CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宇都宮まちづくり市民工房のブログです。
「市民による市民のためのまちづくり」を目指して!!!
まちづくりにけかる熱い思いを綴ります。

市民工房のHPはコチラ

« 2010年02月 | Main | 2010年04月 »

プロフィール

宇都宮まちづくり市民工房さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index2_0.xml
三依農場 来年度に向けて[2010年03月05日(Fri)]
3月に入り、いよいよ来年度の三依横川農場での活動計画について
議論が始まりました。

まずは3月23日に農場の様子を見てくる予定です。その後4月18日に耕起・施肥を
することになると思います。

さて、どんな作物を育てようかということで、キャベツを中心に
以下検討案が出ています。

<せいちゃん農場>
・春キャベツ 4月種まき、5月初旬定植
・夏キャベツ 5月種まき、6月定植
・秋キャベツとブロッコリー 6月種まき、7月定植
・みょうが

<さとまち農場>
・大根 7月末〜8月初旬種まき
・白菜 7月末種まき

 去年サルに襲われたジャガイモは、今回は見送りました。

 販路も確保できそうなので、なるべく多くの方に参加いただきながら
 活動していこうと思います。



Posted by ANDO at 12:23 | 高齢化集落/限界集落課題対応事業 三依プロジェクト | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

西地区視察[2010年03月05日(Fri)]
2月28日(日)10:00〜 姿川地区将来ビジョン策定委員会の方々が、
ビジョン策定の先進地として、宇都宮市西地区を訪れました。



あいにくの雨の中、西地区まちづくり推進委員会の皆様が、傘をさしながら
校門前に立って出迎えて下さいました。

地域コミュニティセンターを会場に、姿川からはビジョン策定委員会やまちづくり協議会
から24名、他に地区市民センターと私たち市民工房(オブザーバーとして)2名が参加
しました。

西地区のビジョン策定の経過等1時間半にわたって説明いただきました。

・大前提として、誰が主体か?が大事。住民の努力と意識がないと進まない。
・地域の特定に根ざしたビジョンであること。
・ビジョンは10年後の姿。その達成のために成すべきこととして、
  風通しのより体制づくり
  さまざまな情報受発信
  地域の宝を発掘、育成
  みんなが心を一つにできるイベント企画
  学校と地域の連携
 の5点を掲げた

 私が個人的になるほどな、と思ったのは、人財育成の方法です。

 西地区では、世代を超えて楽しめる行事を開催(たとえば、西小学校の運動会と
 地域の体育祭を合同で開催している)し、小中学生が地域の行事に積極的に
 参加できる環境を作っているとのこと。

 地域との関わりを持ち続けることで、新しい担い手が育成されていくのだなと
 感心しました。

 もう一つ、ビジョン策定にあたってアンケート調査の重要性を強調されていました。
 まずアンケートを実施し、そのあとに統計データとすりあわせをする。
 始めに統計データを見て考えると、どうしてもその先入観に捉われてしまう、という
 指摘には、なるほどなと思いました。

 姿川地区では、これから本格的なビジョン策定作業が始まります。およそ2年間の
 スケジュールですが、工程表をしっかい作って、一つひとつ進んでいくことになると
 思います。

 

 西地区の皆様、大変参考になりました。
 どうもありがとうございました。

 

Posted by ANDO at 11:07 | 市民工房 事業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
佐藤順
発育状況 (09/23) かばてぃ
みよりキャンプ2010第二弾 報告3 (08/29) ネイチャー日和
イベント/20100710-11みよりキャンプ2010vol.1 (07/07) den256
寒川上映会 (06/07)
大根の収穫 本格化! (10/23) ANDO
組織が生き残ること (04/24) 前田利一
組織が生き残ること (04/16)
<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31