依るところでした。
・ 自分の核。帰りたくてもまだ帰れない場所。近くても遠い場所。
・ ふるさとは、心の拠り所。ふるさとを出ても忘れたことはない。
・ どんなときも受け入れてくれ、そだててくれるところ。

<なつかしい>
・ 子どもの頃、近所の友だちと自転車乗りや鉄棒遊び、おにごっこ、かくれんぼなど暗くなるまで元気に遊んだなつかしいところですね。
・ なつかしい所であり、故郷にかえると心がほっとします。
・ 家のようなもの
・ いつまでも変わらない場所
・ いつも変わらず迎えてくれるところ
・ 老いも若きも「喜怒哀楽」がいっぱい詰まった懐かしい場所

<落ち着く> <安心> <癒し>
・ 私の“ふるさと” “ふるさと”を離れて30年以上がたちました。”ふるさと“とは心が疲れたとき、癒してくれる場所であるように思います。
・ ふるさと・・・改めて考えさせて頂きました。人が生まれて来て一番安心できる所。私もこれから自分にとってのふるさとを探したいと思います。
・ 落ちつく所。気が休まる。
・ 充電できたり、力を抜いてゆったりできる場所
・ 気の休めることができるところ
・ 素直な自分でいられるところ
・ ふるさとは、多くのあたたかい、喜怒哀楽を感じあうことができる場所。
・ やすらぎ ・ 素でいられる ・ 心を育ててくれる場所


<守る> <誇り> 
・ 守るべき、育むべきかけがえのない場所 ・ いつまでも守り続けたい大切なもの
・ なくしてはいけないもの ・ ふるさとは誇りです。
・ 人が人生を全うする時に心の支えとなる重要な場所。だから必要。

<遠くにありて・・・>
・ 遠くにありて思うもの
・ “ふるさとは遠きにありて思うもの”とは言うけれど、近くにあった方が良い。そして一つだけでなく、いっぱい持った方が豊かな生活ができると思う。
・ 私にとってふるさととは、一生住みたいと思う場所、居住です。
・ まだ離れたことがないので、深く考えた事がありませんでした。
・ 地球
・ 命の根源かな・・・

今もふるさとにいる人、離れて暮らしている人、戻ることはもうない人、それぞれの事情がありますが、ふるさとには人々の心を癒す力があるみたいです。心の拠り所を持つことは大切なことですね。

Posted by ANDO at 12:02 | 高齢化集落/限界集落課題対応事業 三依プロジェクト | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

秘密基地のペンキ塗り[2010年07月13日(Tue)]
ペンキ塗り終了後の秘密基地です。



看板は、こんな感じです。



ロッククライミングのホールドは、描いた木を登る感じでセットされています。



木の上からの眺めはどんなでしょうね^^

Posted by ANDO at 19:10 | 秘密基地 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

秘密基地のお化粧[2010年07月13日(Tue)]
「2010年度JT青少年育成に関する助成事業」

着々と完成に近づいている秘密基地、12日にはペンキ塗りとロッククライミングの
足場取り付けが行われました。

当日の模様は、下記ブログをご覧下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/usaposen/63444120.html

多くのボランティアの方々にご協力いただき、設計者の思い描いた以上の
秘密基地が出来上がったようです。

全容写真は、またのちほど掲載しますでので、しばらくご猶予下さいませ。

子どもたちがここでどんな遊びをするのか、想像するだけで、
ワクワクしてきます。

Posted by ANDO at 16:32 | 秘密基地 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

アロマテラピー[2010年07月13日(Tue)]
みずほの緑の郷「ママサークル」の第3回「アロマテラピー講座」を
実施しました。

日時:2010年7月12日(月)10:00〜11:40
場所:みずほの緑の郷コミュニティセンター
参加者:16組
講師:飯野恵理氏

 今回が3回目となるママサークル、6月にポスティングした効果があったのか、
 多くの方々に参加いただきました。

 


 親子一緒に楽しむ講座ということで、託児はなく、ロの字に並べた会場を
 お子さんたちが走り回る雰囲気で、にぎやかな1時間半となりました。

 皆さんで作った「アロマ美肌水」、ぜひご活用下さいね。

 会場で知り合ったお母さんに、次回のママサークルの紹介をしてくださるなど
 新たなつながりを作る場としても、利用していただければと思ったいます。

 さて、その次回ですが、
 8月6日(金) 夏休み! 親子で楽しむお料理教室
 を行います。

 さらに、5回目、6回目の企画も準備中ですので、決まり次第ご案内
 致します。お楽しみに!

Posted by ANDO at 16:17 | みずほの緑の郷 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

利用権の設定[2010年07月10日(Sat)]
現在、三依でお借りしている畑に「利用権の設定」をすべく
準備をしています。

今年からNPO法人も契約主体になれるようになり、農業委員会から助言を
いただきながら検討を進めてきましたが、ここにきて、ようやく具体化しそう
です。

所有者の方にいろいろご迷惑をおかけしており、大変申し訳なく思っています。
なるべくご負担にならないように・・・とは思っていのですが。。。

うまく設定ができたら、きちんとご報告致します。

今日から明日にかけて、プロジェクトメンバーが三依でキャンプを主催しています。
スタッフを含めて約20名の参加となりました。

昨夜からの大雨で、天候が心配されましたが、一夜明けて今朝はとても
いい天気。
「誰の行いのおかげ??」
と留守番組は不思議がっていますが、なにはともあれ、幸先のよいスタートです。

事故のない楽しい、そして実りあるキャンプとなることを祈っております。

Posted by ANDO at 17:26 | 高齢化集落/限界集落課題対応事業 三依プロジェクト | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ママサークル[2010年07月08日(Thu)]
みずほの緑の郷ママサークル

 今年度5月より、みずほの緑の郷住民を対象としたママサークルを
実施しています。これからの緑の郷づくりを進めるにあたって、「子育て」を
切り口の一つに捉え、子育て中のお母さんの視線からコミュニティを考える
第一歩とすることが目的です。

 まずは、お楽しみサークルから、ということで、6回講座を企画しました。
 
 第1回 5月28日 カラーセラピー講座
 第2回 6月9日 親学講座

 そして、今回が第3回目。アロマテラピー講座を開催します。

 第3回 7月12日(月) 10:00〜12:00
 場所 みずほの緑の郷コミュニティセンター(下写真)

 


 テーマ アロマ美肌水でキラキラママに!
 講師 飯野恵理先生
     (英国NC認定アロマテラピスト・リフレクソロジスト)
 参加費 1,000円/人
 定員20組がほぼいっぱいになりました。

 ちなみに、4回目は「夏休み! 親子で楽しむお料理教室」(8月6日)です。



 子育て中のお母さんが、新しい仲間と出会い、そして次の活動に踏み出す
きっかけになれば、幸いです。

Posted by ANDO at 20:16 | 市民工房 事業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

未体験ツアーXI[2010年07月08日(Thu)]
2010年度JT青少年育成に関するNPO助成事業

未体験ツアーXI  〜やったことないことヤリマクリ〜

 小学生、中学生&お父さん、お母さん、みんなで集合!!
 (小学3年生以下は必ず保護者と一緒に申し込んでね)

 参加費:500円/人(材料費)
 先着20組

★7月18日(日) 9:00〜14:00 北組公民館P集合 先着20組
 いかだ作りと流しそうめん
 そして、子どもの秘密基地のお披露目
 このお披露目に先立ち、11日には秘密基地ペンキ塗りを行います。
 その模様は、のちほどブログでご案内致します。

★7月25日(日) 9:00〜14:00 いかだ浮かべとバーベキュー

Posted by ANDO at 18:40 | 秘密基地 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

前へ | 次へ

カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
佐藤順
発育状況 (09/23) かばてぃ
みよりキャンプ2010第二弾 報告3 (08/29) ネイチャー日和
イベント/20100710-11みよりキャンプ2010vol.1 (07/07) den256
寒川上映会 (06/07)
大根の収穫 本格化! (10/23) ANDO
組織が生き残ること (04/24) 前田利一
組織が生き残ること (04/16)
<< 2010年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31