CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宇都宮まちづくり市民工房のブログです。
「市民による市民のためのまちづくり」を目指して!!!
まちづくりにけかる熱い思いを綴ります。

市民工房のHPはコチラ

« 2009年12月 | Main | 2010年02月 »

プロフィール

宇都宮まちづくり市民工房さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index2_0.xml
雪かき視察[2010年01月12日(Tue)]




 2010年1月12日(火)

 本日は、今月16日に実施を予定している「三依プロジェクト」の冬季の事業、

「雪かきボランティア」実施にあたり、現地の様子を見に行って参りました。

 日光・三依、またお世話になっている横川地区の集落は、ここ2・3日積雪はないこともあって、近隣を走る国道路面には雪がありませんでした。

 しかしながら、集落の屋根屋根には雪がたくさんありまして。

 ここ最近、北日本や日本海側を悩ませている大雪の片りんを感じることができました。

 地域の自治会長さんをはじめ、集落の皆々様が日々除雪に励んでおられる様子を以前からお聞きしていましたので、手がつけられないということではない様子でございました。

 その様子をみて、地域の方々へのお手伝いを少しでも出来れば幸いであると、現地をみさせて頂き、感じたところでございます。

 プロジェクトにご参加頂いているメンバーの皆様には、メールなどをもってご連絡が回っております。少々急な収集のご連絡でございますが、参加可能なメンバーの皆さまにはぜひともご参加頂ければと思います。

 しかしながら、雪は全くといっていいほど降っていない宇都宮の市内とは、国が違う程につもっております。大きな道から少しでも外れると、大変な雪が積もっております。

 是非ともお気を付けになって、楽しみながら元気よく体験して頂きたいと思います。




 また、現地を視察したのちは、以前事務局長A氏が報告して下さった、

「横川せいちゃん農場」の看板が外れていることについて、すっかり雪に埋もれてどこにいったかわかない状態でしたので、探してみようということをしてきました。

 30センチ以上積もった状態でしたので、一面の銀世界状態を素手と足をつかって掘りましたところ、看板の枠の近くに看板部分を発見いたしました。



 看板の下には緑の大地が見えておりましたので、どうやら、降雪前の12月に風によってワイヤー部分がちぎれたようだということが判明致しました。

 本来ならば、掘り起こして救出したいところでございましたが、人員は私と事務局長の二人。手刀空拳で雪に立ち向かうことは難しく、激しく体力をそがれたこともあり、

 スキーのストックを目印にして退散してまいりました。

 機会を見つけて、看板をのせられる車で来た時には救出することになました。

 と、いうことで、本日の三依リポートは終了でございます。

(記事投稿:O)

Posted by ANDO at 17:50 | 市民工房 事業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

2010年を迎えて[2010年01月07日(Thu)]
新年明けましておめでとうございます。

早いもので、今年も1週間が過ぎましたが、まだ仕事モード全開とは
いきません。。。 
仕事始めがいつもよりちょっと遅かったせいもあると思いますが。

市民工房の設立は2005年9月7日なので、今年は丸5年を迎えることに
なります。この5年間、何をしてきたのか振り返ると、確かにあれもしたし、
これもやった・・・と思い浮かぶのですが、やはり核となる「何か」を
作り出す必要があるのではないか、と感じてしまいます。

「まちづくり」という概念はとても広く、聞いた人それぞれで心に描く像は
異なります。それは、私たち会員同士でも同じことです。

市民工房の「まちづくり」とは何かを組織として共有し、その実現に
向けて成すべきことを明確にする。
もともと組織を作ったときには、皆で熱心に話しあったことです。でもいくつもの
事業をこなしていくうちに、当初描いていた像を、より鮮明に、あるいは
より焦点をあててわかりやすいものにする必要が生じてきた、それが5年目に
なった市民工房の状況かなと思っています。

まちづくりに関わる主体は多様です。市民といっても、「これが市民」という
代表的な像があるわけではありません。さらに人を指すとは限らず、
企業市民のようにそれぞれが属する組織を意味することもある。

市民の手による、市民のためのまちづくり

それは決して、自分の価値観にだけ基づいた「まちづくり」ではなく、ともに同じ
市民でも、違う考え方や哲学を持つ人・組織と共通項を見つけていくことです。

「まちづくりとは何か」を話し合う「市民」を増やすことは市民工房にとって
大切な使命だと思います。そして、それは市民主体のまちづくり実現のための
第一歩であって、ゴールではない。「まちづくり」に関心をもつ「市民」が増える
ことは喜ばしいことですが、同時にそれは、意見が異なる集団を複数形成する
ことも意味します。

自らの哲学に熱心だと、それと異なる考え方を敵視することも当然起こる。
自己主張をしながら、相手の意見に耳を傾け、いかに共通項を見るけるか。

いや
見つけるというより、創り出すといったほうがいいのかもしれません。

そして、創り出す能力こそ、市民工房が「市民主体のまちづくり」を主張する
のにどうしても必要なことだと思います。「市民主体」とはそれほど難しい
ことですから。

Posted by ANDO at 19:23 | 日々のあれこれ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

前へ

カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
佐藤順
発育状況 (09/23) かばてぃ
みよりキャンプ2010第二弾 報告3 (08/29) ネイチャー日和
イベント/20100710-11みよりキャンプ2010vol.1 (07/07) den256
寒川上映会 (06/07)
大根の収穫 本格化! (10/23) ANDO
組織が生き残ること (04/24) 前田利一
組織が生き残ること (04/16)
<< 2010年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31